INDEX    RSS    ADMIN

Anker Astro E1 5200mAh 超コンパクト モバイルバッテリー  レビュー

スマホやゲーム機、タブレットなど、最近は電池が気になるものを持ち歩く機会が増えました。

ひと昔前にくらべてスマホの電池の持ちも格段に良くなりましたが、それでも充電し忘れて慌てることもしばしば・・・。

そこで、普段の持ち歩き用にモバイルバッテリーを購入してみました。

Anker® Astro E1 5200mAh 超コンパクト モバイルバッテリー【PowerIQ搭載】
Anker Astro E1 5200mAh 超コンパクト モバイルバッテリー

手のひらサイズで超コンパクト、軽いので、カバンに放り込んでおいても全く気になりません。それでいて、僕が使っているiPhone6plusくらいなら余裕で満充電になってくれるので助かります。

iPhone6plusのバッテリー容量は2,915mAhだそうなので、満充電になってもまだ余裕がありますね。

しかもこれは急速充電にも対応しているうえ、Anker独自のPowerIQも搭載しています。PowerIQというのは、充電するガジェットごとに最適な電圧を勝手に機械が判断してくれる仕組みのようで、僕のような横着ものには益々便利です。

使用するケーブルにもよるでしょうが、スマホのバッテリー残量が心細くなっていることに気が付いてから接続しても、あっというまに50パーセント程度までは回復するので安心感があります。

ただ、日ごろの持ち歩きには軽量小型で良いのですが、旅行などの長期の外出だと、ちょっと容量的に不安です。

スマホだけならともかく、ゲーム機やタブレットなど複数の機器を持ち歩く場合には5200mAhではちょっと・・・。

というわけで、そういうとき用にはもう少し容量の大きなものが便利です。

Anker PowerCore 20100 20100mAh 2ポート 超大容量 モバイルバッテリー


いくらなんでも20100mAhあれば十分でしょ。

スマホだけなら1週間はいけるし、ゲームやタブレットに使ったとしても、これが空になるまでコンセントに出会えないというのは、余程の奥地へ海外旅行にでも行かない限り大丈夫じゃないでしょうかね。

容量が大きい分、お値段もそこそこしますが、それでも今日現在で3800円程度。小型のほうが1600円程度であることを考えると、少々お高いですが、容量当たりで計算すると、コスパは大容量機のほうが良いですね。

いずれにしても、どのような用途で使うかで、どちらか選んで購入するか、腐るもんでもないので両方購入して使い分けるというのもありでしょう。
腐りはしませんが、使っているとバッテリーが劣化してきますし、あまりに長い期間使用せずに放電しきってしまうのもバッテリーの寿命を縮めるので、旅行などの予定のない場合は小型機で十分だと思います。

-将来の自分のためのメモ-
・容量が大きければお値段も高いし、大きいし、重い。モバイルバッテリーに関しては「大は小を兼ねる」は当てはまらないね。
・Anker製ばっかり購入しているので、次はちょっと冒険して他メーカーも試してみても良いかも。ただ、Ankerは高品質を低価格で・・・を地で行くメーカーなので、代替えメーカーがあるかどうか。
・見た目は変化なくても、どうやら1年も酷使していると、公称通りの充電容量が得られなくなってくる様子。ヘタってきたら買い替える、使い捨て用品だと思ったほうが良さそう。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント