INDEX    RSS    ADMIN

ズボラでも大丈夫!シヤチハタ ケズリキャップ レビュー

ウチには小学生の子供がいるのですが、これがまぁ、言われないと鉛筆も削らずに丸い芯のままで登校します。

自分もそんな子供だったので怒る事も出来ないんですけどねw

最近では鉛筆を使用する場面も少ないのかもしれませんが、ウチの子が通っている学校では、今でも子供は鉛筆持参じゃなきゃダメで、シャープペンなんかは禁止されているんですよね。

今日は、そんなお子さんをお持ちのお父さん、お母さんにおすすめの便利アイテムですよ。



【つけるだけ】
本製品は使用済みのペットボトルのフタを取って、かわりに装着するだけです。上部に開いている穴に鉛筆を差し込んで削ると、削りカスがペットボトルの中に溜まっていくという訳。これだと、マメに削りカスを捨てる必要もないのでズボラな僕(と子供)にはピッタリです。

【500mlのボトルで】
ウチでは500mlのペットボトルを消費する事が多いので、それを使っています。これ以上小さいと割とすぐに削りカスが溜まってしまってメリットを享受できないし、大きいとペットボトルを捨てる時に面倒なんですよね。

【ゴミの分別】
この点がやや面倒くさいのですが、中身は鉛筆のカスなので木ですし、ペットボトルは洗ってゴミに出さなければならないんですよね。中身の削りカスを最終的には取り出して分別しなきゃならないのだけが残念です。中身を入れたまま捨てられればもっと便利なのになぁ。

SnapCrab_NoName_2017-4-30_16-7-19_No-00.png

【用途別削り穴】
類似品は他にもあるようですが、本製品の違うところは、削るための穴が二つあるところ。片方の穴は鉛筆を刺さる程に尖らせてくれますが、もう片方は比較的丸いペン先に仕上がります。どうやら、文字を書く鉛筆は尖らせて、色を塗るための色鉛筆などは丸めにしておきましょうと言う事のようですね。

【まとめ】
アイデアは秀逸だと思います。安価な製品ですから耐久性に心配がありますが、今のところは全く問題なく使えています。本体が壊れるというよりも削るための刃がダメになるほうが早いのかもしれませんね。それでも本日現在の価格が300円ちょっとですから、1年くらい持てばよいなぁという気持ちで使用しています。

安くたっていいじゃない!BAGBONE カバンの骨 スタンダード

カバンがお好きな方もいらっしゃると思うのですが、僕はブランドとかも全くわからなくて、ただ好きなデザインのものを購入しています。

こだわりがないので、出来るだけ安いものを購入して使う事が多いのですが、一つだけ困る事があります。

僕が購入するような安価なカバンは、型崩れしやすく、デスクや床の上に置いた時に自立しないんですよね。

見た目はどうでも良いのですが、フニャリと崩れるとカバンの中の物もグチャグチャになってしまう事があって、不便だなぁと思っていました。

今日ご紹介するのは、そんな時にピッタリのアイテムです!



【サイズ調整可能】
本体の骨部分は変形可能になっていますので、お手持ちのカバンのサイズに合わせて変形させた上で底面にセットする事になります。底板代わりにゴムベルトが付属していますので、骨部分の底にそれをセットするだけです。

【背の低いカバンに】
トートバッグのような背の高いバッグに使用しても、上部はフニャリとなってしまいます。背の低いカバンだと、完全自立とまでは言いませんが、ある程度の効果を体感する事が出来ます。

【取り出しやすい】
本来の目的ではないのですが、コレを底面にセットすることで鞄の中身が取り出しやすくなりました。また、床等に置いた後だとカバンがフニャリとなってしまい、その状態から再度持ち上げた時に中身がゴチャゴチャになってしまうことがよくあったのですが、その頻度が減りました。

SnapCrab_NoName_2017-4-13_11-9-8_No-00.jpg

【コスパ】
本日現在の価格が1,580円です。質感的に「そのくらいかなぁ」と思わないでもないのですが、もともとが安価なカバンに使用する目的で購入した僕としては、もう少し安いと助かるなと思いました。ただ、同じような目的で販売されている製品も多くはないので、選択の余地もないのかなと思います。

【まとめ】
どうしても必要で欲しかった物と言う訳ではなく「あったら良いな」くらいの気持ちで購入しましたので、そのくらいの期待値だと満足できる作りです。ただ、これさえあればどんなカバンも自立できると言う訳でもないですし、実際にトートバッグに使用しても、あまり効果を体感できなかったので、期待し過ぎもどうかなと思います。

充電器付でお買い得!Relybo LED ハンディライト レビュー



【収納ケース付】
車載したり鞄に入れたりする時に便利な専用ケース付なのが良いです。ケースはプラスチック製で高級感がある訳ではありませんが、収納出来れば文句はありませんよね。
ただ、充電器を含め、すべてのパーツがこのケースに入って届いたのですが、一度出したら、どうしても不器用な僕にはすべてを収納する事が出来ませんw

そのくらい、サイズとしてはギリギリですね。

【充電器】
正直、同じようなライトが同じような価格で販売されていて、僕のようにライトにあまり詳しくない人間からすると、どれを買っても同じでしょと思っていたのですが、充電器付での販売は多くないので嬉しいです。しかも、充電器無しの製品と比較しても価格的には大差ないのもポイント高いですよね!

【充電ケーブル】
同梱されている充電器は、通常のAC電源用の他にUSBポートから充電するためのケーブルとシガーソケットから充電するためのケーブルが一緒に入っていました。僕はUSBポートからの充電を頻繁に使うのですが、個人個人の使い方に合った充電方法を選択できるのも良いですね。

【明るさ】
ライトの明るさは1200ルーメンです・・・と言われても僕はあまりピンと来なかったのですが、少なくとも自分の周囲を照らすのに不十分な明るさではありません。昔の電球式の懐中電灯と比較したら雲泥の差があります。

明るさは3段階に切り替えが可能で、その他にSOSモードとストロボモードを搭載しています。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【防水性】
IPX6相当の防水性能があり、少なくとも雨くらいであれば問題なく使用できそうです。ただ、説明書にはゴムパッキン等が経年劣化すると防水性を失うと記載されていましたので過信しすぎは禁物ですね。

【充電池】
電池は単三電池と18650電池のどちらかを使用します。単三電池を使用する場合は専用のアダプタにセットして本体へ、18650電池の場合も内部で電池が動かないように筒状のパーツに入れてセットします。

単三も18650もどちらとも充電池が使用できますので経済的です。18650充電池は本体の中に最初から入って届きますので、これを使用すれば届いてすぐにライトが使えますね。

【自転車固定用パーツ】
単なるハンディライトとしてだけでなく、同梱のパーツを使えば自転車に固定して使用する事も可能です。防水性もありますし、自転車用のライトとして使用するのもありかもしれませんね。

【まとめ】
ハンディライトは少なくとも一家に一台は必要ですよね。わざわざ今お持ちの物を買い替える必要まではないと思いますが、一つもお持ちじゃない方や古くなったので買い換えようかなと言うタイミングの方であれば本製品を購入対象として検討しても全く問題ないと思います。

価格に対して、電池や充電器、専用ケース等の付属品が充実していますので、おすすめですよ。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。