INDEX    RSS    ADMIN

一台二役!将来のツブしがきくトランスミッター TaoTronics TT-BA08 レビュー

最近はBluetooth接続が可能な機器も珍しくなくなりましたね。

それに、Bluetooth対応だからって手が出ないほど高級品・・・なんて事も殆どないですもんね。
若い方は解らないかもしれませんが、Bluetoothがまだ珍しかった頃は、対応しているってだけで高かった時代があるんですよw

今日ご紹介するのはBluetoothトランスミッターです。本製品はBluetooth未対応の製品を対応品に変身させてくれる訳ですが、そういう訳で必要とする場面は多くはないかもしれません。

でも、多くはなくても、あったら便利・・・と言う場面は意外にあるものですよね!



【一台二役】
本製品はトランスミッターですが、レシーバーとしての機能も併せ持っています。どちらの用途でも問題なく使えるのはもちろんですが、仮にトランスミッターが必要で購入したとしても、将来的に機器の買い替えなどで不要になる事もあるかもしれません。そうした場合にレシーバーとしても使える本製品はツブしがきくのが良いですね。

【マルチペアリング】
本製品の便利なところは、2台の機器に同時にBluetooth接続が可能な点です。例えば、2台のBluetoothヘッドホン(イヤホン)を本器とペアリングし、同じ音楽を2人で聴いたり、同じ映画を一緒に見たりする事が可能になります。まぁ、僕はいつも一人で映画鑑賞なので、別にいいですけど^^;

【遅延は感じません】
厳密には40ミリ秒とか言う単位の遅延が発生しているらしいのですが、僕なんかの耳では全く何も感じません。動画閲覧にも使用してみましたが、口の動きとセリフが変にズレるとか全くなかったですよ。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【音楽操作スイッチ付】
僕がこれまでに使用したトランスミッターにはなかった機能なのですが、本製品には音楽を再生、停止、音量調節するボタンが付いています。トランスミッター側で音楽の操作がある程度できる事で、音楽再生機器と離れた場所で使っていても、わざわざ機器側まで行かなくても良いのが便利です。

【ここがイマイチ】
色々な機能がついていますので仕方がない部分ですが、一般的なトランスミッターと比較するとやや大型な印象です。有線イヤホンとの組み合わせで、外出時に音楽を聴く・・・というような用途の場合は、結局、 iPodにイヤホンを挿して持ち歩くのとそう変わらないので、Bluetoothにする意味がない事になります。

【まとめ】
電池の持ちも悪くないですし、変な遅延もありませんので、持ち歩き目的ではなく、自宅の据え置き機をBluetooth化する目的であれば購入をお勧めできます。持ち歩きを前提としているのであれば、もっと小型なトランスミッター、レシーバーが販売されていますので、そちらを検討した方が良いでしょうね。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント