INDEX    RSS    ADMIN

安定感抜群!据え置くならこの形!Bruck 急速充電チャージャー レビュー



【安定感】
こうした充電器の一般的な形状は単なる四角いBOXタイプかと思いますが、それだと何かの拍子にケーブルを引っ張った時に「パタン」と倒れてしまう事が良くあります。本製品は画像の通り、底広のどっしりとした形状なので安定感はかなり高いと言えますね。

【充電能力】
全5ポートあり、5つの危機を同時に充電可能です。40Wまでの充電が可能と言う事なので40Wで5ポートなら、大抵の場合は不足は感じないのではないでしょうか。また、Quick Chargeにも対応しているので、対応機種であれば高速で充電が可能です。対応していない場合でも、出力自動判別機能を搭載しているので、勝手に機器に最適な電圧で充電してくれますよ。

【安全機構】
上記に記載した出力自動判別機能により機器の故障を防ぐ他、万一、内部温度が高くなった場合に出力を自動的に停止する機能も搭載しています。過電圧、過充電などにはならないようなので安心ですね。

SnapCrab_NoName_2017-5-6_14-48-48_No-00.jpg

【コスパ】
本日現在の価格は1,680円と同種の機器の中では安価なほうだと思います。ポート数が5つで十分と言う場合には購入対象としても良さそうです。ポート数がもっと必要だと言う場合には、もう少しお値段が上がってしまいますが、他社の製品を検討した方が良いでしょう。それでも、5ポートで一般的な機能はほぼついていて、価格が千円台と言うのはお買い得かもしれませんね。

【まとめ】
最近はスマホだけでなく、何でもかんでもUSBから電源を取る物が増えていますね。僕の部屋の場合はスピーカーや時計への充電、卓上扇風機やデスクライト、おまけに喫煙者なものでiQOS(アイコス)までもがUSB充電で、ポートはいくらあっても足りないくらいです。

本製品は安価なのも助かるのですが、置いて使用する場合に安定感があるのが地味に助かっていますよ。デメリットは5ポートの製品としては大きくて場所を取る事ですが、この点は安定感とトレードオフなところがありますし仕方がないですね。

このお値段でキーボードとマウスがセット!コスパ優秀 Qtuo ワイヤレス キーボード&マウスセット レビュー



【ケーブルレス】
キーボードやイヤホンに限った事ではないかもしれませんが、無線で接続されると言うのはケーブルの煩わしさから解放されるので良いですよね。特に僕のように狭いデスクで使用するとなると、ケーブルが意外と邪魔になるので助かっています。

【反応も上々】
いくらワイヤレスでスッキリするとは言っても、キーやマウスをクリックした時の反応が鈍かったりするとストレスになります。僕はデスクの足元に置いたパソコンにレシーバーを差し込み、本製品をデスク上で使用していますが、操作時の反応は有線の品と遜色ありませんでした。

【コスパ】
仕事で自宅のパソコンを多用するような方は別かもしれませんが、僕はほぼ趣味や遊びでしか使用しませんので、キーボードやマウスに高額な品を購入するのは躊躇われます。本製品はキーボードとマウス、それにレシーバーがセットなのに安価ですから助かりました。

ちなみに、それぞれ単品でも販売しているようですが、どちらも必要なのであればセットで購入した方が安価ですし、レシーバーも一つあればキーボード、マウスの両方を操作できるのでオススメです。

【操作感】
手にした感じは、効果なマウスやキーボードのようなカッチリ感は感じませんが、それでもすぐに破損してしまうようなヤワな印象も受けません。キータッチやマウスのクリック感も特別カッチリとしている訳でもなく一般的だと思います。安価だと妙にフニャリとしたクリック感の製品もありますが、そんな感じではありませんでした。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【防水機構】
試した訳ではありませんが、防水機構付であると謳っています。さすがに水没させればダメでしょうが、時々デスクの上でコーヒーなんかを零してしまうことがあるので、その程度には耐えてほしいなと思います。見た感じは特別内部に水分が侵入し難い作りになっているようには見えませんでした。

【キー配列】
本製品はJISキーボードで一般的な109キー配列です。JISキーボードでなくても使用は出来ますが、やっぱり慣れた形状のほうが良いですよね。仕事先で使っているキーボードと何らか植わらない配列なので自宅での作業も違和感なく行えました。

【電池】
キーボードは単四電池2本、マウスは単三電池1本で駆動します。充電池でも問題なく動きますが、電池BOXのサイズが割とギリギリなのか、電池の出し入れがし難かったです。電池の持ちはそれぞれ1年程度は電池交換せずに使用できると言うのがメーカーの公称値ですが、まだそこまで使用していないので、もしも公称値よりも大幅に早く電池が切れるようなら追記しますね。

【まとめ】
先日、完全ワイヤレスイヤホンと言うのをレビューしてから「ケーブルがない」と言う事に拘るようになってしまいましたw
イヤホンの時にも思ったのですが、有線の製品の方が安価に売っている場合が多いですし、キーボードやマウスのケーブルだって、そんなにものすごく長い訳じゃないんだから・・・と思っていました。

でも、1回ケーブルレスを経験してしまうとダメですねw

ワイヤレスである事に慣れてしまって、これまでは気にならなかったケーブルが気になるようになってしまいました。デスクの上もスッキリしますし、今後は多少であれば高くついてもワイヤレスの製品を購入するようにしたいなと思いました。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。

手軽にホームシアターを始めよう!ホームシアター入門機 ミニプロジェクター RAGU RG1000 レビュー



【画質】
1500ルーメンの明るさで投射してくれます。この明るさは昼間だと、やや見難さを感じますが暗所だとクッキリと映し出してくれる明るさだと思います。昼間にカーテンを閉め切って、明かりの漏れを防げば使えない事はありませんが、やはり暗所と同じクッキリ感を得ることは難しいです。

ビジネス等で、ある程度の明かりの下で使用する事を想定しているのであれば他の機種を検討した方がよいかもしれません。

僕は簡易的なホームシアターとしてDVD再生に使いましたが、夜間の暗所であれば100インチ程度の大きさでも十分キレイに楽しめましたよ。

【画面サイズ】
最小50インチから最大で130インチまでのサイズで投射が可能です。ただし、短焦点と言う訳ではないので130インチで見ようと思うと、スクリーン面との距離が4mくらい必要で、ウチのような小市民の住む住宅事情では、なかなか実現が難しいです。

2mちょっとくらいの距離で約100インチの大きさに投射できますが、このくらいであればウチでも実現できました。個人的には100インチもの大きさがあれば十分「大画面」感は得られましたよ。

【接続】
最近一般的なHDMI端子のポートも装備していますので、パソコンやゲーム機、DVDプレイヤー等との接続は容易です。さらにUSBポートとSDカードスロットも装備していますので、それらのメディアに入れた動画ファイルをそのままスクリーンに投射する事も可能です。ちなみにVGAポートも装備していますので、多少古い型のパソコンでも接続できると思いますよ。

自分のための商品レビュー


【音声出力】
一般的な3.5mmイヤホンジャックを装備していますので、ここに装着できるイヤホンやヘッドホン、スピーカー類はすべて使用可能です。本体自体にスピーカーも内蔵していて、音量的には申し分ないのですが、映画等を楽しむのであれば音質がショボいのでスピーカーはあった方がより楽しめそうです。

【台形補正機能】
商品説明には「台形補正機能がある」と明記されていますが、注意が必要なのは「縦方向の台形補正機能のみ」しか装備していないと言う点です。少し価格帯が上の製品になると左右の台形補正機能も装備していたりしますが、本機にはその機能はありません。

設置する高さは多少の自由度はありますが、左右の自由度は小さく、スクリーン面の正面に設置する必要があるとお考えいただいた方が良いでしょう。

【まとめ】
僕は完全にインドア人間なので、Amazonビデオ等を利用して、休日は映画を見て過ごすような事もあります。大画面で見ると迫力があって楽しいのは当たり前ですが、映画館まで行くのも面倒くさいんですよねw

本製品は比較的安価で、映画館とまでは言えずとも普通のテレビで観賞するよりは間違いなく迫力増しで楽しめると思いますのでオススメですよ。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。