INDEX    RSS    ADMIN

本当にケーブルレス!Eonfine 完全ワイヤレス Bluetooth イヤホン レビュー

これまで、たくさんのイヤホンをレビューしてきました。

その中にはBluetoothで接続する、いわゆるワイヤレスなイヤホンもたくさんありました。でも、それらのイヤホンは右のハウジングと左のハウジングはどうしてもケーブルでつなぐ必要があって、本当の意味でのワイヤレスにはなっていなかったんですね。

ワイヤレスもここまで来たか!
と思いましたが、今日ご紹介するのは本当の意味でのワイヤレスイヤホンですよ。



【音質】
いくらワイヤレスでも、あまり薄っぺらい音だと嫌だなと思っていましたが、低音も十分で音の厚みに文句はありません。Bluetooth接続なので、ほんの少~しだけ音のこもりを感じますが、個人的には全然許容範囲内で、クラシック等の繊細なジャンルでも十分満足して聴けるレベルでした。

【操作性】
左右のイヤホンが完全独立していて、しかも小型ですから、イヤホン側で出来る操作は電源のON・OFFと再生・停止のみです。音量増減等をスマホに触らずに手元で済ませたい方には向かないと思います。

電源のONは左右それぞれにスイッチ操作が必要ですが、OFF時には片方の電源を落とすともう一方も自動的にOFFになるのが地味に便利です。

【バッテリーライフ】
イヤホンそのものの電池は連続再生3時間程度しか持ちません。ただ、本製品には専用のモバイルバッテリー兼用ケースが付属していますので、使わない時にはこのケースに収納する事になります。

収納中は常にイヤホンに充電されている状態になりますので、外出中でも充電は可能です。
このモバイルバッテリー兼イヤホンケース自体には2100mAhの蓄電が可能で、イヤホンには約15回(およそ45時間分)も充電できるようです。

ただ、3時間以上連続で使用する事が多いのであれば、その都度ケースに戻して充電しなければならないので、その場合は他を検討した方が良いと思います。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【収納ケース】
前述したイヤホンケースは、バッテリーとして充電しながらも、イヤホンケースとしてもなかなか良く出来ています。まず、イヤホンに磁石がセットされている事でケースへの出し入れがとてもスムースです。さらに、イヤホンを収納した後は収納部分がグッと引っ込むような作りになっているので、イヤホン部分が出っ張る事もなく持ち歩きにも便利です。

【デザイン】
一般的に、完全にワイヤレスの製品だとハウジング部分が大きかったりする事も多いと思うのですが、本製品は普通のカナル型イヤホンと大差ない大きさです。耳に装着してもあまり目立ちません。その代り、電池の持ちが3時間程度と比較的短いと言うことなんでしょうね。

【使い方は3通り】
左右独立していますが、左右で音のズレなどは全くありませんので、普通に両耳に装着してステレオ音質を楽しむことが可能です。また、片方を片耳に入れて、もう一方は収納しておけば、常に交互に使用する事になるので、予備のイヤホンを持ち歩いているのと同じ形にもなります。

さらに、片方ずつにはなってしまいますが、必要であれば二人で音をシェアする事も可能ですね。

【まとめ】
完全に左右が独立している事で、イヤホン間のケーブルすらもなくなりましたので、相当スッキリと装着する事が出来ます。にも拘わらず、ケーブル付のものと音質に大きな差がある訳でもないのがメリットですね。

デメリットとしては、左右がバラバラにも関わらず、一つあたりも小型なので紛失の不安があります。同梱しているモバイルバッテリー兼収納ケースがこの問題をある程度解決してくれますが、使用中はただ耳の穴にささっているだけなので、落としてしまわないか不安を感じる事もありました。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。

寝落ちしちゃっても大丈夫!Holan 自動消灯機能付きLEDライトスタンド レビュー



【無段階調整】
ライトの色味を暖色~白色の間で無段階に調節する事が可能で、さらに明るさも無段階で調節可能になっています。土台にあるタッチスイッチに軽く触れるだけで、触れている間に無段階で明かりが変化しますので、ちょうど良いところで手を放すだけなのも便利だなと思いました。ちなみに個人差はあると思いますが、一番暗い暖色照明にすると、ベッドランプ代わりにちょうど良い明るさなので、僕はそのように使っています。

【角度調整】
ライトそのものの高さを調整する事は出来ないのですが、土台側の根本で90°、ヘッド側で180°の角度調整が可能なので、かなり自由度は高い方だと思います。使用場所や使用される方の体格に合わせて、ちょうど良い高さで使用することが出来るのではないでしょうか。

【メモリー機能】
以前使用していた同種のライトは、自分にちょうど良い明るさにせっかく調整しても、電源をOFFするたびに元に戻ってしまうので、その都度明るさの調整が必要でした。本製品にはメモリー機能を搭載していますので、スイッチを入れると最後に使った照明色、明るさで照らしてくれます。地味な事かもしれませんが、毎日使用するものですから個人的にはとても重要な機能だと思います。

SnapCrab_NoName_2017-4-23_12-56-39_No-00.png

【タイマー付】
細かく設定できるタイマー機能ではありませんが、1時間経過したら自動で消灯してくれる機能を搭載しています。デスクライトとして使用するような場合には不要かもしれませんが、僕は枕元でベッドランプとして使用しているので、点けたまま寝落ちしてしまう事も多く、大変助かっています。

【デザイン】
四角い土台に柄をつけて、四角いライトを乗せただけで何の変哲もないデザインです。キャラクターの形をしていたり、スタイリッシュなデザインの製品もたくさん販売していますが、実用するものですから機能性重視のこの形で良いのではないかと思います。

店舗や事務所で使用するものでデザイン性も求めるのであれば他の製品を当たった方が良いと思います。見た目は地味なのでw

【まとめ】
これまでベッドサイドで使用していたライトがあるのですが、現在はこの製品に交換しました。ベッドサイドで使用する場合には明るさの調整が自由に出来る事と、1時間で自動で消灯してくれることがとても便利でおすすめですよ。

予備バッテリー付きでも安価!Funshare アクションカム レビュー



【画質】
流行りの4K映像は撮影できませんが、1080PフルHD/30FPS の映像は十分にキレイです。4Kに拘るのであれば他を選択するしかありませんが、そうでないのなら想い出を残すのに十分な画質だと思ってよいと思います。

【防水機能】
本カメラ単体で防水機能はないのですが、専用の防水ケースを同梱しています。この防水ケースに入れた状態で水深30mまで沈める事が可能だと言うのがメーカー公称値です。僕は泳げないので使った事はありませんが、スキューバ等を趣味とされている方や釣りを趣味にしている方なんかだと使いようがありそうです。

また、そうしたスポーツに限らず、キャンプ等に使用したり、自転車やバイクに取り付けて撮影したいと言う方にとっても防水ケースは予防的に活躍してくれると思います。

【Wi-Fi接続】
本製品は専用アプリを利用する事で、スマホの画面等にワイヤレスでカメラが撮影している映像を表示する事ができます。この機能を使えば、カメラを水中に沈めて置いて、水中の様子をスマホで眺めて確認する・・・と言うような使い方が出来ますね。

また、僕は使った事がないのですが、Twitter、Facebook、Youtube等のSNSに直接、画像をUpする事も出来るようです。

自分のための商品レビュー


【予備バッテリー】
この種のカメラの場合、バッテリーライフにはあまり期待できなくて、使い方にもよると思いますが、だいたい60分~90分程度でバッテリー切れになる事が多いです。ただ、本製品の場合は予備バッテリーが最初から同梱していますので、電池切れの不安を解消してくれます。他にも色々なパーツが同梱されていましたが、個人的にはこの予備バッテリーが一番助かります。

【日本語対応】
こうした製品の中には外国語の説明書で、本体のメニュー画面も外国語しかないような製品もある中で、本製品は取扱い説明書も本体の操作メニューも日本語に対応しています。アクションカムが初めてだと言う方でも安心してお使いいただけるのではないでしょうか。

【まとめ】
Goproが先駆者となったアクションカムはここ最近、流行っている事もあって、たくさんのメーカーさんから似たような製品が販売されているようです。使用頻度が高い方やアクションカムの操作に慣れているような方は、高価なGoproの購入を検討しても良いのかもしれませんが、僕のような初心者の場合には、説明書がきちんと日本語である点や価格的にもGoproよりはずっと手を出しやすい点も考えると、こちらの製品の方がおすすめできますね。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。