INDEX    RSS    ADMIN

正常進化したイヤホン!QCY QY8 白黒2色 Bluetooth 4.1 ワイヤレスイヤホン レビュー

一つ前の世代の QCY QY7を結構前に2,000円台で購入したのですが、このイヤホンの音が値段の割にすごく良くて、その新型が出たというもんで購入してしまいました。

【日本正規品】メーカー1年保証 / QCY QY8 白黒2色 Bluetooth 4.1 ワイヤレスイヤホン マイク内蔵 ハンズフリー 通話 APT-X CSR 8645 CVC6.0 ノイズキャンセリング搭載 防水 / 防汗 高音質スポーツイヤホン 技適認証済 (ブラック)


イヤホンは比較的安価なものばかり数本持っているのですが、コスパの面では今のところ僕の持っている中で最強なのが、このイヤホンです。

【やっぱり抜群のコスパ】
本製品は購入時の価格が3,000円程度。音質はやっぱり値段以上のものを感じます。低音が強すぎるとか弱すぎるといった偏った印象がなく、非常にフラットな印象を受けるので音楽のジャンルを問わずに楽しめるのではないでしょうか。僕のヘタれ耳での感想ですから、信用できないかもしれませんがw

お値段に関しては、現在 QCY QY7が2,400円程度で販売されているようなので、コスパの面ではこちらの方が現段階では上でしょうかね。

【個人的に見た目はこっちの方が好き】
勝手な印象ですが、 QCY QY7はスポーティーな印象が強くて、スポーツからは無縁なおっさんとしては外出時に使用するのはこっ恥ずかしくて、専ら自宅内で使用していましたw
本製品は QCY QY7と比較すると落ち着いたビジュアルになっており、これなら僕でも外出時に使用できそうです。

【バッテリーの持ちは変わらなかった】
旧世代機と本製品では残念ながらバッテリーの持ちはほぼ同じようです。ただ、それでも連続5時間の使用が可能なので音楽を聴く用途ではそう大きな問題ではないかもしれませんね。

【操作性はグンと向上】
QY7は右耳のところに音量Up/Downなどの小さなボタンが付いていて、正直、イヤホンを装着したままでは操作がし難かったのですが、本製品はそのあたりが改善されています。イヤホンサイズいっぱいの大きな円形ボタンが採用されており、このボタンの押し込む方向で音量の調整や通話応答などができるようになっています。

SnapCrab_NoName_2016-4-8_17-21-37_No-00.png

【多彩なイヤーピース】
商品説明を読む限り、スポーツシーンでの使用を想定しているようで、耳へのフィット感重視のためにたくさんのイヤーピースが付属しています。これはQY7も同じでした。その中から自分の耳の大きさ、形状にあったピースを選択して使用するスタイルです。

【ここがイマイチ】
イヤーピース付属と書きましたが、残念ながら僕の耳では激しい運動をしても外れないぜ!っていうほどのフィット感は得られませんでした。イヤーピースの使い方が悪いのでしょうか・・・。しかし、犬の散歩で少し小走りになる程度のことではビクともしないので、もともと激しい運動なんかしない僕には何の問題もありませんけどw

QY7よりは改善しましたが、やっぱり見た目のゴツさは感じます。装着した状態で鏡を見ると、大きな物体が耳についてるよ~って感じで目立ちますので、ファッション要素と言うか、使用している時の見た目にもこだわる方は他を検討した方が良いのではないでしょうか。もちろん僕は見た目はあんまり気にしないので問題ありませんがw

僕は音楽を聴く用途にしか使っていないのですが、通話用途ではマイクが耳元にある分、ネット上ではあまり良い評判ではないようです。

【まとめ】
音質とお値段、つまりコスパの面で秀逸なイヤホンなのは間違いないんじゃないかなぁと思います。もちろん何万円も出せばもっと良いものがありますが、この価格でBluetoothで、この音質で、おまけにAPT-Xにも対応していて・・・となると、そう選択肢は多くないですよね。

ただし、僕のようにすでにQY7を所有している人があらためてQY8に買い替える必要があるかと言えば、そこは微妙です。正直なところ音質に関しては旧世代機との違いは僕の耳では感じませんでしたし、そもそもQY7が良くできたイヤホンでしたしね。
「このビジュアルが気に入った」「音質は好きなのに旧世代機の操作性がどうも・・・」と言う方は購入を検討しても良いのかもしれませんが、ビジュアルも操作性もQY7で十分ですっていう方は買い替えの意味は薄いような気がします。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント