~自分のための商品レビュー~
fc2ブログ

食べかけのお菓子も しっかり密封!インパルスシーラー


コロナ禍のせいで、本当に外食する機会が減りました。

もともと、そんなに食べ歩く訳でもないですし、特別グルメという訳でもないのですが、それでも晩酌のアテは必要です。

そんな時には缶詰やポテチなんかが重宝するのですが、どうも胃腸も歳をとったようで、スナック菓子を一袋すべて食べきるというのがキツい時があります。

今日はそんな場面で、しっかりと袋の口を閉じる事ができるシーラーのご紹介です。



【さすがコンセント電源】
以前は乾電池を入れて使用するコンパクトな製品を使っていたのですが、熱量が足りないので、袋の口を何往復もする感じでようやく留めていました。
本製品は電池式でなく、コンセントから電源を取るので、コンパクトさやお手軽さでは電池式に劣りますが、その分、熱量は十分です。

ほんの数秒、製品のハンドルに挟むだけで十分な強度で袋の口を留めてくれますよ。

【選べる3サイズ】
本製品のサイズは幅200mm・300mm・400mmの3サイズから選択する事ができます。一般的にコンビニなんかで販売しているポテトチップス的なスナック菓子の口を留めるのであれば、一番コンパクトな200mmサイズで十分です。

【消耗部品付属】
シーラーは熱線部分とそれを受けるシール部分が、使用しているうちにヘタってくるのですが、本製品にはそれぞれ2セットの交換部品が最初から付属しています。交換には工具が必要ですが、工具といってもドライバーだけですし、説明書通りにやればそう難しい事ではなさそうです。頻繁に買い替えたりするものでもないですし、消耗品が最初から付属しているのは親切ですよね。

動画でもレビューしています!


【何といってもコスパが優秀】
類似する製品の中には本製品の倍以上の価格で販売している製品もあります。もちろん、その分、性能に差があるのかもしれませんが、自分で何かを包装して販売する・・・みたいな方は別として「とにかく袋の口が留まればいいんだよ」という方であれば、そんなに高価な製品を購入する必要はないですよね。

【タイマー付】
本製品にはダイヤル式のタイマーがついています。最短1秒、最長8秒の間で袋の厚さに応じて決めるのですが、普通のスナック菓子程度の袋であれば2~3秒で十分って感じでしたね。よりしっかりと留めたいという方は、袋の口を二重に留めれば安心ですし、手間も数秒のことですから、そんなに面倒でもないですよね。

【ここがイマイチ】
総じて安価な上に、当初の目的をきちんと果たしてくれるので満足して使っているのですが、イマイチな点もあります。
それは、本体に主電源スイッチがついていない事。

本製品はハンドルを下げた時にだけ熱が発生する使用になっていますので、スイッチがなくても危険という訳ではないのですが、それでも袋の口を圧着する程の熱ですから、誤ってハンドルを下げて手を挟んでしまう・・・みたいな事もないとは限りません。

そんな時に主電源スイッチがあれば、完全にOFFにすれば良いだけなのでお手軽ですが、本製品にはスイッチがありませんので、安全のためには毎回コンセントを抜く必要があります。

【まとめ】
濡れ煎餅というのがありますよね。意外と好きなのですが、あれはああ言う食べ物だから美味しいのであって、もともとパリパリしていたものが湿気ってしまうと不味いものです。ちょっと一手間にはなりますが、本製品を使用すれば、菓子類が湿気ってしまうのを防ぎつつ長く楽しめるので助かっています。

他にも、趣味で燻製やドライフードを作ったりする事もあるのですが、そうした物を袋に入れて保管する時にも重宝していますね。

スポンサーサイト



この価格でこのクォリティー!Anker Soundcore Liberty Air 2 Proは名機の予感

健康診断で運動不足を指摘されてから、犬の散歩ついでに歩く事にしています。

ただ歩くのも退屈なので、音楽を聴きながら歩くのですが、一人で歩いている時には周囲を良く見渡しながら移動するとしても、犬を連れていると一人の時より車や歩行者などに気を使います。

という訳で、音楽に没頭しながら散歩という訳にはいかないのですが、でも、部屋で音楽を聴く時には没頭したいですよね。

今日はそんな時に両方の要望を叶えてくれるワイヤレスイヤホンのご紹介です。



【音質】
音質はスマホアプリを使用してお好みでカスタマイズする事が出来るのですが、それ以外にもHearing Profile機能も搭載していて、3分ほどの時間をかけて聴こえる音の判定を受ける事で、個人に適した音質をアプリが自動で判定してくれます。この機能が意外とバカにできなくて、僕の場合は自分でカスタマイズした音質よりも、自動で設定された音質の方が明らかに好みの音になりました。

【ノイズキャンセル】
本製品にはノイズキャンセル機能も搭載しています。外部の音が全く聞こえなくなるというレベルではありませんが、標準のモードと比較すると明らかにノイズが軽減されている事を体感する事はできるレベルです。イヤホンの内側と外側にそれぞれ搭載されたマイクを使って雑音を除去するのですが、ノイズキャンセルモードの中にさらに屋内、屋外、交通機関、カスタムと使用する場面が細かく分かれていて、それぞれのシーンに合わせて雑音を除去してくれる仕組みになっています。

ノイズキャンセルモードに設定すると、極端に音質が落ちるような製品もいくつか体験した事があるのですが、本製品はそんな事はありませんでしたね。

【外音取り込み】
ノイズキャンセルとは逆に、周囲の音を意識的に取り込みつつ、音楽も聴かせてくれるというモードも搭載しています。外音取り込みも、人の話声が聴こえれば良いのか、それ以外の音も取り込みたいのかを選択出来たりして、まさに痒いところに手が届くといった仕様になっています。実際にこの機能を使って会話してみましたが、余程ボリュームを大きくしなければ会話は音楽を流したままで可能でしたよ。

動画でもレビューしています!


【装着感】
本製品にはサイズ別にイヤーピースが、装着済みのものも含めて9セットも同梱しています。これだけ大きさの違うイヤーピースが同梱していれば、大抵の方の耳にフィットするんじゃないでしょうか。加えて、メーカーのアプリを使用して、選択したイヤーピースで理想的な密閉感になっているかどうかをテストする事もできるようになっていますので安心して使用する事ができます。

実際に装着した感じでは、歩いたり、軽く走ったりする程度の動きでは全く脱落の不安を感じませんでしたので、激しい運動をしながら使用する前提でなければ問題はないんじゃないかなと思います。

【バッテリーライフ】
イヤホン本体のバッテリーは、通常モードで7時間、ノイズキャンセルモードで6時間、外音取り込みモードで6.5時間というのがメーカー公称値です。さらに専用ケースが充電器になっていますので、ケースが満充電の状態から、通常モードで26時間分、ノイズキャンセルモードで21時間分、外音取り込みモードで23時間分の電力を持ち歩ける事になります。一般的な通学、通勤には十分なバッテリーライフと言って良いんじゃないでしょうか。

ちなみにイヤホンケースはワイヤレス充電にも対応していますので、既にスマホでワイヤレス充電器をお使いになっている方なんかは、そこにイヤホンケースを置いておけば勝手に充電されますし、もちろん、普通に同梱のケーブルを使用しての有線充電にも対応していますよ。

【防水規格】
本製品の防水規格はIPX4となっています。これは「ちょっとくらいなら水がかかっても壊れませんよ」というレベルなので、水没させてしまったりするとダメという事になります。イヤホンを使用したまま多少の雨に濡れたり、汗で濡らしてしまったり程度のことでは問題ないと思って良いでしょう。

【まとめ】
僕は犬の散歩に行くときには「外音取り込みモード」で、自室に戻ってからは「ノイズキャンセルモード」で音楽を聴いています。まさに僕の望み通りの使い方が出来ている事になりますね。実際に、イヤホンを装着したまま他の犬の飼い主さんと会話する事もできましたし、部屋に戻れば音楽への没頭感を得ることもできていますので、通勤や通学でも使うし、自宅に戻ってからも使うんだ~という方にはおすすめですね。

これからの季節に大活躍!KOXXBASS ポータブル扇風機


段々暑くなってきましたね。
僕は北海道在住ですが、いくら北海道でも暑いものは暑いです。

昨年の同時期にUpした記事にも書いたような気がしますが「北海道の夏にエアコンは不要」というポリシーの下、今年も扇風機で乗り切ろうと思っています。

という訳で、我が家にはリビングに大きな扇風機を設置している他に、あちこちに扇風機を設置している訳ですが、今日はデスク上やアウトドアで活躍してくれそうな品を見つけましたのでご紹介します。



【脅威のコスパ】
本日現在の販売価格が、クーポンを使用する事で1,099円とお安くなっています。作りにはチープなところもありますが、そもそも千円ちょっとと実際にお安い訳ですし、この価格でこれだけ出来れば優秀だなというのが第一印象でした。

【風力は十分】
携帯性に優れた扇風機は往々にして風力が物足りなかったりする事が多いのですが、本製品は身近に置いて使用する分には十分な風力を発揮してくれます。その代わりと言っては何ですが、サイズ的には携帯型の扇風機としては、羽部分がやや大き目です。このあたりはトレードオフの関係にあると思うので仕方がないところですね。

【作動音】
商品の説明欄には「静音」と記載がありますが、それはさすがに言いすぎかなと思いました。ただし、僕は持っている同種の他製品と比較すると、作動音は本製品が一番静かでした。とは言え、携帯できる扇風機はもともと、作動音が大きな製品が多いので「無音」に近いような作動音を想像しているとガッカリすると思います。この辺については、動画で確認してもらった方がわかりやすいと思いますので、よろしければ下記からご覧になってみてください。

【設置の自由度】
本製品は手持ちで使用する以外に、フックを使って吊るして使用する事も、デスク上などに置いて使う事もできます。自動首振り機能のような気の利いた機能はありませんが、羽部分も180度の範囲で稼働する仕様になっていますし、設置場所の自由度は比較的高いと言って良いと思います。

動画でもレビューしています!


【照明として】
本製品には照明としての機能も搭載しています。ライトは強・弱の2段階で、色も電球色のみというシンプルな仕様です。オマケ的機能なので光量はそんなに強くなく、例えばテント内で使用するのなら、メインの照明の他に就寝時のサブ的な位置付けで使用する・・・といった使い方になるんじゃないかなと思います。

【モバイルバッテリーとして】
本製品にはスマホなどへの充電をするために、USBポートを一口搭載しています。バッテリーの容量は5500mAhということなので、スマホ程度なら満充電にするだけの容量はあります。ただし、そういう使い方をすると扇風機やライトとして機能する時間はその分短くなってしまいますので、あくまでも緊急避難的な機能と思っておいたほうが良さそうです。

【バッテリーライフ】
本製品は満充電の状態から最大で30時間の連続使用が可能というのがメーカー公称値です。これは扇風機を最弱で作動させ、ライトなども使用しない前提での数字でしょうから、実際はもっと短いと思います。僕は照明機能は使わずに、扇風機として「中」で8時間くらい連続作動させたというのが最高記録ですが、その時点でも電力にはまだ余力がありそうでした。

【まとめ】
最初にも書きましたが、本日現在の1,099円という価格を考えると、非常にコスパが優秀な製品だと思います。この価格なら、気を遣う事なくカバンに放り込む事もできますし、ガンガン使用して1シーズンで壊れてしまっても諦められますよね。新型コロナウイルス感染症の影響でマスクが当たり前の世の中になってきましたが、同時に熱中症も心配な季節です。
一つ持っていると助かる製品ではありますね。

検索フォーム

Twitter on FC2

Twitterで更新情報などつぶやいてます! よろしければフォローを是非!!

最新記事

Blog ranking

色々な商品をレビューされているたくさんのブログがあります。ぜひご覧ください。

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

当ブログにおける免責事項

  自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-(以下、当ブログ)は素人のおっさんが、自分で使った商品の感想を主観で記載しています。したがって、当ブログ内に記載されている商品の感想や情報によって被った、いかなる損害もこれを保障することはできません。当ブログ内に記載されている商品は、必ずご自身でもお調べになってから、ご自身の責任でご購入ください。
  当ブログ内には、特定の商品をメーカーや商品名を実名で記載し、画像もつけて紹介しておりますが、正直な感想を記載することをモットーとしているため、時に商品の販売において不利益となる感想を記載する場合があります。万一、当ブログの勘違いなどで不利益を被るような内容が記載されていれば修正・削除に応じますのでご連絡ください。ただし、真実が記載されているにも関わらず、商品の感想が芳しくないからといって削除する気は毛頭ありません。



自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。