INDEX    RSS    ADMIN

本能寺の変 431年目の真実 レビュー

いい歳して、漫画やゲームばかりじゃアレなんで、たまには字の多い本のレビューをw

本能寺の変 431年目の真実


実は少し前に読み終わっていたのですが、意外とおもしろかったのでレビューを。

まず一番最初に言いたいのは「歴史の真実」を記した書として読むのはいかがなものかという事ですかね。

もっともマズいのは著者が明智光秀の子孫だという事です。

言葉の端々で「子孫として先祖の汚名を晴らしたい」と思っているのだなという印象を受けました。

ただし読み物としては非常におもしろいです。

戦国歴史好きな方であれば尚更でしょう。

真実かどうかは置いておいて、そういう見方もあるのか、そういう事実もあったのか!とサクサクと読み進められます。

織田信長と明智光秀、それに秀吉などの有名人が、その時どうしたのかは色々な歴史書やテレビなどで腐るほど見聞きしていますが、本書では、それらとは違った見解や予測が盛りだくさんで「ほほぅ」「へぇ」と頷く場面もたくさんありました。

ただ、前述したとおり、真実かどうかは別です。

僕のような素人でも、考察が強引だなぁ、ちょっとご都合主義でないかい?と思うようなところもあったので、歴史にお詳しい方やましてや、自分でも調べているような学者さんだと、受け入れがたいところもあるかもしれません。

推理小説を読むのと同じような感覚で、純粋に「読み物」として読める方にはお勧めです。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント