INDEX    RSS    ADMIN

DOSHISHA 20V型 ヴィンテージデザインテレビ VT203-BRが欲しい!でも価格が・・・。

ネット上をボンヤリと巡回していたら、なんか魅力的なテレビを見つけてしまいました。
20型の小さなテレビなんですが、価格が何と76,000円也!

32インチでも2万円台で購入できるこのご時世に、20インチで76,000円!?

と思われた方もいらっしゃると思います。僕も思いましたw

でもねぇ、それでもカッコいいんですよね~このテレビ。

欲しいなぁ。



【レトロデザイン】
何と言っても特徴はこのレトロなデザインでしょう。ただし、レトロと言っても、60年代のアメリカとか70年代のイギリスとかいった、オシャレな印象を受けるレトロではありません。一言で言うなら「昭和」ですね。
戦後の経済成長期とか、その辺を思わせるデザインです。お若い方だと「なんでこんなに分厚いの、このテレビ!?」ってなるかもしれませんが、昔はこれが普通だったんですよね~。

【中身はイマドキ】
見た目はレトロでも、中身は今時のテレビと遜色ありません。HDMI端子も装備していますので最近の録画機器やゲーム機を接続する事も出来ますし、普通にリモコンもついていますので、テレビの前まで行ってガチャガチャ廻してチャンネルを替える必要もありません。昔はガチャガチャするしかなかったんですけどねw

USB端子も装備していますので、外付けHDDの装着も可能ですね。

【たっぷり収納】
昔のテレビはブラウン管式でどうしても本体が厚くなってしまっていました。本製品はデザインはレトロですが、中身はイマドキの薄型テレビなので、実はこんなに厚くなくて、本体上部を開けると中に物を収納できるようになっています。テレビの廻りに散らかりがちなDVD等を収納しておけばスッキリですね。

SnapCrab_NoName_2017-2-10_16-18-32_No-00.jpg

また、チャンネルダイヤルは実際に操作する事が出来ますが、これも昔のように厚みを必要としないので、パカッと開くと収納スペースがあります。ここには録画機器やHDDを収めるとスッキリするんじゃないでしょうか。

【クラシックミニと一緒に使いたい】
少し前に発売したニンテンドーファミリーコンピュータ クラシックミニ は、見た目は昔の初代ファミコンなのですが、中にはHDDを装備していてクラシックなゲームタイトルが30本も入っています。接続は今どきと同じようにHDMIケーブルを使用しますので、このレトロなテレビと接続が可能です。

今はプレミア価格となっていて、クラシックミニの入手は少し割高なのですが、もう少しお値段がこなれたら、レトロテレビと一緒に使えると良いなぁと思ったりしています。



【まとめ】
テレビとしての機能だけを求めるのであれば、これほどバカバカしい買い物はないのでしょうが、デザインが素敵すぎます。お値段がお値段だけに、何とか我慢しようと思って、欲しい気持ちをこのブログにぶつけています。我慢できるかなぁw
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント