INDEX    RSS    ADMIN

名機 KZ-ATEの後継機!シュア掛けイヤホン AWEI ATR レビュー

その昔、初めてメガネをかけた時には、鼻の部分の違和感がハンパなくって、本当に嫌でした。あれから、ず~っとメガネを掛け続けて、さすがにメガネに違和感は殆ど感じなくなりましたが、今でもメガネじゃなかったらなぁと思う時が、度々あります。

そのうちの一つがイヤホンやヘッドホンを使用する時です。

製品にもよりますが、メガネの耳の部分がヘッドホンのハウジングに押されて痛かったり、イヤホンのシュア掛けが出来なかったり・・・そんな時です。

だから、今回のようにメガネを掛けたままでもシュア掛けで使用できるイヤホンを見つけた時には嬉しくなってしまいます!



【音質】
低音~中音域が得意な印象で、重低音とまでは言えないかもしれませんが、低音部分も十分出ています。中音域が強いのでボーカルが聴き易いと思いました。高音域は音量を上げても刺さるような印象は殆どなく疲労しにくい音質かなとも思います。

音のクリア感も値段から考えれば十分ではないでしょうか。若干、音の厚みが不足しているような感触ですが、それも値段から考えると贅沢すぎる文句かもしれませんね。

【装着感】
装着感は悪くないと思いました。Amazonのレビュー内でメガネとの併用は難しいと言う記載もありましたが、僕の場合はメガネとの併用でも問題ない装着感を得られました。左右のハウジング下部にある小さな黒いパーツを装着する時に下に引っ張る事で、キレイにシュア掛けし易いと思いました。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【デザイン】
シュア掛けを強制するようなフック等は一切なく、単なるカナル型として装着する事も可能ですが、ハウジングの形状がシュア掛けでの使用を想定した形になっているので、実質的にシュア掛け専用機と思った方が良いと思います。ちょっと、もっさりと言うか、あまりシャープな印象を受けないデザインで個人的には好きな方ではないのですが、この形状も全く無意味と言うことではなくて、シュア掛けして装着した時に外から見てしっくりくる感じは受けました。

【まとめ】
本日現在の価格が千円代ですから、イヤホンとしては比較的安価な方かなと思います。スポーツシーンで音楽を聴きたいけれど、お気に入りのイヤホンは壊してしまいそうで思い切って使えないなぁと言う方のセカンドイヤホンとしてガンガン使う用途に向いているのではないでしょうか。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント