INDEX    RSS    ADMIN

切れ味復活!Delidge ナイフシャープナー レビュー

普段、台所のことは全然何にもしないのですが、手持ちの小型ナイフの切れ味が悪くなってしまって困っていました。

安く買ったナイフなので、買い替えても良かったのですが、まだまだ使えそうなのでもったいない。

そこで今回活躍してくれたのがコレ。

(デライジ) Delidge 包丁研ぎ器 シャープナー セラミックロール ステンレス鋼 キッチン ホーム用 仕上げ研ぎ両用


ナイフシャープナーです。

【とにかくお手軽】
刃物を研ぐと言えば、僕らの年代だと「砥石」を使ってせっせと研ぐ方法が真っ先に思い浮かびます。刃を水に濡らしながら、少しづつ研いでいくのですが、本製品はそうした面倒な手間が一切ありません。

製品の溝に3~5回程度、刃を往復させればそれで終了というお手軽さです。

【粗研ぎと仕上げ研ぎ】
画像を見ていただくと、溝が2本あるのがお分かりになると思いますが、本製品は内側の溝が粗研ぎ用、外側の溝が仕上げ研ぎ用に分かれています。これにより滑らかで光沢のある仕上がりになるそうですよ。

【滑り止め台座】
本体底部は滑りにくい加工が施されていて、研ぐときの安定感に一役買っています。ただ、素材的に濡れたまま放置しておいたりするとカビの温床になりそうなので、マメに拭いた方が良さそうです。

※切れ味復活!実演中!!
【自分のための商品レビュー youtube版】


【ここがイマイチ】
大きいです。頻繁に使うものじゃないので、ジャマにならない所に片づけておけば良いのでしょうが、基本的に台所周辺で使うものだと思いますので、置き場所を取るというのは良くない部分かなと思います。

ただ、この大きさと取っ手が、研ぐ時の安定感を生み出しているのも事実かなと思うので、一概に大きいことが悪いことだとも言い切れないのかもしれませんね。

【まとめ】
最近は刃物類も安くて、100均で買えてしまうので刃物を研ぐ必要性に迫られることも少ないです。

ただ、全くないかと言えばそうでもなく、我が家でも切れ味の落ちた包丁は砥石で復活させていました。

頻繁に使うものでなくとも、定期的に必要になるのがわかっている訳ですから、こうした製品は一つ自宅にあっても良いなと思います。

もっと小型の同種の製品なども販売しているようですが、購入の際には本製品も選択肢の一つとして差し支えないと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント