INDEX    RSS    ADMIN

小さなボディに大きなパワー!Omaker M7 Bluetoothスピーカー レビュー

久しぶりにOmakerさんからレビューのご依頼をいただきました。
同社のBluetoothスピーカーはスポーティなデザインが多く、アウトドアユースに向いている印象の製品が多いのですが、今日ご紹介する製品はインドアでの使用が似合いそうな製品ですよ!



【音質】
手のひらサイズの小型スピーカーだと、音はクリアであっても迫力不足を感じる事が多いのですが、本製品はサイズから受ける印象以上に低音部分のパワーも感じます。大音量で広い部屋で音楽を楽しむと言う場合には、さすがにパワー不足ですが、自室でちょっと音楽を聴こうかなといった程度の使い方なら申し分ないんじゃないでしょうか。

【デザイン】
良くも悪くもシンプルなデザインだと思います。目立つデザインじゃないので、どこに置いてあっても雰囲気を壊す用な事がない反面、お部屋のインテリアやワンポイントとして存在感を求めるような場合には向かないと思います。

【Bluetooth接続】
本製品は有線での使用も可能で、接続用のケーブルも同梱していますが、やはりBluetoothで接続するのが便利ですね。
Bluetooth接続の製品の中には、時々、曲の出だしが途切れてしまうものや、ホワイトノイズがひどい物もありますが、本製品はそのような心配はありませんでした。

【micro-SD対応】
こんなに小さいのですが、裏面にmicro-SDカードスロットを装備していて、カード内の音楽データを再生する事も可能です。スマホやタブレット等の音楽機器がなくても、カード内に曲データさえ入っていれば、本製品単体で音楽を楽しむことも出来ますね。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【TWS機能】
本製品には、True Wireless Stereo機能、略してTWS機能と言うのが搭載されています。本製品を2台準備すると、それぞれに左右のスピーカーとして使用する事ができると言うものらしいです。この小さなボディの中に3Wスピーカーを2つ装備しているので、2台では合計12Wのパワーと言う事になりますね。

【滑り止め】
本製品の底面には4つの小さなゴム足がついているので、僕の場合はそれだけで十分なのですが、もっとしっかりと固定したいと言う方のために滑り止めシートが同梱されています。柔らかい素材で出来たシートには両面テープがついていて、デスク上などに強固に固定する事が可能です。

【バッテリー】
バッテリーはフル充電の状態から連続再生時間が約10時間と言うのがメーカー公称値です。10時間あれば、ちょっと外へ遊びに出た時やBBQなんかの場面では十分ですね。枕元で音楽をかけながら寝落ちしちゃうような場面でも、朝まで持ちそうです。

また、iphoneと接続した場合には、スマホの画面上に本製品のバッテリー状況も表示されますので、不意に電池が切れると言うこともなさそうですよ。

【まとめ】
OmakerさんのBluetoothスピーカーはコレで3台目なのですが、いずれも手のひらに乗ってしまうような小型サイズなのに、しっかりと音が出ていて驚かされる事が多いです。これまでの2台は、どちらかと言うとアウトドアユースに主眼が置かれていたように思いますが、本製品は小型、かつ、軽量なインドアユースが向いていると思います。

アウトドア使用目的で、小型なBluetoothスピーカーをお探しの方は、本製品だけでなくOmakerの他のモデルも検討してみると良いんじゃないでしょうか。

※本製品はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
関連記事
スポンサーサイト