~自分のための商品レビュー~

家電、パソコン周辺機器、カメラ、マンガ、小説、お酒やコーヒーなど、個人的に好きなもの、新製品やおすすめ商品を比較、感想を書いたレビューブログです!
~自分のための商品レビュー~ TOP  >  その他 >  IQOSのキック感が物足りない方に!Ocean-C Q1 IQOS2.4互換機
Since October 2015

IQOSのキック感が物足りない方に!Ocean-C Q1 IQOS2.4互換機




【燃焼温度が調整できる】
アイコスのヒートスティックを過熱する温度を230℃~280℃の範囲で任意に選択する事が出来ます。始めは、この意味が良くわからなかったのですが、実際に使用してみると温度が高い方が吸った時のキック感が強いので、自分好みのキック感を感じながら吸えるのがメリットですね。

僕の場合は、最初は280℃で使用してみたのですが、ちょっとキック感が強いと感じるくらいだったので、今は260℃くらいで使用しています。体感になりますが、これでも IQOSよりは少しキック感が上のような気がしています。

【チェーンスモークが可能】
IQOSの弱点と言えば、連続で2本、3本と吸えないと言う点だと思うのですが、本製品では電池が切れない限りはその制限がないのでチェーンスモークが可能です。あまり身体に良いことではないでしょうが、いわゆる吸い溜めしておきたい場面ってありますよね!?

【過熱効率が良さそう】
吸った後のヒートスティックを比較すると、 IQOSで使用した物よりも、本製品で使用したものの方がムラなく過熱されているのが見た目でわかります。その分、強いキック感につながっているんだろうと思いますが、逆に過熱温度を上げるとスティック周りの紙部分が焦げているのも見た目でわかります。実際に280℃で加熱して吸ってみると、やや焦げ臭い感じを受けましたので、温度の高低は一長一短あるようです。

動画でもレビューしています!


【ハズレ対策に使える】
IQOSを長いこと使用している方であれば伝わると思うのですが、ヒートスティックには当たり外れがあります。外れに当たるとキック感どころか全く吸っている感じもせずにスカスカですよね。

本製品は、ブレードレス構造で360度全方位から過熱する仕組みが影響しているのか、今のところ、この外れスティックに当たった事がありません。偶然かもしれませんが、もう10箱分くらいは吸っているので、1本もハズレが混ざっていないと言うのは考えにくいんですよね。

断言はできませんが、外れスティックもきちんと吸える仕組みなんじゃないのかなと感じています。

【デザイン】
LEDディスプレイには、現在の過熱温度とバッテリーの残量が表示されています。簡単なライトの点滅や点灯だけでも良いと言えば良いのですが、こちらの方が見やすいのは確かですよね。バッテリーライフは温度設定にもよるのでしょうが、満充電の状態から7.8本くらいは充電なしで吸う事ができています。

【まとめ】
IQOSが故障したら困るのでサブ機的な位置づけで購入したのですが、加熱温度を設定して好みのキック感が得られると言う点が気に入ってしまって、現在は純正 IQOSをサブ機にして本製品をメインで使用しています。

価格差は純正品とそう大きな差はないので、純正品を購入しても良さそうですが、 IQOSのキック感に不満があると言う方はこの製品を試してみても良いんじゃないかなと思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018年02月22日 17:00 ] カテゴリ:その他 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
Twitter on FC2
Twitterで更新情報などつぶやいてます! よろしければフォローを是非!!
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

商品の感想はできる限り正直に記載しておりますが、記事に問題があればご連絡ください。
Blog ranking
色々な商品をレビューされているたくさんのブログがあります。ぜひご覧ください。
- 相互リンクについて -
 当ブログはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はメールフォームからご連絡いただけると助かります。また、当ブログで使用しているyoutube動画もリンクするなり埋め込むなり、お好きにジャンジャン使っていただいて構いませんが、公序良俗に反するサイトや悪意のある使い方はお断りさせていただきます。
当ブログにおける免責事項
  自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-(以下、当ブログ)は素人のおっさんが、自分で使った商品の感想を主観で記載しています。したがって、当ブログ内に記載されている商品の感想や情報によって被った、いかなる損害もこれを保障することはできません。当ブログ内に記載されている商品は、必ずご自身でもお調べになってから、ご自身の責任でご購入ください。
  当ブログ内には、特定の商品をメーカーや商品名を実名で記載し、画像もつけて紹介しておりますが、正直な感想を記載することをモットーとしているため、時に商品の販売において不利益となる感想を記載する場合があります。万一、当ブログの勘違いなどで不利益を被るような内容が記載されていれば修正・削除に応じますのでご連絡ください。ただし、真実が記載されているにも関わらず、商品の感想が芳しくないからといって削除する気は毛頭ありません。



自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。