~自分のための商品レビュー~
FC2ブログ

書籍自炊の必需品!ScanSnap iX1600

漫画や小説など、意外と本を読みます。

でも部屋が狭いので、読みたい本をどんどん購入していると置き場所がなくて困るんですよね。

そこで、もう10年前くらいから、本は基本的に電子化して保管する事にしています。

最初から電子書籍で販売している本もありますが、割と古本屋さんで読みたい本を探す事も多いので、紙の本を電子化して保管する必要もあるんですよね。

今日はそんな時に必須になるアイテムのご紹介です。



【超絶進化】
実は10年前くらいに購入した ScanSnap S1500 と言うモデルを、これまで大切に使用してきました。何の不満もなく使用していたのですが、そろそろ消耗パーツの交換時期も迫っていたので思い切って購入したんですよね。

で、使ってみた結果、10年の間にこんなに進化しているのか!と驚きの連続です。

【読み取りスピード】
SCANの読み取りスピードは早い方が時短になります。本製品は、読み取り品質にもよりますが、毎分40枚と言うのがメーカー公称値です。10年前のモデルと比較するのも何ですが、僕が今まで使っていたS1500の公称値が毎分20枚なので、単純に速度が倍になっていると考えて良さそうです。実際に体感でも、読み取りスピードが物凄いアップしているのを感じますよ。

【便利なタッチパネル搭載】
これまでのS1500は接続先のパソコンで設定変更をする必要がありましたが、本製品にはタッチパネルを搭載していますので、諸々の設定をすべて本体だけで完結する事ができます。「別にパソコン側で設定するからタッチパネルなんでいらないよ」と言う方は、ScanSnap iX1400と言うモデルだと、タッチパネルと後述するWi-Fi接続機能を搭載していないだけで、後はScanSnap iX1600とスペックはかわらずに1万円ほど価格が安くなりますので、そちらを選択した方がお得ですね。

【Wi-Fi接続】
本製品にはWi-Fiも搭載していますので、ご自宅にWi-Fi環境さえあれば、予め登録したスマートフォンやタブレットなどとケーブルレスで接続する事が可能です。本製品で読み取った写真をスマホなどにダイレクトに送れたりするのがメリットですが、接続には専用のアプリが必要になります。Wi-Fiについても、タッチパネルと同様に「不要だ」と言う事であればScanSnap iX1400を選択した方がお得です。

動画でもレビューしています!


【名刺やレシートの管理も】
本製品には名刺やレシートの読み込み用に、専用のガイドが同梱されています。いちいち本体にセットしたり取り外したりする必要はありますが、取り付けが難しい訳ではありませんので、まぁ問題にはならないかなと思います。ちなみに僕は、名刺はガイドを使わずに読み込んでいますが、それでも特に不満はないですけどね。

【多様なクラウドでドキュメント管理】
最近じゃ珍しい機能ではないかもしれませんが、Dropbox、Evernote、onedriveやGoogle ドライブなど、メジャーどころのクラウドとの連携は可能になっていますので、読み込んだ書籍や資料をそのままダイレクトにクラウドへ保存する事もできます。漫画や小説の場合はあまり使わないかもしれませんが、最近は在宅でお仕事をする方も多いと思いますので、仕事で使う資料を他の同僚とシェアする・・・なんて事もあるかもしれませんね。

【自炊するなら裁断機も】
直接、本製品と関係する訳ではありませんが、書籍の自炊をお考えならば、こちらのような裁断機は1台あると便利です。ちょっとバカにできないお値段なので、僕も購入する時には超迷いましたが、あるのと無いのとでは、自炊にかかる時間が圧倒的に違います。せっかくスキャナーを購入しても、時間がかかりすぎると面倒になって、そのうち使わなくなってしまうかもしれませんよね。

【法律の範囲内で】
最後に書籍類のデータの利用範囲ですが、自炊した書籍は「私的に利用する場合に限り違法ではない」となっています。また、利益を得て自炊する行為、いわゆる自炊代行についても「私的に~」に該当しないと言う判例もあるようです。自分で購入した書籍を自分で自炊して楽しむ分には問題ないのですが、それ以外の使い方をする場合にはネットなどで良く調べてからにした方が良さそうですね。

【まとめ】
最初から電子書籍を購入して楽しまれている方もたくさんいらっしゃると思いますが、手元にある本が場所を占領してしまい、自室が狭くて困ると言うような方もいらっしゃるでしょう。自炊してデジタル保管にしてしまえばその問題は解決しますし、PDFなど汎用性の高い形式で保存しておけば、読めなくなる事もまずないだろうと思います。

自室の掃除ついでに書籍を電子化・・・と言うのも悪くないと思いますよ!
スポンサーサイト



操作性抜群!ロジクール ワイヤレスキーボード K360r

先日、在宅ワーク用のキーボードを新調したばかりなのですが、会社で使っている私有のキーボードが壊れてしまったので、とりあえず新調したばかりのキーボードを泣く泣く会社へ持っていきました。

と言う訳で、また自宅で使うためのキーボードを用意しなければならなくなったのですが、せっかく購入するのなら、今までとは別な製品にしようと考えて購入したのが今日ご紹介するロジクール社製のK360rです。



【操作性がいい!】
前に使用していたキーボードも操作性は悪くなかったのですが、本製品の方が個人的には操作性が良いように感じました。隣のキーとの間が、一般的なキーボードよりも空いているのでミスタッチし難いんですよね。ただ、間隔的にもキーとキーの間が空いているのを感じるので、ブラインドタッチ等を極めていらっしゃる方には逆に使いにくいと言う事もあるかもしれません。

【接続は2.4GHz 無線バンドで 】
PCとの接続は付属のレシーバをUSB端子に挿すだけです。お手軽なのは良いのですが、USBポートを一つ占領してしまうのが難点ですね。USBポートを塞ぎたくない方はBluetooth接続の製品を購入すれば良いのだろうと思いますが、個人的にはBluetoothよりも2.4GHzの無線バンドで接続する方が使用した時に若干レスポンスが良いので気に入っています。本当に若干の差なのですが、勢いよくキーを叩いていると、この「若干」が意外と気になるんですよね・・・。

【バッテリーライフ】
本製品は単三電池2本で稼働するのですが、驚いたのはバッテリーライフの優秀さ。メーカー公称値では、何と最大36カ月・・・3年もの間、電池交換なしで使用できるとなっています。もちろん、最大36カ月ですから、使い方次第では短くなるんでしょうが、バッテリーライフが優秀なのは間違いないでしょう。

動画でもレビューしています!


【便利なホットキー】
僕は仕事のために使うのであまり便利さを享受できませんが、本製品には動画等の再生、停止、一時停止、巻き戻しに早送り、音量のミュートと増減を割り当てたホットキーを標準に装備しています。試しにyoutubeで試してみたのですが、youtube動画の場合は音量のミュート、増減と再生、一時停止はキーボード側の操作で動作しましたが、動画の早送りや巻き戻しは機能しませんでした。

【操作音】
Amazonの製品説明に「静音」と記載がありますが、残念ながら特別打鍵音が静かと言う印象は受けませんでした。一般的なキーボードを操作した時のカタカタ音と大差ないと思ってもらって構わないと思います。音の静かさを求めるのなら、先日、本ブログで紹介した こちら のキーボードの方が優秀だと思いますね。

【まとめ】
新型コロナのせいで在宅ワークが増えているみたいですね。僕は毎日と言う訳ではないのですが、それでも時々は在宅ワークをしなければならない日があります。閉塞感を感じる世の中ですが、そんな中で少しでも快適に仕事をこなすためにもキーボードやマウスの更新は有効な手段じゃないかなと思いました。

車内の空気にも潤いを!DeliToo 充電式加湿器

毎日毎日寒いですね。
僕の住む地方はそうでもないのですが、近隣では大雪で大変な目にあっている方もたくさんいらっしゃるようです。

もう嫌になっちゃいますね。

とはいっても、北国に住む以上、この寒さとは付き合っていかなければなりません。毎日暖房をガンガン効かせていますが、そうすると今度は空気が乾燥して肌がカサカサになってしまったりして・・・。

今日は、そんな場面で役立ちそうな製品のご紹介です。



【充電式でスッキリ】
本製品は充電式なので、コンセントなどの電源設備がない所でも使用可能です。と言う訳で、僕は車内で使用する目的で購入しました。モバイルバッテリーからの給電でも稼働しますが、充電さえしておけば車内でワイヤレスに使用できるのでスッキリしますね。

【ペットボトルサイズ】
本体のサイズは500mlのペットボトルと同じくらいです。太さや底面のサイズも殆ど同じなのでドリンクホルダーにスッポリとはまってくれます。先にも書いた通り、充電式なのでワイヤレスで使用できますが、充電ケーブルを挿したまま継続使用する事も可能です。充電ポートは本体の上部(蓋側)にありますので、ケーブルを挿した時にドリンクホルダーに干渉し難いようになっているのも良く考えられているなって言う印象です。

【角度調節機能】
ドリンクホルダーにセットしてしまうと使えない機能ではありますが、本製品は手動で角度調節が可能な仕様になっています。最大で90°の角度を付けて使用する事ができるので、例えばデスクの上に置いて、仕事中は自分の顔方向へ向けてミストを噴霧する・・・なんて使い方ができるのも便利ですよね。

動画でもレビューしています!


【タンク容量とバッテリーライフ】
タンク容量は260mlで、満水の状態で最大8時間程度の連続使用が可能となっています。バッテリーは空の状態から約1時間半で満充電になりますが、満充電の状態でも連続稼働3時間程度が限度なので、ワイヤレスで使用する場合はタンク内の水よりも電池が先に切れてしまうと言う事になりそうです。

【LEDライト搭載】
本体上部にLEDライトを搭載しており、上部と側面の一部が点灯してくれます。正直なところ、僕にとってはライトがあっても無くても構わないのですが、実用上は暗闇でタンク内の水の残量を見るのに便利かなと思います。

【まとめ】
新型コロナの影響で、この冬は加湿器が売れているとテレビで言っていましたが、北国で生活していると、コロナなんて関係なく、毎年乾燥に悩まされる事になります。通勤なんかで車に乗っている時間が長いような方は、本製品をドリンクホルダーにセットしてから出発するような習慣があっても良いのかもしれませんよ。

検索フォーム

Twitter on FC2

Twitterで更新情報などつぶやいてます! よろしければフォローを是非!!

最新記事

Blog ranking

色々な商品をレビューされているたくさんのブログがあります。ぜひご覧ください。

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

当ブログにおける免責事項

  自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-(以下、当ブログ)は素人のおっさんが、自分で使った商品の感想を主観で記載しています。したがって、当ブログ内に記載されている商品の感想や情報によって被った、いかなる損害もこれを保障することはできません。当ブログ内に記載されている商品は、必ずご自身でもお調べになってから、ご自身の責任でご購入ください。
  当ブログ内には、特定の商品をメーカーや商品名を実名で記載し、画像もつけて紹介しておりますが、正直な感想を記載することをモットーとしているため、時に商品の販売において不利益となる感想を記載する場合があります。万一、当ブログの勘違いなどで不利益を被るような内容が記載されていれば修正・削除に応じますのでご連絡ください。ただし、真実が記載されているにも関わらず、商品の感想が芳しくないからといって削除する気は毛頭ありません。



自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。