INDEX    RSS    ADMIN

カメラ好き以外はどうでも良い商品!でも便利ですよ!SHOOT ジンバル雲台 レビュー



【360°可動】
本製品に一眼レフ等を固定した上で、三脚の位置はそのままにグルリと360°回転させる事が出来ますので、設置後にアングルを変えたいような場面では楽かなと思います。また、ブランコのように前後にスイングさせて、任意の角度で固定する事も可能なので自由度は高いと思います。

カメラの高さをかえる事なんかも出来ますので、三脚と一緒に一つあるとかなり便利なアイテムだと思いました。

ただ、動画を撮影したままで映像をパンしたりするような使い方は、回転がスムースとは言えないのでオススメできないですね。

【耐荷重】
本製品の耐荷重は18kgまでとなっています。僕のような素人が一眼レフやビデオカメラを趣味で使う時にこれだけの重さになる事はまずないので耐荷重に問題は感じません。ただ、本体そのものが割と重いので、手軽にどこへでも一緒に持っていけるような品ではないですね。

【ネジサイズ】
一般的なデジカメに多い3/8インチサイズに対応していますが、1/4インチ用の変換アダプタもありますので、たいていのカメラで使用できると思って良いのではないでしょうか。僕はcannonのEOSシリーズが好きなのですが、手持ちのどのカメラでも使用は可能です(当たり前かw)

【自分のための商品レビュー youtube版】


【水平器】
三脚にもついていたりしますが、本格的にカメラを楽しまれる方のために本製品にも水平器が装備されています。僕のような適当な趣味程度に楽しんでいる人間はそこまで気にしないので殆ど使っていませんけどねw

【ここがイマイチ】
本製品にはカメラの脱着が簡単に出来るようにクイックプレートがついているのですが、このプレートを固定するために廻すネジがカメラと干渉しやすい位置にあります。丁寧に廻さないとカメラの底面と干渉して傷をつくりそうで怖いです。

【まとめ】
カメラが趣味の方や、頻繁に撮影する機会のある方には興味深い製品かもしれませんが、それ以外の方にはどうでも良い製品ですよね。コレが数万円もするような品だと、僕のようなライトユーザーには手が出ませんが、5,000円程度で購入できるなら、便利だしあっても良いなぁと思いましたよ。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
関連記事
スポンサーサイト