自分のためのレビュー普通の電球がセンサーライトに!人感センサー付き E26口金が便利です! - ~自分のための商品レビュー~
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

普通の電球がセンサーライトに!人感センサー付き E26口金が便利です!




【今ある電球を有効活用】
僕はセンサーライトが好きで、乾電池式のものは結構な数を持っているのですが、点灯頻度の高い場所に置くと電池がすぐに切れてしまうのが面倒です。そこで、トイレや玄関などはセンサーを内蔵している電球に交換していく事にしたのですが、そうした電球は割とお高いんですよね。

本製品は比較的安価な値段でありながら、今使っている手持ちの電球をそのままセンサーライト化できるのが魅力的です。

【作動範囲】
センサーがソケット部分の影になるような仕様なので、きちんと作動するのか不安はあったのですが、実際に使用してみるとグルリと360°、どの方向から近づいてもきちんと作動してくれました。説明には作動距離は6mと記載があったのですが、実際に使用してみた限りでは3~4mと言う感じがします。まぁ、そのくらいの距離で作動してくれる方が実用上は便利な気がしますね。

【明るさの調整】
本製品の便利な機能の一つとして、明るさの調整が出来ると言う点があげられます。これは調光できる・・・と言う意味ではなくて、明暗センサーをどのくらいの暗さになったら作動させるか調整できると言う事です。

ウチは、この製品を日当たりの良くない場所で使用しているので、時間帯によってはライトが必要ないにも関わらず作動してしまっていました。この部分を調整して、かなり周囲が暗くならないと作動しないように設定できちゃうと言うのが魅力的でした。

SnapCrab_NoName_2018-4-21_15-26-57_No-00.jpg

【点灯時間の調整】
もう一点、便利な機能としては点灯時間が調整できると言う点。秒単位で細かく設定できる訳ではありませんが、センサーが作動してライトを点灯した後、どのくらいの間、点灯させておくか調整する事ができます。

設置する場所がトイレだと、あまりにもすぐに消灯されると暗闇で便座に座ることになりますし、逆に階段なんかだろ通り過ぎたあと、ややしばらく点灯しっぱなしと言うのも勿体ないですよね。

この辺を、だいたいにはなりますがお好みで設定できるのも本製品の魅力ではないでしょうか。

【結構目立つ】
ここまでメリットばかり書きましたが、もちろんデメリットもあります。それは製品本体のゴツさ。本体そのものがセンサーの分大きいのに加え、さらにここに市販の電球を取り付ける訳ですから、相当の大きさになります。僕は普通に傘のついたデスクライトに設置してみたのですが、余裕で傘からはみ出します。

あまり目立たない場所(トイレとか)に設置するのならともかく、人目に触れる場所(リビングとか)だと、遊びに来た人に「何コレ?」って言われそうですw

【まとめ】
センサー付の電球は色々な種類を販売しているのですが、点灯時間やセンサー作動の明暗を調整できるようなものはあまり無いですよね。意図しないタイミングや明るさでセンサーが作動してしまって困っているような方は、この製品を使ってみると良いかもしれません。

今、普通の電球がたくさん予備で置いてあるけれど、センサー付きにしたいなぁと言う方にもお勧めですよ。

関連記事
スポンサーサイト