自分のための商品レビュー ~気になるAmazonアイテム~

家電、パソコン周辺機器、カメラ、マンガ、小説、お酒やコーヒーなど、個人的に好きなもの、新製品や気に入った商品の感想を書いたレビューブログです!
自分のための商品レビュー ~気になるAmazonアイテム~ TOP  > 
Since October 2015

大容量USB充電式Fogeek LEDライト レビュー



【充電式】
同種の製品には乾電池を動力源にしている製品が多い中、本製品は充電式になっています。同梱しているmicro-USBケーブルを使用して充電するのですが、バッテリー容量が4400mAhと比較的大きいので満充電までは4~5時間必要みたいですね。

その状態から、使用環境や明るさにもよるでしょうが、僕の場合は強の明るさで2時間以上連続使用しても消える気配はなかったです。

【マグネット】
ライトの裏面にはマグネットがついていて、磁石が着く面であれば貼り付けて使用する事が可能です。本体自体にバッテリーを内蔵している為なのか、やや見た目よりも重量があり、曲面に貼りつけると自重で落ちてくるような場面もありました。平たい面であれば全くそんな感じはなかったですけどね。

【点灯モード】
全部で5つの点灯モードの中から選択して使用します。通常の白色照明が強、弱とその中間、赤色と白色がゆっくりと交互に点滅するSOS省エネモード、赤色が激しく点滅するSOSモードの全5種で、通常は白色の三段階のいずれかで使用する事になりそうです。
白色モードはキャンプ時のテント内(3~4人サイズ)くらいなら、中間の明るさで十分で、一番明るいのは目に眩しいくらいですね。



【注意点】
この形状のLEDライトだと、センサー式の製品がたくさん販売されていますので、勘違いして購入してしまわないように注意した方が良さそうです。本製品はスイッチのON,OFFで点灯する製品で、センサーは装備していません。

【モバイルバッテリー機能】
本製品は側面にUSBポートを一口装備しており、スマホ等をここから充電する事が可能です。スマホ等を充電すると、その分、ライトとして使用できる時間が短くなってしまうので緊急用と割り切っておいた方が良いのかもしれませんが、4400mAhだとiphoneを満充電にしても半分くらいは電池が残る計算になりますね。

【まとめ】
この形状のLEDライトだと充電式じゃなくて乾電池式の製品が多いと思うので、そこが必要かどうかが購入時のポイントになりそうです。乾電池の場合でも充電池を使用すれば、そんなに使い勝手は変わらないですもんね。

本製品はモバイルバッテリーと接続して点灯させたり、使用する場所の近くにUSBポートがあるのなら、そこに接続したまま使用する事で電池残量を気にせずに使用できるので、そういう使い方をする場合にはオススメです。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
[ 2017年09月30日 17:00 ] カテゴリ:雑貨 | TB(0) | CM(-)

安価でもWi-Fi機能搭載!Campark アクションカメラ レビュー



【画質】
アクションカムなので、170°広角撮影となっており、撮影後の映像は画面の端の方が若干歪む感じになります。そのかわりに広く撮影する事ができると言う事ですね。
最近は4K画質で撮影可能なアクションカムも販売されていますが、本製品は4K画質での撮影は出来ません。ただ、個人的にはフルHDの画質でも十分キレイだと感じましたので、よほど画質にこだわる方でなければ問題ないんじゃないかなと思いました。

【防水】
製品本体に防水性はありませんが、同梱している防水ケースに入れて使用する事で30mまでの防水性があると言う事です。ケースからの出し入れもそんなに面倒じゃないですし、ケースに入れたままの操作も可能なので、海やプールなどの濡れる可能性がある場面で活躍してくれそうです。

【Wi-Fi機能】
本日現在の価格が3千円台とアクションカムにしては安価でありながら、Wi-Fi機能も搭載していますので、ワイヤレスでスマホやタブレットに撮影中の映像などを転送して使用する事が出来ます。本体は水の中で、映像は陸の上で確認する・・・なんていう使い方が可能です。



【アタッチメント】
値段の割には充実したアタッチメントが付属しています。僕は日頃、防水ケースくらいしか使用しないのですが、後からアタッチメントを追加で購入しなくても目的の使い方が出来るかもしれないので、そうした使用方法をご検討の方には良いかもしれませんね。

【静止画撮影】
本製品は動画だけでなく静止画の撮影も可能です。ただ、正直なところ、静止画については広角が必要ないのであればiphone等のスマホで撮影した方がキレイに撮れているような気がしました。

【まとめ】
同梱しているアタッチメントやカメラ本体の性能等、総合的に見てコスパは優秀な製品ではないかと思います。一点だけ残念な点は、個体差かもしれないのですが保存用のmicro-SDカードを入れるスロットが、本体内部に食い込みすぎていて細長い棒状のものを使用しないとカードの出し入れが出来なかった点でしょうかね。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
[ 2017年09月29日 17:00 ] カテゴリ:写真 | TB(0) | CM(-)

専用充電ケース付!完全ワイヤレスイヤホン IOUIOU IO-20 レビュー



【ケーブルレス】
メリットとしては左右のイヤホンを繋ぐケーブルがないのでスッキリと使用できると言う点と、それぞれに独立してペアリングさせる事ができるので、片耳ずつ使用するのであれば2つある分、2倍長く使えると言うところでしょうか。

【音質】
低音もしっかり出ていますし、音量を大きくしても音割れもなく比較的クリアに聞く事は出来ました。但し、有線イヤホンの同価格帯の品と比較すると音質は劣るのかなと正直思いましたので、完全ワイヤレスである必要があるのかどうかは慎重に考えた方が良さそうですね。

【Bluetooth接続】
ネット上に、右耳のBluetooth接続がプツプツ切れると言う指摘がたくさんあるのですが、個体差があるのか僕の物は屋内でも屋外でも、そうした事はありませんでした。ただ、ペアリングは簡単なんですが、左右のイヤホンをリンクさせる操作に手間取りましたね。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【バッテリーライフ】
イヤホンは満充電の状態から連続再生が3時間程度と決して長時間ではありません。ただ、イヤホンの専用ケースがモバイルバッテリーの用途も兼ねていて、そのケース内にイヤホンを3回満充電にするだけの蓄電が可能だそうです。

【防水性】
防水等級IP64と記載されていますので、これが本当であれば運動の汗くらいであれば全く問題ありませんし、少しくらいの雨にも耐えると思います。しかし、イヤホンには充電のための電極がついていて、この部分が剥き出しになっていますので、実際にそれだけの防水性を発揮できるものかどうかは解らないですね。

【まとめ】
完全ワイヤレスのイヤホンがとても流行っているようですね。確かにケーブルが全く無いと言うスッキリ感は魅力的だと思います。ただ、一般的に同じ金額を出して購入するのであれば、有線イヤホンの方が音質の良いものを購入できる可能性は高いと思うので、どうしても完全ワイヤレスである必要があるかどうかは一度冷静になって考えてからポチった方が良さそうです。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
[ 2017年09月27日 17:00 ] カテゴリ:music | TB(0) | CM(-)

強力重低音!TaoTronics Bluetoothイヤホン TT-BH026 レビュー



【音質】
低音~中音域が強い音質で高音部分がやや控えめな印象を受けました。とは言え、変にこもった音ではなく十分に音楽鑑賞に使えますし、個人的には低音が強い方が好みなので、どちらかと言うと好きな音質でした。

【バッテリーライフ】
満充電まで2時間程度で、そこからの連続再生が8時間と言うのが公称値となっており、同種の製品としては一般的なバッテリーライフだと思います。また、iphoneの場合はバッテリーの残りがスマホの右上に表示されるのでより使いやすいと思います。

【マグネット】
最近では珍しくありませんが、左右のハウジング部分にマグネットが内蔵されていて、くっつける事ができます。左右のハウジングをくっつける事でイヤホンがネックレス上にまとまるので、一時的に使用しないような場面で安心して首にかけておけますね。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【装着感】
一般的なカナル型イヤホンの装着感ですが、イヤーピースが複数同梱しており、サイズ別、形状別に選択する事が出来ます。耳の皺に引っ掛けるタイプのイヤーフックも同梱していますので軽い運動程度なら、スポーツしながらの使用も可能だと思います。

【まとめ】
防水性がある訳ではないようですが「防滴設計」と記載されており、汗程度では壊れないように出来ているようです。また、専用のポーチも付属しているのもお得な感じは受けました。音質も装着感も好みだったのでこれからも使用させてもらおうと思います。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
[ 2017年09月22日 17:00 ] カテゴリ:music | TB(0) | CM(-)

USB充電できる!AVANTEK LEDセンサーライト レビュー



【センサー】
動体検知と光センサーを装備しているので、明るい時には本製品の近くを通っても点灯せずに、辺りが暗い時にだけ点灯してくれます。動体検知は製品から3メートル程度の距離くらいまでが検知範囲のようですが、同種の他製品と比較して、やや反応が敏感な印象を受けました。

【USB充電】
僕は面倒くさがりなので、何もしなくても良いセンサーライトが好きで自宅のあちらこちらに設置しているのですが、どの製品も乾電池式なので切れたら電池を購入して入れ替えなければいけません。買いに行くのが面倒で最近は充電池を使用していますが、それでも入れ替えは必要ですもんね。

本製品は充電式で満充電の状態から8時間連続点灯が可能と言うのがメーカー公称値です。常に点灯している訳ではないと思うので、8時間連続点灯するだけの容量があれば、結構な期間電池は気にしなくて良さそうです。

【マグネット】
製品の裏面にマグネットを内蔵していますので、磁石が着く所であれば貼り付けて設置する事が可能です。ただ、このマグネットはそんなに強力ではなく、曲面に貼りつけると自重でズリ落ちてしまう事がありました。マグネットは平らな面に貼りつける事を前提に考えて、そうじゃない所に設置するのなら、同梱している両面テープ等を使用した方が良いかもしれません。

自分のための商品レビュー


【明るさ】
明るさは65ルーメンと言うのがメーカー公称値です。ルーメンと言われてもピンと来ないのですが、ウチの場合はトイレ前の廊下に設置して使用しており、その場合、トイレ前の廊下やトイレのすぐ近くにある洗面台の灯りを点灯しなくても、出入りや手洗いを済ませる事ができるくらいに明るいです。

【まとめ】
モバイルバッテリーと接続したり、設置場所の近くにUSBポートがある環境下だと電池の心配をせずに使用し続ける事ができると言う点が一番の魅力ではないでしょうか。逆にその環境でない場合には、充電中は製品を使用する事が出来ないので、電池を入れ替えたらすぐに使用できる電池式の製品の方が使い勝手は良いと言う事になりそうです。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
[ 2017年09月19日 17:00 ] カテゴリ:家電 | TB(0) | CM(-)
検索フォーム
Twitter on FC2
Twitterで更新情報などつぶやいてます! よろしければフォローを是非!!
Blog ranking
色々な商品をレビューされているたくさんのブログがあります。ぜひご覧ください。
- 相互リンクについて -
 当ブログはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はメールフォームからご連絡いただけると助かります。また、当ブログで使用しているyoutube動画もリンクするなり埋め込むなり、お好きにジャンジャン使っていただいて構いませんが、公序良俗に反するサイトや悪意のある使い方はお断りさせていただきます。
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

商品の感想はできる限り正直に記載しておりますが、記事に問題があればご連絡ください。
当ブログにおける免責事項
  自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-(以下、当ブログ)は素人のおっさんが、自分で使った商品の感想を主観で記載しています。したがって、当ブログ内に記載されている商品の感想や情報によって被った、いかなる損害もこれを保障することはできません。当ブログ内に記載されている商品は、必ずご自身でもお調べになってから、ご自身の責任でご購入ください。
  当ブログ内には、特定の商品をメーカーや商品名を実名で記載し、画像もつけて紹介しておりますが、正直な感想を記載することをモットーとしているため、時に商品の販売において不利益となる感想を記載する場合があります。万一、当ブログの勘違いなどで不利益を被るような内容が記載されていれば修正・削除に応じますのでご連絡ください。ただし、真実が記載されているにも関わらず、商品の感想が芳しくないからといって削除する気は毛頭ありません。



自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。