INDEX    RSS    ADMIN

最近、ムチャクチャ使ってます!Pilot フリクションボール & フリクションイレーザー

仕事の予定等は手帳に書き込むようにしています。

今時はスマホで予定を管理するのが主流なんでしょうけど、何のかんのと言ってスマホを取り出して、アプリを起動して、打ち込むと言う一連の動作にモタつくのが僕らの世代ですw

結局は手帳にササッと書きこんじゃう方が早いんですよね~。

で、手帳に書き込むのは良いのですが、今度は急いで書き込むものだから間違う事が多いのに困ってました。

今さら感はありますが、今日ご紹介するのはそんな場面で重宝するPilot フリクションボール & フリクションイレーザーです!



【消せるって素晴らしい】
予定等を書き込むにはボールペンを使用します。鉛筆だと字が薄くて見難いのでそうなるんですが、ボールペンで間違えると取り返しがつきませんよね。
本製品はペンの頭部分についているイレーザーを使用する事で、ペンの濃い文字をキレイさっぱりと消す事が出来るのが最大の魅力です。

【カラーも色々】
ボールペンほどの種類はありませんが、フリクションボールにも赤、青、緑など様々なカラーが用意されていますので用途に合わせて準備できます。ペン先の太さも0.5mm、0.7mmと複数用意されていますので、こちらも用途に合わせて選ぶと良いですね。

個人的にはビジネス手帳等に使用するのであれば、0.5mm以下をおススめします!

【専用イレーザー】
本製品で記入した文字を消すには専用のイレーザーが必要です。普通の消しゴムでも、ムチャクチャ頑張れば消せない事はないのですが、薄く跡が残りますし時間もかかります。専用のイレーザーだと、鉛筆の文字を消しゴムで消すよりも力も使わずに簡単に消す事が出来ます。



【注意も必要】
消せるボールペンと言う種類の製品が発売されたのは、もう随分と以前の話ですよね。その間に、公的な書類や証明する性格の書類などでの使用が禁止されたり、一部試験でも使用が禁止されたりもしているようで注意が必要です。

また、フリクションボールで記載した文字はイレーザーの「摩擦熱」で消される仕組みになっています。従って、文字を記入した紙に一定以上の熱を加えると文字が消えてしまう事になります。大切なメモ等だと取り返しがつきませんので注意が必要ですね。

【まとめ】
注意点もありますが、使う場面を間違えなければ非常に便利な製品である事に変わりはありません。僕のように個人的な手帳に使う分には間違いなく便利ですし、他にもアイデア次第で用途は広がりそうですね。
関連記事
スポンサーサイト