INDEX    RSS    ADMIN

Fire タブレット 8GB レビュー

最近のAmazonは勢いがあるし、Fireタブレットも、割とハイペースで新しい機種が登場するイメージがあったので、購入するにあたっては迷いに迷いました。

元来が疑い深い性格なもので、あまりにも安い価格も逆に購入を躊躇う要因になっていました。

Fire タブレット 8GB


結局、迷った挙句に今頃購入してしまいましたw

Amazonからは、ポチった後、すぐに届きましたが、他のタブレット類と違い、拍子抜けするくらい簡素なパッケージw
時期的にも見た目的にも、クリスマスプレゼントみたいで、何か嬉しい。

fire.jpg

さて、肝心の使い心地ですが、お値段を考えると悪くない。
さすがに、アイコンタッチの後に、一呼吸ある感じは否めませんが、個人的には全く許容範囲内。

僕はもう一つFireタブレットを持ているのですが、今回我慢しきれずにコレを購入してしまったキッカケはmicro-SDカードが使える点。
何と128GBまで対応しているとか。
さすがに、そこまでは必要なさそうなので手持ちの64GB micro-SDを本体のスロットに差し込んで使うことにしました。

使い道としては、プライムビデオとプライムミュージックのダウンロード。それに自炊したマンガ類の読書。
あらかじめダウンロードしておけば、オフライン下でも楽しめるようになりました。

これまでのFireは32GBだったのですが、音楽やマンガ類を入れておくと、プライムビデオまでダウンロードする余裕がなかったので嬉しい。

大丈夫だと思うけど、もし、万一、64GBでも不足するような事があれば、16GBとか32GBとか、比較的安価で売っているカードを買い増せば良いだけのことなのも助かる。

気をつけなきゃいけないのが、Amazon で購入したKindle本は本体ストレージにしか保存できないところでしょうか。
Kindle本はそう大きく容量を使う訳ではありませんが、本体のストレージは8GBしかありません。ここからシステムやアプリに割り当てられている分を差し引くと5GBあるかどうかといったところなので、ちょっと不安ですね。

この上、プライムビデオやミュージックまで内部ストレージにしか保存できなかったら、絶対に購入していないと思いますが、この二つは問題なく外部ストレージに保存できますのでご安心を(ちなみに自炊本も問題なく保存して楽しめます)

見た感じ、android臭がプンプンなのですが、コレを普通のandroidタブレットだと思って購入すると大失敗します。一番の違いはアプリですね。android然としていても、Fireでは使えないというアプリがたくさんあります。

以上のことから、この端末はAmazonのサービスを楽しむ+α程度の気持ちで購入するのが正解ではないでしょうか。

コスパは高いです。
ただし、それはプライム会員価格の4,980円で購入した場合です(会員価格で購入するには、クーポンを入力してからポチらないと適用されません)
一般価格の8,980円で購入したか?と聞かれれば、う~ん、即座にyesとは言えないです・・・。
もう少し頑張ればNexus7(2013)も購入視野に入ってきますので、もしかするとそちらを・・・いや、タブレットの買い増しそのものをしなかった可能性がありますね。

では、4,980円なら買いか?と尋ねられれば、Amazonプライム会員の方には、自信をもって「YES」、そうでない方には「No」と答えると思います。やはり、プライム会員の限定サービスを楽しむための端末と割り切る必要はありそうです。

※2017年 新型Fire タブレットが発売されましたね!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント