INDEX    RSS    ADMIN

暗所・狭所の確認に!BlueFire ワイヤレス エンドスコープ レビュー




【Wi-Fi接続】
説明書にQRコードがあるので、そこから専用アプリをダウンロードして使います。アプリはiOS用とAndroid用の両方が準備されているので、たいていのスマホで利用できるんじゃないでしょうか。
本体のWi-FiスイッチをONにすると周囲に見慣れぬWi-Fi電波が飛びますので、それをスマホでつかまえてからアプリを開始するだけでOKです。

【画質】
今時のスマホのカメラや記念撮影で使うようなデジカメ画質を想像しているとガッカリしてしまうような画質ですが、普段見る事ができない隙間の様子を確認するような作業用途であれば十分な画質ではないでしょうか。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【使い勝手】
ケーブルの長さは5mもありますので、割と奥の方までカメラを進めて目視の難しい箇所を映してくれます。ただ、カメラの直径は1cmほどありますので、そのくらいのスキマのある場所でなければ確認できません。暗所を確認する場合は、カメラの先端部にライトを装備していますので、コレを使う事で割と見易くなりました。ライトの強弱は手元で操作する事が可能です。

【ここがイマイチ】
仕方のない事なのですが、カメラの部分(先端部)が使っているうちに熱を持ってきます。火傷するほどではありませんが、そんなに長時間使用した訳でなくとも「熱っ」と思うくらいにはなるのでお気を付けください。

【まとめ】
目視が不可能な場所を確認する場面はそんなに多くはないのですが、それでも稀に必要な場面があるものです。そうした場面では活躍してくれると思います。ちなみに僕は子供とふざけて、自分の歯の裏側を映したのですが、あまりのヤニ汚れに「今日からもっと歯磨きを頑張ろう」と真剣に思いましたよ。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント