INDEX    RSS    ADMIN

薄型コンパクトな小型車向けドライブレコーダー!Bruck ドラレコ レビュー



【画質】
1200万画素で解像度が960×240・・・と言われてもピンとこないですよね。僕も全くピンときません。一つだけ言えるのは、夜間も含めて、ドラレコとして使用する目的は十分果たせる画質だと言うこと。記念撮影レベルの高解像度を求めるとガッカリかもしれませんが、ドラレコの画質としては十分ではないでしょうか。

【薄型で軽量】
本製品は1㎝にも満たない厚さでコンパクトです。車輌のフロントガラスに、付属している吸盤で貼り付けて使用する事になるのですが、存在感があまりないので、取り付けても邪魔になり難いです。

重さも他のドラレコよりは軽量に感じます。ただ、この点は、吸盤で張り付けてしまえば多少の差はあまり実用に影響してこないので、軽量であるメリットは今のところ感じていません。

【自動録画】
パーキング機能も備えていて、これをONにしていると、車から離れている時に車輌に衝撃が加わったら、自動で録画を開始してくれます。駐車時の当て逃げ対策と言うことでしょうかね。ただ、ドアの開け閉めなどをちょっと乱暴にすると、それを検知して録画を開始してしまう事もあります。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【32GBにループ録画】
このドラレコは最大で32GBまでのSDカードに対応しています。フルHD画質で録画しても、そこそこ録画できるのですが、さらに、カードの容量がいっぱいになったら、古い映像から自動で上書きしていってくれるので、あまりカード容量の残りは気にしなくて良さそうです。

【画角】
今まで僕が使用していたドラレコは画角が170°あったので、車輌前方の様子が余裕をもって撮影できていました。本製品の画角はそれよりも狭く120°しかありません。それでも車輌の前方だけなら特に問題は感じませんでした。ただ、前方横からくる車輌を捉えるのは難しいかもしれないのと、あまり大きい車だと心許ないかも。

妻の軽自動車に設置すると、逆にちょうど良さげでしたよ。

【まとめ】
数年前まではドラレコには全く興味はなかったのですが、ここ数年、ドラレコも随分と安くなりました。3万円も4万円も出してまで自分の車に設置するのは躊躇われますが、本製品のように3千円や4千円くらいで購入できるのであれば「もしもの時にしか使わない製品」であっても出しても良いかなぁと思って設置しました。

この辺の感覚は人によって千差万別だと思いますので、金額的に「もしも」の製品に出しても良いと思うのであれば、ドラレコはあるに越した事はないと思います。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
関連記事
スポンサーサイト