自分のためのレビュー - ~自分のための商品レビュー~
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

あって良かった!被災後、実際に役だったアイテム

平成30年9月6日未明、胆振地方を震源とする大きな地震が北海道を襲いました。

地震でお亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたします。

私は震源からは比較的遠いのですが、それでも震度5強を記録した地域に住んでいましたし、人生で一番長い停電も経験しました。

そこで、今回は僕が持っているアイテムの中で被災後に役だった物をご紹介したいと思います。
地震はいつ、どこで起こるかわかりませんので、ご参考いただければ幸いです。


【ポータブル電源】-Rockpals ポータブル電源 正弦波 大容量 60000mAh-

停電しましたので、やはり困るのはスマホの充電が出来ないことや夜間の照明を点灯できない事でした。ウチにはこの製品がありましたので、スマホのバッテリーはもちろん、暗い間は小さな灯りを点灯させておく事も出来て助かりました。

暗い間の照明やスマホの充電にいいだけ使用した後で、この製品を持って出勤したのですが、職場でスマホの電池が切れそうで困っている同僚に自由に充電してもらっても、まだ電池は残っていましたので、大容量な製品も一つは持っていると心強いなと思いました。

今現在は地震の直後なので品薄感がありますが、再入荷したら購入を検討してみてはいかがでしょうか。

【充電池モバイルバッテリー】-enevolt Gosy 充電池用 充電器-

スマホの充電などは既述した大容量のポータブル電源を使用したのですが、大きなものなので鞄なんかに入れて持ち歩くのは大変です、普通のモバイルバッテリーを持ち歩くのも良いと思うのですが、いざと言う時に備えると言う意味では、この製品は「乾電池をモバイルバッテリー化」してくれるのでツブしが効くぶん優秀な製品かなと思います。

実際にウチには充電池が転がっていたのですが、それをこの中にセットすれば普通のモバイルバッテリーになりますし、電気が復旧してからは逆に電池に蓄電するのも本製品一つあれば済むのも便利です。

【小型ラジオ】-CSMARTE AM FMラジオ 超薄型ミニポケットラジオ-

普段、ラジオは通勤中に車の中でFMを聴くくらいなのですが、実際に被災してみるとラジオが一番確実な情報源だと思い知らされました。スマホで情報を得ようにもネット環境も不安定になっていましたし、SNSではデマ情報も流れていました。その点、ラジオからは確実な情報を得る事が出来るので安心です。

そんなに立派なラジオである必要はないと思うのですが、情報を得る事が出来る安心感と言うのは非常に重要だなと思います。今から購入するのであれば、電池だけじゃなくモバイルバッテリーからも電源を得る事ができる本製品のようなラジオが良いんじゃないかと思いますよ。

【ハンディライト】-Zanflare F2 懐中電灯 Cree XP-G2-

僕は地震があった時、2階の自室にいたのですが、普段は窓から入ってくる街灯の灯りも全くありませんし、本当に真っ暗闇で1階に下りるにも苦労する始末でした。後で気が付いてデスクから本製品を取り出したのですが、最近のハンディライトは使用場面に応じて、照射範囲を狭く、その代わり遠くまで照らす事ができたり、逆にライトの届く距離は近くとも照射範囲を広く設定したりできるのが便利でした。

今から購入するのであれば、本製品のように防水性があると安心かもしれません。

【LEDランタン】-Magu・Liaison LEDランタン ポータブル-

夜間の停電では、最低限ハンディライトがあれば何とかなるのですが、一つランタンのような製品があると、ライトをその辺に置きっぱなしにできて便利です。オイル等を使用するアウトドア用のランタンは混乱の中で火災の原因になってしまうリスクを考えると、LED製品の方が安心かなと思いました。

【充電池】-Amazonベーシック 充電式ニッケル水素電池-

普段、乾電池はあまり購入せずに充電池を繰り返し充電して使うようにしています。電池が切れたら入れ替えて、空になった電池をすぐに充電して保管すると言うクセがついていましたので、停電になっても電池の心配だけはせずに済みました。小型ラジオやハンディライトなどは電池を使用するものが多いですし、こちらのような製品を使用すれば乾電池からスマホ等の機器への充電も可能なので電池は多めに保管しておくと安心かもしれませんね。

【保冷剤】-ロゴス 保冷剤 倍速凍結-

ちょっと地味なところでは、冷蔵庫の保冷機能も失われてしまうので保冷剤も必要になりました。冷蔵庫の中のものすべてを冷やす事は不可能ですが、生もの等の腐りやすいものに集中的に使用する事で食材の無駄は回避できました。ただ、冷凍だけはどうする事も出来なくてアイスは全滅でしたね・・・。

【カセットガスストーブ】
-イワタニ カセットガスストーブハイパワータイプ デカ暖 CB-HPR-B-

今回は比較的暖かい季節の地震だったので必要ありませんでしたが、これが真冬だったらと思うとゾッとします。寒冷地にお住まいの場合は必要最低限の暖をとるためにポータブルストーブはあった方が良いなと思います。電気ストーブは停電時に使用できなくなりますし、今回はガソリンスタンドも一時的に麻痺状態になりましたので灯油の使用も確実とは言えないのかなと思います。かといって、普段使用しない灯油をずっと保管しておくのも気持ちの良いものでもないので、ウチでは鍋料理をするために買いだめしてあるガスボンベを流用できるストーブを念のために準備してあります。

【まとめ】
最後に、今回身を持って感じた事を一つ。どんなに便利なアイテムも、いざと言う時にすぐに取り出せるようになっていないと、実際に被災した時にテンパります。

僕はダラしないので、これらのアイテムをあちこちに保管していたり、中にはどこに片づけたのか分からなくなっているものもあったりで苦労しました。緊急用として一か所に集めて置くのが理想的だと思いますが、それが難しい場合でも、取り出しやすい場所に保管して、何がどこにあるのか把握しておかないと苦労すると思います。

スポンサーサイト

モバイル用途にピッタリなBluetoothコンパクトスピーカー EWA A106


最近はBluetoothスピーカーの価格も下がってきていて嬉しい限りです。
もちろん、高音質で安価な製品が良いのですが、時には音質よりも携帯性やサイズを重視したい場面もありますよね。

今日ご紹介するのは、ポケットに入れて車の中まで持って行けちゃうような製品です!



【音質】
もっと多きなサイズのスピーカーには音のパワー感では敵いませんが、ポケットに入ってしまうくらい小型である事を考えると十分な音質だと感じます。日常的には不満が出てきそうですが、一時的に外出先で使用するだけなら音楽鑑賞に使用する事もできると思います。少なくともスマホのスピーカーで聴くよりは間違いなく高音質です。

【持ち歩きにおすすめ】
音のパワーではサイズの大きな製品に劣るので、部屋で据え置きで使用するのであれば別な製品を検討した方が良さそうです。スマホのスピーカーじゃちょっと物足りないけど、荷物を増やすのも嫌だしなぁ・・・と言うような場面では威力を発揮しそうです。カラビナも同梱していますのでリュックなんかにぶら下げて使用する事も出来ますね。

動画でもレビューしています!


【専用ケースは技あり!】
専用のキャリングケースも付属しているのですが、このケースがとても考えられています。ケースの側面にスピーカーサイズと同じくらいの範囲で穴が開いており、ケースに収納したままで音を聴く事が出来る仕様になっています。

たいした事ないと思われるかもしれませんが、僕はこの仕様のケースを初めてみましたし、最初に思いついて実行したと言う事が素晴らしいですね。

【バッテリーライフ】
内蔵バッテリーの容量は500mAh。使用時の音量なんかにも左右されると思いますが、時間にすると約4~6時間程度の連続再生が可能となっています。バッテリーが切れても2時間程度で満充電になりますし、充電に使用するケーブルは汎用性の高いmicro-USBケーブルなのでお手軽に繰り返し利用出来そうですね。

【まとめ】
無音時に僅かながらホワイトノイズを感じますが、音楽が始まると全く聴こえないレベルなので実用上は問題ないと思います。サイズからは想像できない低音の厚さがありますので音楽鑑賞にも使えるなと思いました。スピーカーをお手軽に、でもガンガン持ち歩いて使いたいと言う方に良さそうな製品です。

車中泊にもおすすめ!大容量 AC出力ポータブル電源 Rockpals K27


僕はあまりしないのですが、写真が趣味の方なんかだと朝陽の撮影のために車中泊して待ち構えたり、旅行するのにも宿を確保せずに車の中で宿泊されるような方はいますよね。

車中泊のためには車がフラットになるかどうかとか、色々考えなきゃならない事もあるのでしょうが、ガジェット好きの僕としては、やはり電気製品が使えるかどうかが気になります。

今日ご紹介するのは、そんな場面でもACコンセント装備、車内でも電気製品が利用できるアイテムです!



【150W高出力】
本製品は150Wまでの出力製品に使用する事ができます。さすがにドライヤー等は無理ですが、車中泊に必要になりそうな電気毛布とか小型の冷蔵庫、ポータブルテレビなんかは本製品に接続して車の中で使用する事ができそうです。

【蓄電量は最大48000mAh】
最近はもっと大容量のポータブル電源も売っていますが、当然ながら容量が大きくなればそれだけ価格も高くなってしまいます。48000mAhは車中泊としては心許ないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、昼間はあまり使用しないでしょうし、夜間だけと言うのであればそう問題にもならない容量だと思いました。

【シガーソケット充電】
仮に電力が不足するような事があったとしても、本製品はシガーソケットから充電する事も可能なので、使用しない時に車中のソケットに挿しておけば蓄電量を回復させる事ができます。車中に何泊もするような場合には必須の仕様ですよね。

動画でもレビューしています!


【重さはそこそこ】
ポータブル…とは言っても、これだけの容量ですから重さはそこそこあって、メーカーの説明には1.7kgと記載がありました。車に乗せて運ぶには苦にならない重さだと思いますが、バイクや自転車での移動にはズシリとくる重さですね。大きさもありますのでバッグに入れて持ち歩く・・・と言うような使い方も難しいと思います。

【安全装置も搭載】
大きな電力を溜めこむ機器ですから安全性は気になるところ。本製品は過充電保護機能を搭載しており、万一の際には自動で停止する仕様になっています。また、BATTERY MANAGEMENT SYSTEMと言う仕組みを採用しているそうで過放電も制御していると商品説明に記載がありましたよ。

【まとめ】
どの程度の機器を接続して使用する予定なのかにもよると思うのですが、僕のようにスマホやタブレットの充電と、夜間は照明を接続しますと言う程度の使い方なのであれば十分すぎる程の機能だと思います。日頃から充電しておくクセをつけておけば、いざと言う時の防災用途としても有効ですよね。