INDEX    RSS    ADMIN

自宅の家電を外出先から操作!Koogeek スマートコンセント レビュー



【リモコン操作】
本製品に接続した電化製品をスマホを介してスイッチON・OFFできるようになると言う機器になります。僕はiphoneで使用していますが、androidでも使用が可能なようですね。注意したいのは、あくまで電源をON・OFFするだけなので、パソコンのような、いきなり電源を落としたらマズいような機器を接続してはいけませんね。

【外出先からでも】
スマホとの連携さえ済めば、外出先から自宅の本器へスイッチON・OFF操作をする事も可能なようです。僕は使用していない機能ですが、例えばエアコンなんかを接続しておくと、早めにスイッチを入れて、帰宅時にはお部屋がヒンヤリといった使い方が可能なのではないでしょうか。

【変換アダプタが必要】
本製品のコンセント形状が3極なので、日本のコンセント形状に変換するためのアダプタが必須になります。電気屋さんなんかで安価に売っているので困りはしませんが、せっかく良い製品なので、この辺りも日本で販売するのであればフォローしておいてくれると良心的だったのになぁと思います。

SnapCrab_NoName_2017-8-9_15-32-29_No-00.jpg

【ライト】
使用してみるまで分からなかったのですが、本製品はライトの機能も有していて、ぼんやりではありますがコンセント周辺を照らしてくれます。遠隔操作などとは直接関係しませんが、コンセント周囲って意外と物が多いので照らしておいてくれると夜間等に重宝しますね。

【専用アプリ】
遠隔操作に使おうと思うと、Koogeek Homeと言う専用アプリをダウンロードする必要があります。こうした専用アプリをスマホにDLすることに抵抗があると言う方は使用する事が出来ませんので回避した方が良いでしょう。

アプリそのものは、使い方もそんなに難しくもなく無難な作りでしたよ。

【まとめ】
最近はスマート家電なんていう、僕のような古いタイプの人間には馴染みのない言葉も出てきて、一般的な電化製品とスマホの連携が出来るようになってきているみたいですね。僕は一つもそうした家電を持っていないのですが、それに近い感覚が4000~5000円くらいで試せるのならコスパ的にも悪くないのかなと思います。

ただ、使用電力の確認等の様々な機能が付随しているようなのですが、僕程度の知識ではすべてを使いこなせていないなぁと言う感じはしますねw

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。

お一人さま用 USB扇風機 Lovten USB卓上扇風機 レビュー



【風量】
一番大切な風量は2段階調整になっています。僕はデスクの上に置いて、顔までの距離が40~50㎝くらいの距離で使用しているのですが、弱い方の風量だと顔に軽くそよ風が当たる程度、強い方だと前髪がファサ~ッってなるくらいの風量です。

解り難いですね。すいませんw

【作動音】
商品説明には静音設計となっていますが、風量を強い方にすると割と作動音は聞こえます。とは言っても爆音と言う訳ではないので、デスクに置いて作業中に使うのであれば個人的には全く気になりません。

もしも、枕元に置いて、就寝前に使用したいとお考えであれば他を検討した方が良いかもしれないなと思いました。

【給電】
電源はUSBポートから取ります。最近はUSBに接続するこうした機器が多いので珍しくはないですが、充電式ではないので使用の際は常時接続しておく必要があるため、ポートを一つ占領してしまう事になりますね。



【デザイン】
昔ながらの左右首振り機能なんかはありませんが、上下にほぼ360°回転しますので設置の自由度はかなり広いと思います。向きは考えないといけませんが、設置する高さはどうにでもなるんじゃないでしょうか。

【まとめ】
ウチにはエアコンなんて気の利いたものはないので、夏は扇風機頼りになるのですが、大きな扇風機一つでは家族全員が涼むのは難しいです。本製品のように一人で自分専用に使用できるものがあれば快適だなぁと思います。そうお高いものでもありませんし、置き場所もそうとらないと思うので、夏に向けて一つあっても良いと思いますよ。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。

頑丈なアルミ製デスクライト! TaoTronics TT-DL19 レビュー



【質感】
なんと言っても操作パネル部分以外の殆どすべてがアルミ製なので、見た目の質感は非常に高いと思います。目につく所に置いて使用する事の多い製品だと思うので、見た目も重要ですよね。

ただし、その副作用として、デスクライトとしては非常に重く感じます。持ち歩くものではありませんし、重い方が安定感もあると思うのですが、高所から落下した時などのダメージは大きいかもしれません。

【照射範囲】
本体の柄の部分とライトの傘の部分がそれぞれ可動しますので、かなり広い範囲で照射する方向を調整する事が出来ます。一度決めてしまえばそうそう変更するものでもないと思いますが、照射範囲が限られているとデスクライトの置き場所の自由度も狭まりますので重要な部分かもしれません。

【明るさ調整】
本製品は明るさを5段階で調整する事が出来ます。一番強い光の場合はデスク上を広範囲で十分に照らしますし、一番弱い光の場合はベッドサイドで使用する事も出来るくらいの灯りになります。

【色味の調整】
明るさだけでなく、光の色味も5段階で調整する事が可能です。スイッチを押す都度、白色~暖色へ徐々に色味が変化する仕様になっています。作業をする時には白色の強い光を、ベッドサイドで使用する時には暖色の弱い光を・・・と言うような使い分けが可能です。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【タッチ式スイッチ】
機能そのものには直結しませんが、明るさの段階等を調整するスイッチはタッチ式になっています。タッチ式でなくとも使用感に問題はないと思いますが、こちらの方が見た目にもスムーズですし、なんかオシャレな感じがするのは僕だけじゃないはずw

【USBポート内蔵】
本製品には一口だけですが、USBポートを装備しています。デスク上にライトを置き、さらに装備しているポートからスマホなどへ電力を供給するといった使い方が可能です。

【自動復元機能】
意外と重要な機能が、最後に使用した灯りの強さ、色味を記憶してくれる機能。製品によっては電源のON・OFFのたびに一定の明るさにリセットされてしまって、その都度好みの色味に直したりする必要があるものもあります。

地味な機能かもしれませんが、毎日のように使用するものなので、こうした小さな工夫が助かります。

【まとめ】
ほぼアルミ素材で出来ていて、デザインもなかなかオシャレ、機能的にも過不足ない印象を受けます。ただ、それだけにお値段の方もデスクライトとしてはそこそこの価格になってしまうのは止むを得ないところでしょうか。

長く使えるものだと思いますので、デザインや機能が気に入ったのであれば購入時の選択肢の一つにしても良いとは思いました。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。