INDEX    RSS    ADMIN

車のウィンドウも破壊できる頑丈さ!Eonfine LED ハンディライト レビュー



【光量】
装着されているLED電球はメーカー公称値で10万時間の長寿命だそうです。本当か!?と思うのですが、10万時間が大袈裟だとしても、それなりに長持ちしてくれるのなら不満はありません。

明かりの照射範囲を変更できる仕様になっており、ライトの柄の部分にあるリング状のパーツを回転させる事で照射範囲が変わります。一番照射範囲を広くすると、そのかわりに光の到達距離が短くなり、照射範囲を一番狭くすると、そのかわりに遠くまで光が届くようです。

【大きさ】
最近は技術の進歩のおかげなのか、手のひらサイズの小さいハンディライトでも、驚くほど明るい製品も売っていたりするようですが、本製品は結構ゴツいです。少なくとも手のひらサイズとは言えませんし、重みもそこそこありました。

【頑丈】
サイズが大きいかわりに相当頑丈に出来ているんだなぁと言う印象は受けます。特にライトのテール部分は突起になっていて、車輌に閉じ込められたような場面でウィンドウを割る事が出来るようです。

SnapCrab_NoName_2017-2-28_15-5-27_No-00.jpg

【点灯モード】
点滅、弱、強の3モードから点灯モードを選択する事が出来ます。点滅は緊急時に使用するとして、弱と強の2段階と考えてよいのではないでしょうか。照射範囲の選択と併せて使用する事で、ご自身にちょうど良い灯りになると思います。

【バッテリー】
18650電池と言う、日本ではあまり馴染みのない電池を1本使用します。今日現在はAmazonでも普通に販売しており、2本セットで1,000円くらいのものからありました。ヘビーユーザーは充電池を使用した方がお得かもしれませんが、その場合は概ね3000m/Ah前後の容量で1本、1,000~1,500円くらいが相場でしょうか。

【防水機能】
どの程度の防水レベルなのか記載がなくてわからないのですが、少なくとも完全防水ではないとの事なので水没はアウトですね。雨に濡れる程度は大丈夫だと思いますが、あまり過信しない方が良いかもしれません。

【まとめ】
最近は停電に見舞われることもあまりなくなりましたが、それでも1本くらいはハンディライトを所有しておきたいですよね。価格的にもそんなに高くないですし、ヘビーユーザーでなくても、玄関先に一つ置いておく用途で購入しても良いのではないでしょうか。

その場合、電池種類が聞き覚えがないと言う所が引っかかる方も多いかもしれませんが、一度Amazonで購入すればかなり持ちますし、そんなに心配しなくても大丈夫でした。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
関連記事
スポンサーサイト