INDEX    RSS    ADMIN

最新鋭イージス艦の冒険譚!かわぐちかいじ 著 ジパング  

いつも漫画ばかりで恐縮ですw

しかし、この作品はちょっと大人向けですよ!

ジパング(モーニングコミックス)(1-25)


【史実に沿ってるけど忠実じゃない】
ジパングはミッドウェー海戦の真っただ中に現代の海上自衛隊の最新鋭艦がタイムスリップするところから始まります。タイムスリップと聞くとリアリティ重視の方は「ええぇ・・・」ってなってしまうかもしれませんが、ご安心を!きちんと史実に沿った部分も登場しますので歴史好きにも楽しめると思います。

【歴史は変わるのか】
タイムスリップした先に、海上自衛隊のイージス艦「みらい」は本来死ぬはずだった第二次大戦中の将校の命を助けてしまいます。その将校に最新鋭艦の存在を知られたことで歴史がどう変わるのか、それとも全く変わらないのか・・・そんな展開がはらはらしますね。

【純粋に兵器がカッコいい】
イージス艦「みらい」は実在するイージス艦ではありませんが、劇中に登場する兵器はどれも現代の海上自衛隊なら所有していてもおかしくないものばかりです。難しい話を抜きにしても、カッコいい最新兵器と歴史に残る名艦隊との闘いは見ごたえ十分です。

【考えさせられる専守防衛】
本作のいたるところで問題になるのがタイムスリップしたにも関わらず、イージス艦「みらい」が専守防衛を頑なに守るところです。それは日本の誇りでもありますが、こうして第二次大戦真っただ中の軍国主義日本帝国のど真ん中に専守防衛を放り込んでみると、いかに専守防衛が自衛官の安全を脅かしているかが良く分かります。

【まとめ】
本作は、タイムスリップという突飛な内容であるにも関わらず、どこかリアルで生々しい印象を受けます。実はタイムスリップなんかのリアルからかけ離れたお話しはあまり好きな方ではないのですが、本作は一気に全巻読破してしまいました。戦争だったり人の生き死にのお話しが苦手な方はスルーした方が良いと思いますが、そうでない方はぜひお楽しみください。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント