INDEX    RSS    ADMIN

イヤーフックが脱着可能!AudioMX カナル型 イヤホン レビュー

メガネをしているのでイヤーフック型のイヤホンを使う場面は多くありません、でも、自室ではメガネをはずしてリラックスする事もあって、そんな時は耳から落ちにくい方が良いなぁと思います。

そもそもメガネさえしていなければ、あの外れにくいイヤーフック型は好きなんですよね、本当は。

今日は、そんな僕でもイヤーフック型、カナル型の両方で使い分ける事ができるイヤホンをご紹介します。

AudioMX カナル型 マイク付き耐水イヤホン 黒 EM-B3


【デュアルダイナミックライバー】
製品説明には「デュアルダイナミックライバーによりパワフルな低音」と言うような記載があります。デュアルダイナミックライバーがどういうテクノロジーなのか僕にはわかりませんが、確かに低音は出ていますので、おそらくこのシステムによる恩恵なんでしょうね。

【イヤーフックは脱着可能】
基本的にカナル型みたいなんですが、付属品にイヤーフックがあり、これを装着して使用する事も出来ます。スポーツシーンではフックを使って、自室で落ち着いて音楽を聴く時にはフックを外して・・・と言うような使い方が可能ですね。

【装着感は良好】
当たり前かもしれませんが、メガネをかけた状態でイヤーフックを使用してもあまり安定しません。それよりはフックを外してシュア掛けした方が安定するような気がします。見た感じで装着感は悪くなさそうなイメージを持っていたのですが、やっぱり悪くなかったです。フックなしではスポーツ用途は無理ですけどね。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【ここがイマイチ】
イヤーフックが脱着式なのは便利ですが、地味に脱着が面倒だったりはします。結局、どちらかの形状のままで使い続ける公算が大きく、中途半端になってしまいますね(僕の勝手な事情です)
それと、普段使う音量では全く問題ないのですが、最大音量での再生を試してみた所、高音部でやや音割れするところがあったのは残念です。

【まとめ】
シュア掛けが嫌でないのなら、なかなか装着感も悪くなく安定して使えると思います。音は低~中音に厚いものが好みの方であれば不満は少ないんじゃないでしょうか。繊細で澄んだ高音をお求めであれば、本製品はミスマッチなので他を当たった方が良いのではないでしょうか。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント