~自分のための商品レビュー~
FC2ブログ

放っておけるのが魅力!IFUDO ハイブリッド 加熱・超音波式加湿器

また、乾燥する季節がやってきましたね。
北海道だと暖房ガンガン使うと、めちゃくちゃ乾燥するので加湿器が必需品です。

今までは、ほぼお手入れフリーのこちらのタイプの加湿器を使っていました。

加湿能力に優れていて、湯沸かしポットと同じ構造なので、手入れも簡単なところが魅力的だったのですが、構造上、どうしてもお湯を沸かす時に一定の音が出てしまうので、寝室での使用には不向きでした。

今日ご紹介するのは、静音で寝室での使用にも向いている加湿器です。



【静音設計】
どんな製品でも、起動すればそれなりに音が出るのは仕方がないですが、問題はどの程度の音が出るのかという点ですよね。本製品は加湿強度を3段階で調整できるのですが、一番弱い状態だと、作動してるのかどうか不安なくらい静かですし、最大加湿状態で作動させても1mも離れていれば、殆ど気にならないです。仮に耳元に置いても眠れないくらいうるさいという事にはならないと思います。

【選べるハイブリッド式】
加湿器には大きく分けて「スチーム式」と「超音波式」があります。前者はお湯を沸かして湯気をスチームとして加湿するようなイメージ、後者は水を細かくして部屋に噴霧するイメージで良いと思いますが、本製品はその中間といった感じで、30℃程度のスチームを部屋に噴霧する事で加湿するタイプです。また、スチーム式でなくて良いという場合には、単なる超音波式の加湿器として作動させる事も可能なので、出来るだけ急いで湿度を上げたい場面ではスチーム、ゆるやかな加湿や湿度の維持だけで良い場面では超音波式・・・等と使い分ける事ができるのが便利です。

実は前述したこちらの加湿器の場合、毎晩使うとバカに出来ない電気代がかかっていたので、これは嬉しい仕様だと思いました。

【タンクは大容量5リットル】
タンク容量は5リットルで、メーカー公称値では満水の状態から、最大加湿状態でも15時間は給水が不要だそうです。実際に15時間連続で作動させた事はないのですが、一晩(8時間程度)連続で使用しても半分まで減っていなかったので、少なくとも公称値に近い能力はあると思って良さそうです。

動画でもレビューしています!


【加湿能力】
正直なところ、これまで使用していたスチーム式の加湿器よりは加湿能力では劣ります。即効性を求めるならこちらのタイプを購入すべきでしょう。

しかし、メーカー公称値で50㎡まで対応可となっているので、僕のように8畳程度の部屋で使用するのなら全然余裕で加湿できますし、実際に使ってみるともう少し広い部屋でも使えそうだなとも思います。少なくとも12畳程度の部屋までであれば効果は期待できると思いますよ。

【価格の割りに多機能】
本日現在の販売価格が5,000円程度で、ハイブリッド式の加湿器としては安価なほうだと思いますが、空焚き防止機能や過電圧停止機能、本体が倒れた場合の自動停止機能など、一通りの安全装備は搭載しています。

加えて、オフタイマー機能や湿度オート設定機能を搭載しており、特に湿度オート機能はお気に入りの湿度を入力しておけば、自動でその湿度になったら停止し、目標湿度を下回ると再度加湿を開始してくれるので、水さえ切らさなければ放っておいても良いのが大助かりしていますw

【まとめ】
上には書けませんでしたが、ハイブリッド式加湿器でありながら、この価格帯でリモコンまで付属しています。他にも機能が満載なのでコスパの優秀な加湿器だと思いました。一年を通して使用するものではありませんが、僕の場合は毎年必ず必要になる製品なので、後は耐久性の問題かなと思います。1シーズン、2シーズンの使用で簡単に壊れるようなら、ここに鬼のように文句を追記しようと思いますw
スポンサーサイト



価格以上の質感に満足!TRANYA P1 bluetooth イヤホン

外出時は落としたりしても困らないように、比較的安価のBluetoothイヤホンを使用しています。

完全ワイヤレスだと、片方だけ紛失しそうなので、外出時は左右のイヤホンがケーブルでつながっているタイプのBluetoothイヤホンを使うことにしています。

ただ、やっぱりケーブルは無くても良いなら無い方がスッキリするのは間違いないので、自宅の中で音楽を聞く時には完全Bluetoothイヤホンを使用するようにして使い分けてたりするんですよね。

とは言え、自宅の中でも落として紛失してしまいそうな怖さはあるので、何万円もする高級品は怖くて使えないし、かといってあまりにも安価だと音質が・・・。

今日はそんな場面に良さそうな、価格と品質のバランスがとれたイヤホンをご紹介します。



【音質は十分】
安価でシャカシャカした音質だと、どんな名曲でもウンザリしてしまいます。特別な耳を持っている訳でもないので、そんなに高級なイヤホンでなくても良いのですが、低音の厚みと音のクリアさは一定程度のレベルに達していないと困るというのが個人的な見解です。

本製品は、必要十分な低音の厚みはクリアしています。音のクリアさについては、若干のこもりを感じますが、価格を考えると許容範囲内かなといった感想でした。

【バッテリーライフ】
僕のように自宅でばかり使用するのなら大きな問題ではありませんが、外出時に持ち出す方にとってはバッテリーがどの程度持つのかは重要な部分でしょう。本製品はイヤホン本体だけで最長8時間の連続再生が可能な他、収納ケースがモバイルバッテリーの役割を果たしており、ケースに収納する事でイヤホンを5回程度満充電にするだけの電池を持ち歩く事ができるというのがメーカー公称値です。

今のところ僕は、イヤホンは5時間程度まで使用、ケースからは3回満充電というところまで実際に試しましたが、少なくともそこまでは全く余裕でしたね。

【簡単なペアリング操作】
一般的にBluetooth製品だと、何かしらのスイッチを3秒とか5秒とか長押ししてペアリングモードにしてから、スマホ等と接続する操作が必要です。
本製品は、イヤホンをケースから取り出すと自動的に電源ONになり、左右のリンクをした上でペアリングモードになるという所までやってくれるので、とても楽でした。
もちろん、一度接続した機器とは、2度目以降は勝手につながってくれる仕様になっていますよ。

動画でもレビューしています!


【操作は耳元で】
慣れるまでは、ちょっとコツが必要なのと、操作を覚えてしまうまでは取説が手放せませんが、耳元のスイッチを使って、電源のON、OFFはもちろん、音楽の再生や一時停止、音量の増減や曲送り、曲戻しまでが可能です。
スマホと接続するのであれば、電話の応答や終了、拒否などの操作も可能です。iphoneを使用するのならSiriの起動までも出来ちゃうみたいですよ。

【安心防水機能】
本製品はIPX5相当の防水性能をメーカーが謳っています。IPX5は、あらゆる方向から水をブッかけても壊れないよ~という事らしいので、普通に使用していて汗や軽い雨で濡れる程度なら壊れないと思っても良さそうですね。外出時に使っていれば汗もかくし、雨にも濡れますもんね。

【まとめ】
ここ数年で、物凄い数の完全ワイヤレスイヤホンが発売されました。どれが良いのか?と尋ねられれば「基本的に値段の高い製品は良いだろうさ」と返答しますが、僕はおサイフに余裕がないし、何よりも価格以上に感じる製品を出来るだけ安く購入できたら勝ち・・・みたいな貧乏性なんですよね。

本製品は、Amazonで購入する場合は価格の上下が結構あるようです。一番高い時で6,000円程度、タイムセール時には3,000円程度まで落ちるようです。本日時点の価格は3,400円程度なので、この価格で購入できるのなら個人的には「勝ち」って思ってますw

TRANYA Website https://www.tranya.com

外出時の使用におすすめ!Anker SoundBuds Slim

以前もここに書いたような気がしますが、完全ワイヤレスイヤホンを外出時に使用していて片方を落としました。

簡単に外れるような製品じゃなかったのですが、運が悪かったとしか言いようがありません。

ただ、そこそこのお値段の製品ですし、僕としては「運が悪かった」と簡単に諦めきれるものでもなく・・・同じような思いをしないために、屋外で使用する時には左右のイヤホンはケーブルで接続されているタイプのものを使うことにしました。

今日は、安価でも満足できる音質で、コスパの優秀なBluetoothイヤホンのご紹介です。



【音質】
僅かにシャカつきを感じますが、個人的には許容範囲内でした。無音時にも、ほんの少しホワイトノイズを感じますが、音楽が始まれば聴こえないので、実用上は問題ありません。バランスの良い音質で重低音の迫力も十分に感じますし、価格を館は得るとコスパの優秀な製品だと思います。

【装着感】
本体はslimと命名するだけあって、非常に軽量です。加えて、イヤーフック、イヤーチップもサイズ別、形状別に8種類も同梱していますので、あなたの耳に合った物がきっと見つかるんじゃないかなと思いますよ。イヤホンとして使用しない時には、左右のハウジングに磁石が内蔵されていますので、ネックレス状に首に掛けておけるのも便利でした。

【バッテリーライフ】
使い方にもよるでしょうが、1度満充電にした状態から最大で10時間もの間、連続再生が可能というのがメーカー公称値です。空の状態から満充電までは、およそ1.5時間必要ですが、通勤、通学で使用する分には十分なバッテリーライフですね。

【防水性能】
本製品はIPX7相当の防水性能です。IPX7ということは、30分程度の間、水深1mほどの中に水没させてしまっても内部に水が侵入しない構造であると考えて良さそうですね。わざわざ水没させる必要はありませんが、少なくとも外出中のちょっとした雨やスポーツで汗をかく程度では故障の原因にはならないでしょうね。

動画でもレビューしています!


【リモコン操作】
イヤホンを装着した状態で右耳の下、首元よりやや上あたりにイヤホンのリモコンが来る作りになっています。慣れてくれば装着したままでの操作もそう難しくはないと思いますよ。リモコン部分では音量の増減はもちろん、曲送りや曲戻し、スマホと接続している場合には着信への応答や、その電話を保留したり、途中でイヤホンからスマホに電話を切り替えたりといった操作やiphoneの場合はSiriを起動させる事も可能です。

【カラバリ】
カラバリは黒の他にブルーとレッドの3色。僕は無難な黒を選びましたが、若い人はブルーやレッドもカッコいいですね。ちなみに今日現在、カラー間で価格の差があり、ブルーとレッドが無難な黒よりも400円程度お高くなっています。

【まとめ】
退屈するのが物凄く嫌いなので、移動中も音楽は欠かせません。ただ歩いているだけという退屈な時間に耐えられないんですよね。かといって、僕は移動中くらいしかイヤホンを使わないので、何万円もする高額な製品を無理して買うのは躊躇われます。本製品は、品質と価格のバランスが、ちょっと移動中に使う・・・という用途に絶妙にマッチしているんじゃないかなと感じました。


検索フォーム

Twitter on FC2

Twitterで更新情報などつぶやいてます! よろしければフォローを是非!!

最新記事

Blog ranking

色々な商品をレビューされているたくさんのブログがあります。ぜひご覧ください。

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

当ブログにおける免責事項

  自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-(以下、当ブログ)は素人のおっさんが、自分で使った商品の感想を主観で記載しています。したがって、当ブログ内に記載されている商品の感想や情報によって被った、いかなる損害もこれを保障することはできません。当ブログ内に記載されている商品は、必ずご自身でもお調べになってから、ご自身の責任でご購入ください。
  当ブログ内には、特定の商品をメーカーや商品名を実名で記載し、画像もつけて紹介しておりますが、正直な感想を記載することをモットーとしているため、時に商品の販売において不利益となる感想を記載する場合があります。万一、当ブログの勘違いなどで不利益を被るような内容が記載されていれば修正・削除に応じますのでご連絡ください。ただし、真実が記載されているにも関わらず、商品の感想が芳しくないからといって削除する気は毛頭ありません。



自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。