INDEX    RSS    ADMIN

センチュリー どれでもBluetooth オーディオトランスミッター/レシーバー CBTTR-AV レビュー

手持ちのスピーカーをBluetooth化しました。

音楽を聞く時にはタブレットを使うのですが、このタブレットを外で聞く時にはイヤホンに接続し、部屋で聞くときにはスピーカーにケーブルで接続していました。

・・・面倒くさいw

センチュリー どれでもBluetooth オーディオトランスミッター/レシーバー CBTTR-AV


使い方は超簡単。

コレとスピーカーをステレオミニプラグケーブルで接続するだけ。

後は電源ボタンを長押しすればペアリング、普通に押せばON、OFFと言うだけのものです。

多少はケーブルで直接接続した時よりも音質が落ちるのかもしれませんが、僕程度のヘタれ耳では全然違いがわかりません。

さらに、コレは送受信の両方に対応しているので、僕は使いませんがBluetoothの送信側としても活躍してくれそうです。

電源は付属のUSBケーブル(普通のmicro-USB端子です)から充電します。
電池のもちは、受信時で6時間とのことですが、僕はUSBケーブルをつなぎっぱなしで使用しているので、実際のところは不明です。

送受信の範囲は公称10mですので、自宅内で使用する分は問題ないんじゃないでしょうか(豪邸にお住まいの方を除きw)

問題点は側面にあるON、OFFのランプがちょっと見難い事でしょうか。
それも、たいした問題ではありませんけどね。

それから、これ1台で複数の機器と接続できるのですが、同時接続はできません。まぁ、そうそう同時に接続するもんでもないでしょうが。一度ペアリングしてしまえば、次からは電源さえ入れれば勝手に接続されるので、不便は感じません。

機器を接続している間は、もちろん電源が落ちるような事はないのですが、接続が解除されると一定時間で電源がOFFになるようです。僕はタブレットとつなぎっぱなしにしておいて、外出から帰ったら、勝手にスピーカーとつながる・・・みたいな物を想像していたので、これは想定外w
ずっと電源ONのままなら良いのに~と思います。

今からスピーカーなどの機器を購入される方は、最初からBluetooth対応の機器を購入すれば良いんだと思いますが、もう機器を持っていてBluetooth化出来たらな~と考えている方には最適でしょう。

また、スピーカーで言うと、Bluetooth対応だと、それなりのお値段がしてしまいます。最初からBluetoothに対応していないスピーカーを安価で購入し、これを接続してBluetooth化した方が安上がりな場合もあるかもしれません。

必要に応じて是非、ご検討ください。



にほんブログ村 PC家電ブログへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント