INDEX    RSS    ADMIN

ズボラでも大丈夫!シヤチハタ ケズリキャップ レビュー

ウチには小学生の子供がいるのですが、これがまぁ、言われないと鉛筆も削らずに丸い芯のままで登校します。

自分もそんな子供だったので怒る事も出来ないんですけどねw

最近では鉛筆を使用する場面も少ないのかもしれませんが、ウチの子が通っている学校では、今でも子供は鉛筆持参じゃなきゃダメで、シャープペンなんかは禁止されているんですよね。

今日は、そんなお子さんをお持ちのお父さん、お母さんにおすすめの便利アイテムですよ。



【つけるだけ】
本製品は使用済みのペットボトルのフタを取って、かわりに装着するだけです。上部に開いている穴に鉛筆を差し込んで削ると、削りカスがペットボトルの中に溜まっていくという訳。これだと、マメに削りカスを捨てる必要もないのでズボラな僕(と子供)にはピッタリです。

【500mlのボトルで】
ウチでは500mlのペットボトルを消費する事が多いので、それを使っています。これ以上小さいと割とすぐに削りカスが溜まってしまってメリットを享受できないし、大きいとペットボトルを捨てる時に面倒なんですよね。

【ゴミの分別】
この点がやや面倒くさいのですが、中身は鉛筆のカスなので木ですし、ペットボトルは洗ってゴミに出さなければならないんですよね。中身の削りカスを最終的には取り出して分別しなきゃならないのだけが残念です。中身を入れたまま捨てられればもっと便利なのになぁ。

SnapCrab_NoName_2017-4-30_16-7-19_No-00.png

【用途別削り穴】
類似品は他にもあるようですが、本製品の違うところは、削るための穴が二つあるところ。片方の穴は鉛筆を刺さる程に尖らせてくれますが、もう片方は比較的丸いペン先に仕上がります。どうやら、文字を書く鉛筆は尖らせて、色を塗るための色鉛筆などは丸めにしておきましょうと言う事のようですね。

【まとめ】
アイデアは秀逸だと思います。安価な製品ですから耐久性に心配がありますが、今のところは全く問題なく使えています。本体が壊れるというよりも削るための刃がダメになるほうが早いのかもしれませんね。それでも本日現在の価格が300円ちょっとですから、1年くらい持てばよいなぁという気持ちで使用しています。
関連記事
スポンサーサイト