INDEX    RSS    ADMIN

電子書籍閲覧程度の利用ならお勧め!geanee 9インチタブレット ADP-922 レビュー

最近は携帯電話じゃなくスマホを使っている人の方が圧倒的に多いですね。

しかも、iphone6plus等のように大画面化も進んでいて、動画やサイトの閲覧もし易いですよね。

でも、iphoneplusもあれだけ大きくても5.5インチディスプレイですし、電子書籍を読んだりする時には小さいなと感じる場面もあるんじゃないでしょうか。

あまり大画面になると電話として使いにくいですし、ここはやはりもう少し画面の大きいタブレットを購入して用途に応じて使い分けたい所ですが、そうすると出費が・・・。

今日ご紹介するタブレットは、こんな時に嬉しい安価なタブレットです!



【9インチ大画面】
9インチと言うモニターの大きさにも関わらず、本日現在の価格が7,980円と安価なのが一番の魅力だと思います。ただし、何でもそうですが安価なのには理由があります。

【低スペック】
メモリ容量などは最近のスマホはおろか、一昔前のスマホにも敵わない512MBしかありません。したがってタブレットを使ってゲームをしようと言う事であれば、動きがカクカクしたり、フリーズしたりと言う事が起きやすいのであまりお勧めできません。

【動画は大丈夫みたい】
スペックが不十分で、僕がよく見るyoutubeの再生もカクついたらどうしようと思っていたのですが、今のところ動画はスムーズに見る事が出来ています。

【タッチ反応】
タッチやスワイプといった通常の操作に対する反応は、iphoneなどを使い慣れているとワンテンポ遅く感じます。これもスペックに起因することだと思いますが、個人的には許せる範囲ですが、このワンテンポの差でイラっとくる人ももしかしたらいるかもしれませんね。

【画質】
解像度は1024×600なので、最近の機器としてはキレイな方ではありませんが、youtubeを見たり書籍を読んだりする程度であれば、そんなに気になるほどの低画質ではありません。十分に楽しむ事が出来ていますよ。ちなみにカメラは付いていますが、機能的には「無い」と思っていただいた方が良いようなレベルですw

【まとめ】
当然ですが、価格が安ければ安いなりの理由があるものです。本製品が安いのは、スペックが最新機種と比較すると低いと言う点、それと作りがややチープな点が理由かなと思います。従って、見た目の品質感を大切にする方や、ゲームなどの大きな負荷をかける使い方を前提にされている方は購入すべきではありません。

逆に、そうした使い方もしないし、見た目なんかどうでも良いという方であれば、高価なハイスペック機を購入したところで、結局機能を使いきれない可能性もありますから、本製品のような安価なタブレットを使い潰すくらいの気持ちで良いのではないかなと思いますよ。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント