INDEX    RSS    ADMIN

車のウィンドウも破壊できる頑丈さ!Eonfine LED ハンディライト レビュー



【光量】
装着されているLED電球はメーカー公称値で10万時間の長寿命だそうです。本当か!?と思うのですが、10万時間が大袈裟だとしても、それなりに長持ちしてくれるのなら不満はありません。

明かりの照射範囲を変更できる仕様になっており、ライトの柄の部分にあるリング状のパーツを回転させる事で照射範囲が変わります。一番照射範囲を広くすると、そのかわりに光の到達距離が短くなり、照射範囲を一番狭くすると、そのかわりに遠くまで光が届くようです。

【大きさ】
最近は技術の進歩のおかげなのか、手のひらサイズの小さいハンディライトでも、驚くほど明るい製品も売っていたりするようですが、本製品は結構ゴツいです。少なくとも手のひらサイズとは言えませんし、重みもそこそこありました。

【頑丈】
サイズが大きいかわりに相当頑丈に出来ているんだなぁと言う印象は受けます。特にライトのテール部分は突起になっていて、車輌に閉じ込められたような場面でウィンドウを割る事が出来るようです。

SnapCrab_NoName_2017-2-28_15-5-27_No-00.jpg

【点灯モード】
点滅、弱、強の3モードから点灯モードを選択する事が出来ます。点滅は緊急時に使用するとして、弱と強の2段階と考えてよいのではないでしょうか。照射範囲の選択と併せて使用する事で、ご自身にちょうど良い灯りになると思います。

【バッテリー】
18650電池と言う、日本ではあまり馴染みのない電池を1本使用します。今日現在はAmazonでも普通に販売しており、2本セットで1,000円くらいのものからありました。ヘビーユーザーは充電池を使用した方がお得かもしれませんが、その場合は概ね3000m/Ah前後の容量で1本、1,000~1,500円くらいが相場でしょうか。

【防水機能】
どの程度の防水レベルなのか記載がなくてわからないのですが、少なくとも完全防水ではないとの事なので水没はアウトですね。雨に濡れる程度は大丈夫だと思いますが、あまり過信しない方が良いかもしれません。

【まとめ】
最近は停電に見舞われることもあまりなくなりましたが、それでも1本くらいはハンディライトを所有しておきたいですよね。価格的にもそんなに高くないですし、ヘビーユーザーでなくても、玄関先に一つ置いておく用途で購入しても良いのではないでしょうか。

その場合、電池種類が聞き覚えがないと言う所が引っかかる方も多いかもしれませんが、一度Amazonで購入すればかなり持ちますし、そんなに心配しなくても大丈夫でした。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。

角がいっぱい!1行だけをキレイに消せる コクヨ ミリケシ レビュー

大人になると学生時代ほど鉛筆やシャープペンを使うことが無くなります。

でも、仕事でメモを取るとか、仕事で使用する資料に下書きするとか、そうした機会では使うこともあって、全く使用しない訳でもないですよね。

メモや下書きなら、別にキレイに書く必要もないのかもしれませんが、後で見返す時にはやっぱりキレイな方が良いです。

今日ご紹介する製品は、学生さんはもちろん、社会人でもおすすめできる目からウロコの消しゴムです!



【角がいっぱい】
新しい消しゴムは細かい箇所も消しやすいですよね。それはひとえに新しい消しゴムには「角があるから」だと思います。角っこで消すと細かく消せますよね。本製品はその「消しゴムの角」がいっぱいある製品です。

【発想がなかった】
後だしジャンケンのようで申し訳ないのですが、実際に製品を見てみると、こんなの誰でも思いつきそうだなぁと思っちゃいます。でも、僕が学生の頃には無かったですし、自分でも思いつかなかった訳ですから、やっぱりコレを考えた人は凄いんだろうなと思います。

【サイズ別】
この消しゴムの凄いところは、ただ単に角がいっぱいあるだけでなく、5つある角のサイズが全部違うと言う点です。これにより、消したい部分のサイズ別にベストな「角」を選択して使用することが出来ます。

実際に使ってみると解るのですが、一番細い「角」部分だけがあれば良いかと言うと、そういう訳でもなく、もう少し広く消したいなぁと思う場面が必ずあります。広く消したいのに角が細いと、手間がかかって面倒くさいです。本製品はその辺にも配慮されていると言う事ですね。

study_daigakusei_man.png

【価格】
同じくらいのサイズは文房具店では100円くらいで販売しているのに対して、本製品は本日現在200円程度の価格で販売しています。価格は安くても、通常の製品の倍すると言う訳ですね。

この価格差が小さくなれば一気に普及しそうな気もするだけに、メーカーさんには価格面で頑張って欲しいなと心から思います。

【丁寧に使おう】
形状的に、あまり力を入れ過ぎて使うと途中からボロっと折れてしまい易いんじゃないかなと思います。優しく優しく使用していれば大丈夫なんですけど、消しゴムを使うのはミスした時なので、時々「チッ」と力を入れてしまう事があるんですよねw

【まとめ】
学生時代の自分がそうだったのですが、ノートって最初の書き始めの頃って丁寧でキレイじゃないですか?
使っていくうちに徐々に雑な字になったり、消しゴムが不十分だったりする部分が増えていきますよね?
この製品は、字が乱雑になるのは避けられないかもしれませんが、キレイに消せることで、いつまでも見栄えの良いノートを維持できるんじゃないかなと思います。

使用頻度の少ない社会人はともかく、毎日のように消しゴムを使用する学生さんは持っていても良いんじゃないかなぁと思いました。

大ヒット御礼中の電子タバコIQOSに新型が登場!

ここ数か月、一般的な紙巻タバコは吸わずにIQOSばかりにお世話になっています。コスト的には紙巻のタバコを購入するのと大差ないので、何も良いことはないのですが、やっぱり臭いや煙の心配があまりないので、周囲に迷惑もかけないし、自分の部屋や車も臭くならないと言う点は魅力的です。

まだまだ品薄状態のIQOS(アイコス)ですが、どうやら新型が発売されるようですね。
最初のうちは品薄で手に入らないのでしょうが、とても興味があります!



【IQOS 2.4 Plus】
呼称はIQOS 2.4 Plusと言うそうです。価格は税込で10,980円を予定しているようなので、どうやら今までの製品と同じくらいで済みそうです。既にIQOSストアで先行販売が開始されていますが、コンビニ等で入手できるのは、もう少し先になりそうですね。

【充電時間】
旧型のIQOSは、実際に吸う部分にあたるアイコスホルダーを充電しなければなりません。これは6分程度の時間を要するので、2本、3本と連続で吸うことは出来ず、最低でも6分の間隔をあけて吸うしかありません。

新型ではこの部分を短縮し、約5分で充電が完了するようになったみたいですよ。

【バイブレーター機能】
旧型にはない機能として、バイブレーター機能が付加されています。過熱の開始時と終了時にそれぞれ震えて教えてくれるようなので、ボ~ッと手に持っていても見逃すことはありませんね。また、デバイスの状態を示すライトも高輝度LEDに変更されて、見やすくなっているようです。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【過熱ブレード】
IQOSはヒートスティックと呼ばれる、たばこ葉を過熱ブレードに挿すことで発生した蒸気を楽しみます。新型はこの過熱ブレードのコーティング技術にも改良が加えられ、今までよりも一層味わい深い時間を楽しめるようになっているとの事です。

【フレーバーも追加】
今までヒートスティックは、レギュラー、バランスドレギュラー、メンソール、ミントの4種でした。レギュラーは普通のタバコの喫味に近く、バランスドレギュラーはそれよりも少し軽めのタバコの感覚。メンソールは紙巻きタバコと同様にスッキリとした喫味で、ミントはそれよりもメンソール味が軽めといった感じでした。

今回はIQOSの新型と同時に、マールボロ・ヒートスティック・スムース・レギュラーとマールボロ・ヒートスティック・パープル・メンソールの2種が追加になっています、早く試してみたいですね!

【まとめ】
究極の目標は禁煙ですが、僕は何度も禁煙に失敗していますので自信がありません。最終的に禁煙にはならないかもしれませんが、その為の通り道としてIQOSを試すのは悪くないかもしれません。紙巻タバコよりも大幅に有害物質をカットできていると言う話ですしね。

もちろん、禁煙目的でなくとも、臭いや煙の問題がなくなるだけでもメリットはありますよね。

正直なところ、紙巻きのタバコと比較して、吸った時の満足感はIQOSの方が低いですが、それでも、慣れてしまえば、そう苦痛でもなかったですよ。