~自分のための商品レビュー~

家電、パソコン周辺機器、カメラ、マンガ、小説、お酒やコーヒーなど、個人的に好きなもの、新製品やおすすめ商品を比較、感想を書いたレビューブログです!
~自分のための商品レビュー~ TOP  >  家電
Since October 2015

Amazon Echo 一般販売開始!


Amazonのスマートスピーカー、Echoがこれまでの招待制購入から一般販売に移行しました。ず~っと気になっているんですが、そもそもコレを購入すると何が出来るようになるんでしょう。



【Echo単体で出来ること】
Amazon Echo一つで出来る事は実はそんなに多くなさそう。話かけるだけで音楽を聴けたり、今日の天気を教えてくれたり、アラームをセットしてくれたりしますが、個人的にはスマホで十分ですし、最初は珍しくて試すかもしれませんが、そのうち使わなくなるかなって感じですw

【照明との連携は便利そう】
Amazon Echoに「明かりを点けて」「明かりを消して」と話しかければ、部屋の照明の調整をハンズフリーで行えるようになります。ゴロンとベッドに横になってから照明を調節したいと思うことがよくあって、一度リモコン化したのですが、今度はリモコンが遠くに置いてあったりして結局起き上がらなきゃならない・・・なんて事も割とあります。

そんな場面では威力を発揮しそうなのですが、問題点が一つ。

まだまだAmazon Echoに対応している照明機器や電球がお高いんですよね。もう少し価格が下がると小市民の僕としては手が出しやすくなります。

【自宅の鍵までスマート化】
実際に使用している人はまだまだ少ないのかもしれませんが、Amazon Echoを使って自宅の鍵をスマート化する事も可能です。こちらもEchoに対応している鍵に交換する必要はありますが、2階の寝室に入ってから「あれ?玄関の鍵閉めたっけ?」って事が多々あるので設置すると便利そうです。何より、「ロックして」と話しかけるだけで戸締りが出来るなんて近未来って感じで興味ありますよねw

【Echoは全部で3種類】
Amazon Echoは本日現在、3種類で展開しています。それぞれを比較すると多少の違いがあるようですね。

SnapCrab_NoName_2018-3-30_12-15-48_No-00.jpg

下位から順に「Echo Dot」「無印Echo 」「Echo Plus」とラインナップがありますが、違いはスピーカーとしての音質の差とテレビ等の他の機器をスマート化する時に必要なハブを内蔵しているかどうかだけかなと思います。

最初は出来る事も少なくて、音楽を聴くくらいしかしなくなりそうなので音質は重要かなと思うのですが、実は手持ちのスピーカーと接続して使用する事も可能なので、既にお使いのスピーカーがあるのなら、 Echo Dotで十分と言うことになりそうですね。

では、Echo Plusには価値がないのかと言うとそんな事もありません。Echo Plusには単体で購入すると7,000円~8,000円もするハブが内蔵されていると言うメリットがありますので照明器具などもスマート化したいなと考えている方には魅力的ですよね。

【結局買いなの!?】
ここ1年くらいでAmazon EchoだけでなくGoogleやAppleなど様々なメーカーからスマートスピーカーが発表されています。一言で言うなら「今は待ち」と言うのが個人的な感想です。

但し、音楽サービスを例にすると、Amazon Echoを使うならAmazonのストリーミングサービスに入会していた方が使い勝手が良いですし、GoogleやAppleにも同じことが言えますよね。これらのサービスに既に入会済みなのであれば、今の段階で購入しても少なくとも音楽鑑賞には使えるので良いのかもしれませんね。

でも、心の中では「今は待ち」と思っているんだけど、すご~く気になるアイテムなので、買っちゃいそうな気もするんですよねw
[ 2018年03月30日 13:00 ] カテゴリ:家電 | TB(0) | CM(-)

デザインもオシャレ!Pureplove 空気清浄機 CF-8110A




【オシャレなデザイン】
僕はあまりこだわらないのですが、空気清浄器としての機能が優れていても、自室に置くとなればデザイン性も重要視するよ!って方も少なくないのではないでしょうか。本製品はデザインン的にも全く問題ないオシャレな外観が特長ですよ。

また、上部に集中している操作スイッチはすべてタッチ式になっていて触れるだけで作動します。この点もオシャレですよね。

【強度は3段階】
使用場面に応じて、集塵強度は3段階に調整が可能です。一番弱くすると作動しているのかどうかわからないくらいですが、一番強力に作動している時には近くに寄ると髪が乱れるくらいの風量を感じます。

【ION機能搭載】
作動中にマイナスイオンを放出してくれる「ION機能」を搭載しています。他社製品だと、このマイナスイオンを放出する機能を搭載すると急に価格が上がることが多いように思いますが、マイナスイオンを放出する機能を搭載していて1万円そこそこの価格設定は凄いんじゃないでしょうか。

動画でもレビューしています!


【タイマー機能も搭載】
空気清浄機に限らず、スイッチを入れっぱなしで切るのを忘れてしまう事がよくあるのですが、本製品には2時間、4時間、8時間の3段階でタイマー設定が出来ますので切り忘れを防ぐことが出来ます。僕の場合は、就寝前に「8時間」で設定しておくと、朝の出勤でバタバタしている時でも切り忘れないので助かっています。

【ここがイマイチ】
ここまで良い点ばかりを記載してきましたが、残念な点もありました。それは「作動音」です。3段階の強度のうち、一番弱い設定で使用している時には殆ど作動音は気にならないのですが、上の2つの段階で作動させている間は「ブォ~っ」と言う風の吹き出す音がかなりの大きさで聞こえます。

個人的には最弱で作動させながら就寝する事が出来ますが、他の2つの強度で作動させたままだと風の音が気になって眠れなかったです。

【まとめ】
コスパは非常に優秀です。デザイン的にもオシャレですし、機能も必要なところはカバーできているのでかなりお得な買い物になるんじゃないかと思います。しかし、前述したように作動音がうるさいのが弱点です。

赤ちゃんがいるようなご家庭だと、最弱でしか使用できないんじゃないかなと思います。せっかく眠っている赤ちゃんが起きちゃいますもんねw

本製品はオシャレで高機能な空気清浄器を出来るだけ安価に購入したいと言う方で、かつ、作動音がうるさくても全く問題ないよと言う方にオススメです。

ちなみに僕は最弱で使用している事が多いのですが、それでも集塵はきちんと出来ているようでしたよ。

[ 2018年03月12日 17:00 ] カテゴリ:家電 | TB(0) | CM(-)

モバイルバッテリーと充電器の二役!enevolt Gosy




【単三・単四充電池に対応】
USB端子が普及し始めて、乾電池を利用する機器は随分と少なくなったような気がしますが、それでも自宅内も見渡せばテレビのリモコンやワイヤレスマウス、キーボードなどまだまだ色々な製品で使用しています。

何となく使い捨ての乾電池を使用するのが好きじゃないので、ウチでは充電池を買い込んで使用しているのですが、本製品は単三、単四電池の充電に使用する事ができます。

【モバイルバッテリーとして】
見た感じ、乾電池を充電できるのは予想通りといった印象なのですが、本製品はその他にモバイルバッテリーとしての機能も有しています。
製品内に電力の残った乾電池を入れておくと、側面のUSBポートを利用して、その電力をスマホ等に利用するのが可能です。

単三、単四の乾電池はコンビニなんかでも比較的入手しやすいので、本製品を持ち歩いていれば急なバッテリー切れにも対応できるのが魅力的です。

充電器とモバイルバッテリーの切り替えはスイッチ一つなので簡単ですよ。

動画でもレビューしています!


【混合充電も可能】
最大で計4本の電池を充電できるのですが、左側に単四電池、右側に単三電池を入れて充電すると言うような使い方ができます。ただし、2本一組が基本で1本だけの充電などは出来ないようなので注意が必要ですね。

【小型・軽量】
携帯する事も多そうな製品だけに、重かったり嵩張ったりすると不便なのですが、本製品は手のひらに乗るくらいのサイズです。重さの方は電池を4本入れるとそれなりにはなりますが、重すぎてバッグに入れておくのが嫌だと言うほどではないと思いますので、携帯性には優れていると言って良いんじゃないでしょうか。

【まとめ】
普段、単三や単四の充電池を使用する習慣がないのであれば、本製品を利用するメリットはないので普通のモバイルバッテリーを購入した方が良さそうです。充電池を使用する習慣がある方は一台持っていると便利なのでオススメです。

個人的にはモバイルバッテリー⇔充電池間で電力の移動ができると言うのが便利でカメラバッグに入れて持ち歩いています。
[ 2018年03月04日 17:00 ] カテゴリ:家電 | TB(0) | CM(-)
検索フォーム
Twitter on FC2
Twitterで更新情報などつぶやいてます! よろしければフォローを是非!!
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

商品の感想はできる限り正直に記載しておりますが、記事に問題があればご連絡ください。
Blog ranking
色々な商品をレビューされているたくさんのブログがあります。ぜひご覧ください。
- 相互リンクについて -
 当ブログはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はメールフォームからご連絡いただけると助かります。また、当ブログで使用しているyoutube動画もリンクするなり埋め込むなり、お好きにジャンジャン使っていただいて構いませんが、公序良俗に反するサイトや悪意のある使い方はお断りさせていただきます。
当ブログにおける免責事項
  自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-(以下、当ブログ)は素人のおっさんが、自分で使った商品の感想を主観で記載しています。したがって、当ブログ内に記載されている商品の感想や情報によって被った、いかなる損害もこれを保障することはできません。当ブログ内に記載されている商品は、必ずご自身でもお調べになってから、ご自身の責任でご購入ください。
  当ブログ内には、特定の商品をメーカーや商品名を実名で記載し、画像もつけて紹介しておりますが、正直な感想を記載することをモットーとしているため、時に商品の販売において不利益となる感想を記載する場合があります。万一、当ブログの勘違いなどで不利益を被るような内容が記載されていれば修正・削除に応じますのでご連絡ください。ただし、真実が記載されているにも関わらず、商品の感想が芳しくないからといって削除する気は毛頭ありません。



自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。