INDEX    RSS    ADMIN

充電器付でお買い得!Relybo LED ハンディライト レビュー



【収納ケース付】
車載したり鞄に入れたりする時に便利な専用ケース付なのが良いです。ケースはプラスチック製で高級感がある訳ではありませんが、収納出来れば文句はありませんよね。
ただ、充電器を含め、すべてのパーツがこのケースに入って届いたのですが、一度出したら、どうしても不器用な僕にはすべてを収納する事が出来ませんw

そのくらい、サイズとしてはギリギリですね。

【充電器】
正直、同じようなライトが同じような価格で販売されていて、僕のようにライトにあまり詳しくない人間からすると、どれを買っても同じでしょと思っていたのですが、充電器付での販売は多くないので嬉しいです。しかも、充電器無しの製品と比較しても価格的には大差ないのもポイント高いですよね!

【充電ケーブル】
同梱されている充電器は、通常のAC電源用の他にUSBポートから充電するためのケーブルとシガーソケットから充電するためのケーブルが一緒に入っていました。僕はUSBポートからの充電を頻繁に使うのですが、個人個人の使い方に合った充電方法を選択できるのも良いですね。

【明るさ】
ライトの明るさは1200ルーメンです・・・と言われても僕はあまりピンと来なかったのですが、少なくとも自分の周囲を照らすのに不十分な明るさではありません。昔の電球式の懐中電灯と比較したら雲泥の差があります。

明るさは3段階に切り替えが可能で、その他にSOSモードとストロボモードを搭載しています。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【防水性】
IPX6相当の防水性能があり、少なくとも雨くらいであれば問題なく使用できそうです。ただ、説明書にはゴムパッキン等が経年劣化すると防水性を失うと記載されていましたので過信しすぎは禁物ですね。

【充電池】
電池は単三電池と18650電池のどちらかを使用します。単三電池を使用する場合は専用のアダプタにセットして本体へ、18650電池の場合も内部で電池が動かないように筒状のパーツに入れてセットします。

単三も18650もどちらとも充電池が使用できますので経済的です。18650充電池は本体の中に最初から入って届きますので、これを使用すれば届いてすぐにライトが使えますね。

【自転車固定用パーツ】
単なるハンディライトとしてだけでなく、同梱のパーツを使えば自転車に固定して使用する事も可能です。防水性もありますし、自転車用のライトとして使用するのもありかもしれませんね。

【まとめ】
ハンディライトは少なくとも一家に一台は必要ですよね。わざわざ今お持ちの物を買い替える必要まではないと思いますが、一つもお持ちじゃない方や古くなったので買い換えようかなと言うタイミングの方であれば本製品を購入対象として検討しても全く問題ないと思います。

価格に対して、電池や充電器、専用ケース等の付属品が充実していますので、おすすめですよ。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
関連記事
スポンサーサイト