INDEX    RSS    ADMIN

空撮カメラ内蔵!Holy Stone ミニドローン レビュー

最近、何かと話題のドローンですが、本格的な品を購入すると数万円~数十万円もしますし、業務に使用するような機体だと、それこそ数百~数千万円するようなものまであるそうです。

それでも、昔なら空飛ぶラジコンと言えばヘリや飛行機だけで、それらはちょっと僕らのような素人さんには敷居が高かった。

今日ご紹介する製品は、僕のような素人でも手を出しやすい上に空撮用のカメラまで内蔵したドローンです!



【空撮カメラ付】
画質は720Pなので、本格的な空撮映像を作るには不満かなと思いますが、遊びで自分の周辺を空から映す程度のことであれば十分楽しめるだけの画質です。個別にドローンに手持ちのカメラを固定したりすると、それなりの準備が必要ですが、内蔵型だとそれも必要ないのでお手軽です。

【簡単じゃない】
一度だけ他の製品を弄った事があったので知ってはいましたが、操作は簡単ではありません。簡単にできちゃう人も中にはいるのかもしれませんが、少なくとも僕はただ浮かせて制止させるだけの事に数日間の練習を要しましたw

【意外と頑丈】
練習に当たって、何度も何度も墜落させたり壁に激突させたりしましたが、コレを書いている今日現在も、多少の傷はついていますが元気に動いてくれています。割と激しく落下したりもしたのですが、作りは頑丈みたいですね。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【日本語説明書】
きちんと日本語で記載された説明書が同梱されてきました。僕は初心者中の初心者なので、それでも最初は上手く操作できませんでしたが、どのように操作したらドローンがどのように動くのか等もきちんと記載されています。

【ここがイマイチ】
製品自体に文句はありません。後は僕が自由に飛ばすだけの腕があればもっと楽しいんでしょうけど、先は長そうです。ラジコンヘリなんかと比較すると敷居は高くありませんが、ラジコンカーよりは高いかもw

【まとめ】
空を飛ばす事の出来るオモチャが1万円以下の価格で、しかもこれだけのクォリティーで購入できるのですから良い時代になったものです。しかし、しつこいようですが、楽しいと感じるほど操作できるようになるまでには多少の練習期間が必要な品なので、最初から「お手軽なオモチャ」とまでは言えないと思います。

多少の根気と練習時間が必要な事を理解した上で購入する分には楽しいおもちゃじゃないでしょうか。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント