INDEX    RSS    ADMIN

お手軽結束!TRUSCO マジックバンド結束テープ

机の上が汚いです。

原因は様々でしょうが、その一つに「物を捨てられない癖」があるのは明らかですw

例えば、家電製品なんかを購入した時についてくるケーブルをまとめる細いワイヤーなんかを「いつか使うはず」と取っておいた結果、机の上に散乱・・・みたいなことがよくあります。

あのワイヤーって確かに必要になる時があるんだけど、そんなに頻繁じゃないんですよね~。わかっちゃいるんだけどね~。

そこで、あのワイヤーを取っておかなくても良いように購入したのがコレ。

TRUSCO マジックバンド結束テープ 両面 黒 10mm×1.5m MKT1015BK


ハサミで好きな長さにカットして使える結索バンド・・・しかもマジックテープ式です!

【ケーブル類をまとめるのに最適】
パソコンモニターの裏なんかは、そりゃあもう見なかった事にしたくなるくらいケーブルがゴチャゴチャしています。それらのケーブルをできるだけスッキリ見せるために、本製品をケーブルの太さや量に応じて適度にカットして使用しています。

【必要なだけ自由にカット】
一番重宝しているのは、必要な長さに自由にカットできること。機器についてくるワイヤーなんかだと、長さに合わせてどのケーブルをまとめるか決めますが、本製品は逆にまとめたいケーブルの量に応じて長さをカットできるので、よりキレイにまとまります。長めにカットしてテーブルの脚とケーブルをまとめてしまえば、ブラブラしなくてスッキリしますよ。

【7色のカラバリ】
本製品は黒の他に、黄色、オレンジ、赤、緑、青、白と7色が販売されていますので、パソコン関係のケーブルは黒、オーディオ関係のケーブルは青、テレビに接続している機器は白・・・という風に色別に使い分けることができます。普段は色分けの恩恵は感じないのですが、機器を移動するときや新たな機器を設置する時に、近くにある余計なケーブルと迷わなくて済むので便利でした。

SnapCrab_NoName_2016-4-9_22-24-6_No-00.png

【結束するものによって太さを】
僕は幅が10㎜のものを好んで使っていますが、もっと太いケーブルなんかをまとめる必要がある方は、倍の20㎜の結束テープも販売しています。太くなる分価格も高くなりますが、それでも太さが倍だからって価格も倍になる訳じゃないようなので検討の余地はありますよね。

【余裕の1.5m】
一巻き1.5mでの販売です。1.5mと聞くと短いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、一度に使用するのが数センチ、長くてもせいぜい数十センチなので1.5mあるとかなり持ちますよ。

【百均とは質が違う】
100均でも似たような品が売っています。実際に購入したこともありますが、本製品とは質が違いますね。100均のものはペラッペラのテープでケーブルをまとめるにも、ぐるぐると何巻きもしないといけないので、結果的に本製品よりも量を使うことになってしまいます。本製品は割と丈夫にできていて硬さも適度にあるので、そうした部分が価格差になっているのでしょうが、こちらだって本日現在の価格が200円ちょっとくらいのものですから、品質差を考えると100均よりもこちらのほうが買いだと思います。

【なかなかの結束力】
マジックテープで貼って結束するタイプなので、ワイヤーよりも結束力としては劣るのではないかと不安だったんですが、しかっり留めれば結構ガッチリとくっついてくれるので安心です。

SnapCrab_NoName_2016-4-9_22-24-29_No-00.png

【繰り返し使用可能】
マジックテープなので、一度貼っても、また剥がして貼り直して・・・と繰り返し使用できます。マジックテープの強度は無限ではないので、何度も貼って剥がしてを繰り返していると結束する力が弱まってくるとは思うのですが、今のところ10回くらいは貼って剥がしてを繰り返してみても差は感じません。

【ここがイマイチ】
これはマジックテープ全般に言えることですが、テープ部分にゴミが付着しやすいです。とは言っても、ただ結束しておくだけなら、そうそう付着しないのですが、例えば人がよく通るようなところに使うと衣服と接触して、その繊維がテープに残る・・・というようなことはよくあります。人通りのある場所には本製品ではなくワイヤータイプの結束バンドのほうが良いかもしれません。

テープの内側が比較的滑りやすい素材でできているので、丁寧にキツく巻かないとスルスルと緩んでしまいます。キツめに巻けば済む話でしょうが、僕の場合はテキトーに巻くことも多いので、例えば内側が滑りにくい素材でできていて適当に巻いてもある程度の力で巻き付く・・・みたいになっていると嬉しかったなぁと思います。

【まとめ】
いつでもどこでも、何にでも結束するのに向いているという訳ではありません。既述したように繊維質の埃やゴミが付着しやすいので、人が通る動線上やカーペットの上なんかに置く物に使用するのには向かないでしょう。ただ、そうした繊維質とは縁遠いデスクの裏なんかで使用するのには向いていると思いますし、便利な品なのではないでしょうか。

下記に商品リンクを貼っておきますが、ホームセンターなんかでも見かけましたので、お急ぎの方は店舗で購入の方が早い場合もあるかもしれません。今日現在はホームセンターよりもAmazonの方が一つあたり数十円安かったので、お急ぎでない方はネットの方がお得だと思いますよ。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント