INDEX    RSS    ADMIN

万一に備えて、電気を持ち歩こう!North Crown ジャンプスターター レビュー

自分の車やバイクのバッテリーがあがってしまった経験はありますか?

経験のある方はお分かりになると思いますが、キーを廻しても「シ~ン」としたままの愛車を見ていると泣きたくなりますよね!?

今日は、そんな場面で役立ちそうなアイテムをご紹介いたします。



【コンパクト】
もう一つ、ジャンプスターター機能のついたモバイルバッテリーを持っていますが、そちらは専用のケース付でゴツく、重い製品です。当然、持ち歩こうと思えるようなものではないので車輌の後部座席の下に放り込んであります。

本製品は、そのゴツいモバイルバッテリーと比較すると大幅に軽量でコンパクトなので、バッグ等に入れてバイクのツーリング時に持ち歩く事も可能だと思います。

【電池容量】
僕の持っているゴツい方のモバイルバッテリーは、確か10000mAhくらいの容量があったと思うのですが、本製品の容量は6000mAhで、それよりも小さい容量です。その分、小型化できている訳なんでしょうけどね。ジャンプスターターとして使用する場合、エンジン一発始動分の電力があれば足りる場面が殆どなので、車輌常備用として保管する場合には6000mAhでも十分ですよね。

ちなみに他に故障個所がなくて、すぐにエンジン始動に成功した場合、電力は減ったんだかどうだかわからないくらいしか使用しないみたいですよ。

【デザイン】
製品説明にも書いてありますが、ちょっと分厚い手帳みたいな見た目なので、いかにも機械類を持ち歩いていますと言うような感じは受けません。大きさも手帳程度なのでコンパクトなのですが、注意しなくてはいけない点は、ジャンプスターターとして使用する場合には赤・黒のブースターケーブルも一緒に持っていなければならない点です。

このケーブルもそう嵩張るものではないのですが、一緒にしておくとなれば同梱されていた専用ケースに入れる事になると思いますので「手帳サイズで持ち歩ける」のだと考えているとガッカリするかもしれません。

【ここがイマイチ】
収納のし易さを考えると仕方がない部分ではあるのですが、同梱されているブースターケーブルが短いため、実際にジャンプする場面では以外と取り回しが面倒だったりします。一人で使う時にはエンジンルーム内のどこかに置く必要が出てきますので、変なところに置いて故障の原因にならないように注意が必要ですね。

【まとめ】
僕はジャンプスターターを常備するようになってから、お陰様で1度もバッテリーあがりに見舞われた事はないのですが、職場の同僚のバッテリー上がりに遭遇した事があります。レスキューしなきゃならなかった訳ですが、わざわざ自分の車の向きを変えて、同僚の車に近づけて・・・なんてしなくても、コレをポンと渡せば済むのが楽でした。そうそう使う機会が多いものではありませんが、一つ持っていると安心だなと思いますよ。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント