INDEX    RSS    ADMIN

ドキドキの頭脳戦! 西村京太郎著 十津川警部の対決

西村京太郎氏著の十津川警部シリーズが大好きです。

十津川警部はもちろん、いかにも古いタイプの刑事といった感じの亀井刑事とのコンビが好きなんですよね。

二人共、他の刑事モノや探偵ものに登場する主人公みたいに、特別な能力があったりとか、めちゃくちゃカッコ良かったりする訳ではなく、普通のおっさんなんですけど、その分、人間臭さを作中で感じる場面も多く、一気に二人のファンになってしまいました。

もう数十年来、氏の作品を楽しませてもらっていますが、彼ら以上に魅力的なキャラクターは今のところいないですね〜。

十津川警部の対決 (徳間文庫)



そんな十津川警部シリーズの中でも、この「十津川警部の対決」は必見です。

十津川警部が犯人に対してワナを仕掛ける場面は、割りと多くの作品に出てくるのですが、今作では犯人が一枚上手です。

強盗グループ対警視庁・・・行き詰まる頭脳線の行方は!?

そんなお話です。

氏の作品にたくさん登場する鉄道は、今作には出てこないので、鉄道ファンには物足りないかもしれませんが、純粋に犯人と刑事との駆け引きが楽しめる名作で、長編推理小説にもかかわらず一気に読んでしまいます。

僕は見たことがないのですがドラマなんかにもなった事があるみたいですね。

ドラマも見ていなくて、まだお読みなっていない方は、ぜひ一度手にとってみてはいかがでしょうか。


【中古】 十津川警部の対決 / 西村京太郎

【中古】 十津川警部の対決 / 西村京太郎
価格:200円(税込、送料別)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント