自分のための商品レビュー ~気になるAmazonアイテム~

家電、パソコン周辺機器、カメラ、マンガ、小説、お酒やコーヒーなど、個人的に好きなもの、新製品や気に入った商品の感想を書いたレビューブログです!

体重までスマホで管理する時代なんですね!DIKI bluetooth 体重・体組成計 レビュー 

年末が近づいてきました。

今年はカレンダー的にあまり長いお休みにはならないのですが、それでも年末、年始と言うのはついつい飲みすぎ、食べ過ぎてしまいますよね。

もともと気にする必要のない体型の方は良いのでしょうが、僕ほどのメタボになると、この短期間でも十分、健康に影響するくらいの体重増が見込めますw

例年、怠惰に過ごした結果、年が明けて気が付いたら大変な事になっていた・・・なんてのが毎年なんですよね。

今日ご紹介するのは「気が付いたら太ってた」を予防するには効果がありそうなアイテムです!



【スマホとの連携】
本製品は説明書に記載のあるQRコードを読み込み、専用のアプリをお手持ちのスマホにインストールする事で連携させて使用します。もちろん、連携させずに単なる体重計として使用する事も可能ですが、それならもっと安価な製品がありますので、そちらを検討した方が良いと思います。

【便利だけど怖いw】
専用アプリには、体重計に乗るたびに、体重やBMIなどが保存されていきます。ある程度データがまとまったら、それらをグラフ化して見える化できてしまうので、僕のような万年メタボ人間には恐ろしい機能です。

【登録人数】
一台の体重計に最大で10人分までのデータを保存する事が可能です。これだけあれば、大抵はご家族全員で使用する事ができますね。自分だけでなく、家族の状態もスマホ一台で確認できてしまうのは便利ですけど、やっぱり僕のような人間には恐ろしいですw

【自分のための商品レビュー youtube版】


【ここがイマイチ】
僕の使用環境下だけなのかもしれませんが、専用アプリの挙動が安定しない事が多いです。まず測定した数字の表記までに10秒近い時間がかかります。まぁ、コレは待っていれば良いだけなのでまだ我慢できるのですが、問題は固まったかなぁと思ったら強制的にアプリが終了してしまう・・・と言うような事が時々起こることです。
この製品はアプリとの連携がキモですし、そのアプリの挙動に問題があるとすれば魅力は半減ですね。

【まとめ】
体重計そのもののサイズが小さいので置き場所を取らないと言うメリットがありますが、その分、小さな台に乗らなければいけませんので、高齢者には使いにくく、危険かもしれません。そこさえ問題にならないのであれば、定期的に自身の体重等をメモ等しなくても、長期間の推移を把握できますので健康管理やダイエット中の方には便利なんじゃないでしょうか。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment