INDEX    RSS    ADMIN

いいトコ取りのハイブリッド加湿器 HF-11 レビュー

乾燥する季節がやってきましたね。
僕の住む地方のような雪国では、ガンガン暖房を使うので尚更、乾燥がひどいんですよね~。

どうやら僕は鼻呼吸が苦手なようで、口を全開で眠っているらしく、毎年この時期には朝起きると喉の奥まで乾燥してヒリヒリしているのが普通だったりします。

そんな訳で加湿器は手放せないのですが、加湿器といっても色々な種類があるようです。

今日ご紹介する加湿器は、いわゆる超音波式とスチーム式の良いとトコ取りを狙ったハイブリッド加湿器です!



【ハイブリッドの利点】
届いてみるまでハイブリッドの何が良いのかイマイチ解らなかったのですが、きちんと利点はあるようです。

-利点1-
冬は寒いので超音波式は室温を下げるのが嫌ですが、スチーム式は湯を沸かすので電気代がかかります。本製品は室温が比較的高い時場合には超音波、低い場合にはスチームにする事で電気代の節約になりますね。
-利点2-
スチーム式は湯を沸かすので作動開始までにどうしてもタイムラグがあります。超音波式の場合はスイッチONとほぼ同時に加湿を開始してくれますので、湯が沸くまでは超音波式で加湿して、沸いたらスチーム式に・・・と言う良いトコ取りが可能です。
-利点3-
超音波式は水中の雑菌繁殖が気になりますが、時々スチーム式としても使用する事で雑菌の死滅が期待できますね。

【大容量】
超音波式の加湿器だと、もっと安価でタンク容量の小さいものもたくさん販売していますが、本製品はタンク容量が6リットルもあるので、頻繁に注水する必要がありません。ただし、その分場所を取りますし、満水時には重くて移動が大変です。タンクには取っ手があるのですが、タンクごと本体を移動する場面では取っ手がないので尚更大変です。この点が改善される事に期待して☆を一つマイナスさせてください。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【静音】
動画で作動音も録ってみましたが、作動音は比較的静かです。個人的には枕元で作動していても気にせずに眠れるレベルでした。作動音よりも、水の動く音が時々聞こえるので、そちらの方が気になる方がいらっしゃるかもしれません。

【デザイン】
いかにも加湿器と言う見た目ですが、シンプルで個人的には悪くないなと思います。部屋のアクセントとしてデザインのオシャレなものなどを置きたい場合もあるかもしれませんが、そのような場合には、いかにも白物家電的な見た目の本製品は回避した方が良いかもしれません。

【まとめ】
数万円する有名メーカーの大型加湿器とオシャレな小型加湿器の中間に位置する製品かなと思います。置き場所が十分にあって、お財布にも余裕があるのなら、有名メーカーの大型品を購入した方が結局は無駄にならないような気がします。

本製品はオシャレな小型加湿器では効果的に満足できないけど、4万円も5万円もするような加湿器はちょっとなぁと言うようなユーザーにおすすめです。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント