INDEX    RSS    ADMIN

レトロデザインが珍しい!Visenta HiFi対応 ヘッドセット レビュー

ヘッドホンやイヤホンを選ぶ上で一番大切なのは音質。高いお金を払って良い音の品を買えと言う訳じゃなくて、価格に見合った音の中から自分の好みの音を鳴らす品を選択するように心がけています。

次に大切なのは装着感。これも耳の形状や感覚は人それぞれなので、当然ながらお高い品であれば良いと言うものでもありません。しかし、なかなかイヤホンの試着が出来るようなお店もありませんし、あってもごく一部の有名なイヤホンしかなかったりするので、試着なんて出来ないまま口コミなんかを読んでカケで購入する事が殆どです。

そして、3番目に大切にしているのはデザイン。音と装着感が良ければ多少カッコ悪くても個人的には許せるのですが、どうせ使用するのならデザインだってカッコ良い方が良い。

今日ご紹介するのは、そんなデザインに特徴があるオーバーイヤー型のヘッドホンです。

Visenta (ビセンタ) ヘッドホン 高音質 【ドイツEGON CHEMAITIS氏設計】 HiFi対応 オーバーヘッド型 密閉型(クローズド型) ヘッドフォン 高デザイン性 ヘッドセット マイク付 ブラック


【音質は価格也】
今日現在の価格が5,000円程度で販売しているのですが、音質はこの価格に見合っていると思います。残念ながら価格以上の音を鳴らすとは思いませんが、良くも悪くも特徴のない音だなといった印象を受けました。

【デザイン】
ドイツだかの大学の教授がデザインしたのだそうで、なかなか個性的なデザインのヘッドホンです。パッと見て高級感を感じるのはデザインによる所が大きいのでしょうね。ただ、実際に手にとって近くで良~く見てしまうと、アルミ製に見えるハウジング部はそれっぽくカラーリングしたプラスチック製ですし、やはり値段也だなと理解できると思います。

【装着感】
オーバーイヤー型でクッションも相当の厚みがあり、耳をスッポリと包んでくれるため、耳への負担は全く感じません。残念ながら僕の場合はサイズの問題で左右から挟まれる感覚を強く感じましたがサイズ的に問題なければ上々の装着感を得られるはずです。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【ここがイマイチ】
本製品はヘッドセットとして使用できるのでマイク用の端子と音声用の3.5㎜端子の両方がついています。この端子がもっと上の方で二股になっているとか、取り外せるとかいった機構なら良かったのですが、あまりにも端子が近すぎて音声端子だけを使いたい時にマイク用の端子が邪魔になってしまいます。

【まとめ】
ヘッドホンに対する優先度は人それぞれだと思いますが、デザインが購入時の優先事項の上位にある方にはお勧めのヘッドホンです、パッと見た感じはやっぱりカッコいいですよね。ただし音質にhが過剰な期待が出来ない事と、装着感はサイズ次第という部分は念頭に置く必要がありますね。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント