INDEX    RSS    ADMIN

コンセント製品が車内で使えます!Valuetom カーインバーター 300W レビュー

本格的にキャンプを楽しまれている方には「邪道だ」と怒られてしまいそうですが、僕のような中途半端なキャンパーは、たま~にキャンプ中にコンセントが欲しくなる時があります。ノートパソコンの充電や小型の冷蔵庫なんかを使いたいと思っちゃうんですよねw

最初からコンセント設備のあるキャンプ場もあると思うのですが、そのような所ばかりじゃないですもんね。

今日ご紹介するのは、そんな場面で重宝しそうなアイテムです。



【車内にコンセントを】
本製品は、シガーソケットや車のバッテリーから電気を取って普通のコンセントで使用できるようにする為のものです。USBポートから充電できるような品はモバイルバッテリーを使用すれば良いだけのことなので、そうじゃなくて、使用する場合にはコンセントが必須・・・と言うような製品が対象になりますね。

【現実的には150W】
本製品の商品説明には300Wまでの製品に対応できると言うような記載がありましたが、実際に製品が手元に届いて、説明書をよく読むと、300Wを使用する場合にはバッテリーから直に本製品へ接続する必要があるようです。

SnapCrab_NoName_2016-12-22_14-54-39_No-00.png

シガーソケットに差し込むだけでお手軽に利用する場合には車両側のヒューズの耐性の問題で150Wが限界のようですね。車に詳しい方には当たり前の話なのかもしれませんが僕は知らなかったです。

【冷却ファン】
製品には冷却ファンが装備されていて、必要に応じて作動するようです。このファンの音が煩かったら嫌だなと思ったのですが、ノートPCを充電するくらいのことでは作動しなくて、ファンの音を確認する事が出来ませんでした。おそらく電力を多く消費する家電を長く接続していた場合に作動するのでしょうね。

【USBポートも搭載】
実際のところ、本製品の購入を検討される方のほとんどはコンセントの使用が目的だと思うのですが、本製品には2.1A と1A出力のUSBポートも1口ずつ装備しています。スマホやゲーム機等の充電も必要であれば可能ですね。

【まとめ】
正直なところ使用頻度の高い製品ではありません。しかし、例えばコンセントの使えるモバイルバッテリーを購入しようと思うと何万円もする高価な買い物になってしまいます。もしも車輌周辺で使用する事が前提なのであれば、本製品を使って車から電力を拝借する方が、高価な製品の10分の1以下の出費で済みますので、検討する価値はあると思いました。

※本製品はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント