~自分のための商品レビュー~

家電、パソコン周辺機器、カメラ、マンガ、小説、お酒やコーヒーなど、個人的に好きなもの、新製品やおすすめ商品を比較、感想を書いたレビューブログです!
~自分のための商品レビュー~ TOP  >  music >  センチュリー どれでもBluetooth オーディオトランスミッター/レシーバー CBTTR-AV レビュー
Since October 2015

センチュリー どれでもBluetooth オーディオトランスミッター/レシーバー CBTTR-AV レビュー

手持ちのスピーカーをBluetooth化しました。

音楽を聞く時にはタブレットを使うのですが、このタブレットを外で聞く時にはイヤホンに接続し、部屋で聞くときにはスピーカーにケーブルで接続していました。

・・・面倒くさいw

センチュリー どれでもBluetooth オーディオトランスミッター/レシーバー CBTTR-AV


使い方は超簡単。

コレとスピーカーをステレオミニプラグケーブルで接続するだけ。

後は電源ボタンを長押しすればペアリング、普通に押せばON、OFFと言うだけのものです。

多少はケーブルで直接接続した時よりも音質が落ちるのかもしれませんが、僕程度のヘタれ耳では全然違いがわかりません。

さらに、コレは送受信の両方に対応しているので、僕は使いませんがBluetoothの送信側としても活躍してくれそうです。

電源は付属のUSBケーブル(普通のmicro-USB端子です)から充電します。
電池のもちは、受信時で6時間とのことですが、僕はUSBケーブルをつなぎっぱなしで使用しているので、実際のところは不明です。

送受信の範囲は公称10mですので、自宅内で使用する分は問題ないんじゃないでしょうか(豪邸にお住まいの方を除きw)

問題点は側面にあるON、OFFのランプがちょっと見難い事でしょうか。
それも、たいした問題ではありませんけどね。

それから、これ1台で複数の機器と接続できるのですが、同時接続はできません。まぁ、そうそう同時に接続するもんでもないでしょうが。一度ペアリングしてしまえば、次からは電源さえ入れれば勝手に接続されるので、不便は感じません。

機器を接続している間は、もちろん電源が落ちるような事はないのですが、接続が解除されると一定時間で電源がOFFになるようです。僕はタブレットとつなぎっぱなしにしておいて、外出から帰ったら、勝手にスピーカーとつながる・・・みたいな物を想像していたので、これは想定外w
ずっと電源ONのままなら良いのに~と思います。

今からスピーカーなどの機器を購入される方は、最初からBluetooth対応の機器を購入すれば良いんだと思いますが、もう機器を持っていてBluetooth化出来たらな~と考えている方には最適でしょう。

また、スピーカーで言うと、Bluetooth対応だと、それなりのお値段がしてしまいます。最初からBluetoothに対応していないスピーカーを安価で購入し、これを接続してBluetooth化した方が安上がりな場合もあるかもしれません。

必要に応じて是非、ご検討ください。



にほんブログ村 PC家電ブログへ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016年01月04日 17:00 ] カテゴリ:music | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
Twitter on FC2
Twitterで更新情報などつぶやいてます! よろしければフォローを是非!!
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

商品の感想はできる限り正直に記載しておりますが、記事に問題があればご連絡ください。
Blog ranking
色々な商品をレビューされているたくさんのブログがあります。ぜひご覧ください。
- 相互リンクについて -
 当ブログはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はメールフォームからご連絡いただけると助かります。また、当ブログで使用しているyoutube動画もリンクするなり埋め込むなり、お好きにジャンジャン使っていただいて構いませんが、公序良俗に反するサイトや悪意のある使い方はお断りさせていただきます。
当ブログにおける免責事項
  自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-(以下、当ブログ)は素人のおっさんが、自分で使った商品の感想を主観で記載しています。したがって、当ブログ内に記載されている商品の感想や情報によって被った、いかなる損害もこれを保障することはできません。当ブログ内に記載されている商品は、必ずご自身でもお調べになってから、ご自身の責任でご購入ください。
  当ブログ内には、特定の商品をメーカーや商品名を実名で記載し、画像もつけて紹介しておりますが、正直な感想を記載することをモットーとしているため、時に商品の販売において不利益となる感想を記載する場合があります。万一、当ブログの勘違いなどで不利益を被るような内容が記載されていれば修正・削除に応じますのでご連絡ください。ただし、真実が記載されているにも関わらず、商品の感想が芳しくないからといって削除する気は毛頭ありません。



自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。