~自分のための商品レビュー~

家電、パソコン周辺機器、カメラ、マンガ、小説、お酒やコーヒーなど、個人的に好きなもの、新製品やおすすめ商品を比較、感想を書いたレビューブログです!
~自分のための商品レビュー~ TOP  >  家電
Since October 2015

スマホで疲れた目に!USB充電式ホットアイマスク


昔はゲーマーとかパソコンを使って仕事をする方が目の疲れを訴えるのが主だったと思いますが、今となっては仕事でパソコンを使うなんて普通ですし、ゲーマーでなくともスマホで眼精疲労に陥っている方も多いんじゃないでしょうか。

今日ご紹介するのは、そんな時にお手軽に目元の血行を促進して解すことが出来るホットアイマスクです。



【お手軽充電】
このアイマスクは電気の力を利用して、目元を暖かくしてくれるのですが、電池式やコンセント式ではなく付属のUSBケーブルで充電する仕様になっています。今はUSBポートから給電する機器が増えているので、こちらの方が良いかもしれませんね。

また、モバイルバッテリーから給電する事も可能なので、手持ちのモバイルバッテリーと併せて使用すると場所を選ばずにリラックスする事ができますよ。

【目だけじゃない】
アイマスクなので本来は目元に使用する製品なのですが、バンド部分の調節が広く出来るので首に巻いたり、頭に巻いたりして使用する事も出来ます。僕は目元にしか使ったことはないのですが、肩こりなどにも使えると言う事のようですね。

【温度調整機能】
アイマスクの温度設定は5℃刻みで3段階の調節が可能です。気持ちの良い暖かさと言うのは人それぞれでしょうし、長い時間アイマスクを着用する時間的な余裕があるのか、可能な限り短時間で効果を感じたいのか・・・等によって調整する事も出来るかもしれませんね。

動画でもレビューしています!


【タイマー機能で寝落ち対策】
温度調整機能の他に、20分と60分の2段階でタイマーを設定する事が出来ますので、気持ちよくてそのまま眠ってしまっても大丈夫。もちろん、タイマー設定をせずに使用する事も可能ですが、目元がポカポカと気持ち良い上に、ず~っと目を瞑っていると眠るつもりじゃなくても眠っちゃう事があるので、念のために設定しておいた方が良いかもw

【オマケ付でお得】
本製品には専用ポーチと耳栓がオマケで付属しています。専用ポーチは本体を二つ折りにして収納するとちょうど良い程度のサイズでした。自宅だけで使用するのであれば不要な品かもしれませんが、旅行先でも使いたいと言うような場合には便利ですよね。耳栓に関しては、アイマスクで光を遮断した上に音まで遮断すると、もう完全に眠ってしまいますよ。

【まとめ】
歳のせいもあると思うのですが、僕は仕事でパソコン作業が多い上にこうしてブログなんかもパソコンで書き込んでおり、しかもスマホもよくいじるしゲームも大好きなので眼精疲労による頭痛なんかも日常茶飯事で体験しています。

頭痛が来そうな時は何となく感覚で解るのですが、だからと言って今まで頭痛薬以外には何も対策をしてきませんでした。

薬の飲み過ぎも良くなさそうですし、今度からは「目を酷使したなぁ」と思った時には10分でも20分でも本製品で目を労わってやろうかなと思います。
[ 2018年04月26日 17:00 ] カテゴリ:家電 | TB(0) | CM(-)

普通の電球がセンサーライトに!人感センサー付き E26口金が便利です!




【今ある電球を有効活用】
僕はセンサーライトが好きで、乾電池式のものは結構な数を持っているのですが、点灯頻度の高い場所に置くと電池がすぐに切れてしまうのが面倒です。そこで、トイレや玄関などはセンサーを内蔵している電球に交換していく事にしたのですが、そうした電球は割とお高いんですよね。

本製品は比較的安価な値段でありながら、今使っている手持ちの電球をそのままセンサーライト化できるのが魅力的です。

【作動範囲】
センサーがソケット部分の影になるような仕様なので、きちんと作動するのか不安はあったのですが、実際に使用してみるとグルリと360°、どの方向から近づいてもきちんと作動してくれました。説明には作動距離は6mと記載があったのですが、実際に使用してみた限りでは3~4mと言う感じがします。まぁ、そのくらいの距離で作動してくれる方が実用上は便利な気がしますね。

【明るさの調整】
本製品の便利な機能の一つとして、明るさの調整が出来ると言う点があげられます。これは調光できる・・・と言う意味ではなくて、明暗センサーをどのくらいの暗さになったら作動させるか調整できると言う事です。

ウチは、この製品を日当たりの良くない場所で使用しているので、時間帯によってはライトが必要ないにも関わらず作動してしまっていました。この部分を調整して、かなり周囲が暗くならないと作動しないように設定できちゃうと言うのが魅力的でした。

SnapCrab_NoName_2018-4-21_15-26-57_No-00.jpg

【点灯時間の調整】
もう一点、便利な機能としては点灯時間が調整できると言う点。秒単位で細かく設定できる訳ではありませんが、センサーが作動してライトを点灯した後、どのくらいの間、点灯させておくか調整する事ができます。

設置する場所がトイレだと、あまりにもすぐに消灯されると暗闇で便座に座ることになりますし、逆に階段なんかだろ通り過ぎたあと、ややしばらく点灯しっぱなしと言うのも勿体ないですよね。

この辺を、だいたいにはなりますがお好みで設定できるのも本製品の魅力ではないでしょうか。

【結構目立つ】
ここまでメリットばかり書きましたが、もちろんデメリットもあります。それは製品本体のゴツさ。本体そのものがセンサーの分大きいのに加え、さらにここに市販の電球を取り付ける訳ですから、相当の大きさになります。僕は普通に傘のついたデスクライトに設置してみたのですが、余裕で傘からはみ出します。

あまり目立たない場所(トイレとか)に設置するのならともかく、人目に触れる場所(リビングとか)だと、遊びに来た人に「何コレ?」って言われそうですw

【まとめ】
センサー付の電球は色々な種類を販売しているのですが、点灯時間やセンサー作動の明暗を調整できるようなものはあまり無いですよね。意図しないタイミングや明るさでセンサーが作動してしまって困っているような方は、この製品を使ってみると良いかもしれません。

今、普通の電球がたくさん予備で置いてあるけれど、センサー付きにしたいなぁと言う方にもお勧めですよ。

[ 2018年04月22日 17:00 ] カテゴリ:家電 | TB(0) | CM(-)

大人気品薄! 充電器不要で直接充電できちゃう サンコー乾電池



使い捨ての電池を使用するよりも、気分的に充電池を使用する方が「勿体ない」と言う気持ちにならないので、ウチではテレビのリモコンからセンサーライト、電動歯ブラシや子供のオモチャまで、すべて充電池を使用しています。

そうなると充電がマメに必要になるのですが、充電器を何台も容易するのは面倒なので、僕は単二~単四まで1台で充電できちゃうこちらの充電器を使用しています。

これはこれで非常に便利なのですが、困るのはそのサイズ。

単二型まで充電できるので当然と言えば当然ですが、デカイんですよねw
これだと、外出先などに持ち出すのはとっても邪魔。

今日ご紹介するのは、そんな時でも全く荷物を気にする必要のない、珍しい「直接充電できる乾電池」です。



【電池に直挿し】
この乾電池、なんと電池そのものにmicro-USBジャックを備えています。電池を使い切ったら、このジャックに直接micro-USBケーブルを挿すことで充電できちゃうと言う訳ですね。よくよく考えれば、何で今まで無かったんだろうと言うくらい単純な製品ですが、それをすぐに製品化してしまうあたりが、サンコーの魅力ですね。

【ラインナップは5種類】
電池サイズのラインナップは単一、単三、単四の良く使う大きさに加えて、日本ではあまり仕様しない18650型電池、それに9Vタイプの電池です。それら一つ一つにmicro-USBジャックを備えていますから、電池サイズが違うからと言ってケーブルを別に準備する必要はありません。

【四つ又ケーブル】
さて、問題は電池は2本とか4本とか、ある程度まとめて一度に使用する場面が多いと言う点です。電池1本につき、ジャックが一つですから、4本の電池を充電したい時には4本のケーブルと4か所のコンセント(又はUSBポート)が必要になるの!?って思いますよね。

その辺はメーカーさんもきちんと考えてあって、同メーカーさんからは先端が4つに分かれているmicro-USBケーブルも発売。これを使えば1本のケーブルで同時に4個の電池が充電可能になります。

SnapCrab_NoName_2018-4-21_14-59-53_No-00.jpg

【割高感は否めない】
本日現在の価格設定は単三電池2本で1,780円になっています。僕が日頃から使っているAmazonの充電池が同じくらいの価格で8本入りですから、価格的には相当割高です。

家中の電池をこの製品に置き換えるとなると、大出費になっちゃうと思いますので「持ち歩く機器用」だけこの製品に置き換える・・・等と使う場面を決めて購入した方が良いですね。

【まとめ】
普及してくれば価格がもう少し安くなるのかもしれませんが、本日現在は上記の通り割高なので、たくさん購入してガンガン使うと言う訳にはいかなそう。しかし、外出先で不意に電池が切れた時に充電器なしでも充電できた方が便利な製品、例えば僕の場合はカメラのフラッシュや子供が車の中で見るポータブルDVDプレイヤーなんかで使うには便利そうです。

もう少し価格が安くなったら良いのに~と思いますw

[ 2018年04月21日 17:00 ] カテゴリ:家電 | TB(0) | CM(-)
検索フォーム
Twitter on FC2
Twitterで更新情報などつぶやいてます! よろしければフォローを是非!!
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

商品の感想はできる限り正直に記載しておりますが、記事に問題があればご連絡ください。
Blog ranking
色々な商品をレビューされているたくさんのブログがあります。ぜひご覧ください。
- 相互リンクについて -
 当ブログはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はメールフォームからご連絡いただけると助かります。また、当ブログで使用しているyoutube動画もリンクするなり埋め込むなり、お好きにジャンジャン使っていただいて構いませんが、公序良俗に反するサイトや悪意のある使い方はお断りさせていただきます。
当ブログにおける免責事項
  自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-(以下、当ブログ)は素人のおっさんが、自分で使った商品の感想を主観で記載しています。したがって、当ブログ内に記載されている商品の感想や情報によって被った、いかなる損害もこれを保障することはできません。当ブログ内に記載されている商品は、必ずご自身でもお調べになってから、ご自身の責任でご購入ください。
  当ブログ内には、特定の商品をメーカーや商品名を実名で記載し、画像もつけて紹介しておりますが、正直な感想を記載することをモットーとしているため、時に商品の販売において不利益となる感想を記載する場合があります。万一、当ブログの勘違いなどで不利益を被るような内容が記載されていれば修正・削除に応じますのでご連絡ください。ただし、真実が記載されているにも関わらず、商品の感想が芳しくないからといって削除する気は毛頭ありません。



自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。