INDEX    RSS    ADMIN

ゲーミングヘッドセット会社が創ったヘッドホン!KOTION B3506 レビュー

これまでもゲーミングヘッドセットの試用はしてきましたが、一番多かったのがKOTION EACHというメーカーさんの品でした。

本来どういうメーカーさんなのかよくわからないのですが、そんな理由で僕の中ではKOTION EACH=ゲーミングヘッドセットの会社というイメージが出来上がっています。

今日ご紹介するのもKOTION EACHの製品なのですが、ちょっと今までのゲーミングヘッドセットとは違う部分もあるようです。


【小型・軽量】
KOTION EACHのゲーミングヘッドセットと言うと、LEDがピカピカと光って、ゴツゴツとした見た目の、いかにもという製品がイメージされるのですが、本製品はそれらよりも一回りも二回りも小型で軽量です。

【音質】
低音を非常に頑張っていると思います。迫力もありますが、音量を上げていくと、高音域のサ行の音が若干刺さる印象もありました。低音が強い反面、バランスはあまり良くなくて、賑やかな曲を聴くとトッ散らかる感覚を受けることもありました。良くも悪くも同価格帯の同社製ゲーミングヘッドセットの音そのままと言う感じです。

【装着感】
軽量な上にオーバーイヤー型で耳への物理的な圧迫も殆どないので、装着感は非常に良かったです。これなら長時間の音楽鑑賞やゲーム用途にも全然使えると思います。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【音漏れ】
耳への圧迫が少なくて装着感が良いので、音漏れは凄そうだなと思ったのですが、意外にもそうでもありませんでした。とは言え、音量を大きくすれば、近くにいる人にはシャカシャカ音は聞こえると思いますので公共の交通機関などでの使用は躊躇われますね。

【有線接続】
Bluetoothでも有線でも使用してみましたが、線が煩わしいという意外に音質も含めて、特段違いは感じませんでした。有線接続は充電切れ時の緊急使用のみとして、普段はBluetooth接続使用で問題ないと思います。

【まとめ】
KOTION EACHと言えば、もっとゴツいゲーミングヘッドセットのイメージでしたが、それがコンパクトになってヘッドホンとして使用し易くなったのが本製品と言う感じでしょうか。もともと同社の同価格帯ゲーミングヘッドセットが好きな方は、音楽鑑賞用途に本製品があっても良いかもしれません。

逆に、同社の同価格帯ゲーミングヘッドセットの音が好きじゃないと思っているような方は、音楽鑑賞用にもなり得ないと思いますので回避した方が良いでしょうね。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント