INDEX    RSS    ADMIN

強力に照らしても、両手は自由!Nikatto 高光量 LEDヘッドライト レビュー

LEDって偉大な発明ですよね。
その昔、僕が子供のころのライトなんて、今ほど明るくなかったし、電池の持ちも悪かった。それに若い人にはわからないかもしれませんが、ライトの「電球」だけが切れて、パーツ交換をするような事も時々あったんですよ。

LEDになってからは、何万時間も切れないので「ハンディライトの電球交換」なんてした事ないですよね。

今日ご紹介するのもLED使用で、LED寿命の公称値がなんと100000時間と言う製品。ただし、ダンディライトではなく、両手が自由なまま照射できるヘッドライトです!



【強力な光】
ヘッドライトは別なメーカーの品をもう一つ所有しているのですが、そちらは手元とか足元を照らす程度の灯りです。本製品は3灯すべて点灯すると、眼前がかなり明るくなります。対面に他人がいると、おそらく迷惑になるであろうレベルです。センターのライトに関しては、ちょっとしたハンディライトを頭にくっつけているような感じです。

【充電池】
本製品は充電式の電池を使用しますが、この電池が18650電池と言う、日本では聞きなれないサイズの電池です。僕は中華製の扇風機を使用していて、これに使う電池が同じだったので使う事ができましたが、予め電池の同梱は欲しい所です。

ちなみに電池は同梱していませんが充電用のケーブル等は同梱していますので、電池さえあれば継続的に使用する事は可能です。

【重さ】
後頭部あたりに電池ボックスを装着した感じで着用するので軽量とはいい難いのですが、それでも首に負担がかかるとか、下を向くと辛いとか、そこまでのレベルではないので実用上、問題ないんじゃないでしょうか。重さとライトの強力さはトレードオフと言うことで納得できます。

SnapCrab_NoName_2016-10-5_11-53-13_No-00.png

【ズーム機能】
ライト部分を操作する事で灯りをズームしたり、広域照射にしたりと切替が可能です。ハンディライトではよく見る機能ですが、ヘッドライトでコレを装備しているのは珍しいかもしれないですね。使用場面によって、手前を広く照らすのか、照射範囲は狭くても遠くまで照らすのかを選べるので用途が広がりそうです。

【まとめ】
質と比較して価格も頑張っていると思いますし、自宅前で暗くなってから車やバイクをいじるお父さんや、自宅内でも暗い中での作業をされる方にはおすすめです。コレで充電池2本がセットに含まれていたら、本当にすばらしい製品だと思います。Amazonでも18650電池は購入できますが、結構な値段するんですよね~。

また、僕と同じように雪国生活の方は、これからの季節は暗い中で除雪作業をしなければいけない方も大勢いらっしゃるはずなので、安全のためにも本製品はオススメです。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント