自分のための商品レビュー ~気になるAmazonアイテム~

家電、パソコン周辺機器、カメラ、マンガ、小説、お酒やコーヒーなど、個人的に好きなもの、新製品や気に入った商品の感想を書いたレビューブログです!

仕事は上手にサボろう!? BUFFALO 無線LAN子機 WLI-UC-GNM2 レビュー 

たまぁ~に、むちゃくちゃ働きたくない時って無いですか?

少しで良いからサボりたいなぁ・・・って、そんな時、あるでしょ!?あるよね!?え?ない?嘘だぁ~。

という訳で、僕は時々あります。

心の健康のためにも、そういう時は思い切って少しサボっちゃうのは大切です。きっと。たぶん。

だけど、うまくサボらないと上司にバレたら、叱られて余計にメンタル落ち込んじゃうw

で、うまくサボるための武器として購入したのがコレ。

BUFFALO 11n対応 11g/b 無線LAN子機 親機-子機デュアルモード対応モデル WLI-UC-GNM2


無線LANの親機、子機の両方になるというBUFFALOさんのアイテムです。

これを購入しようと思ったキッカケは、どこぞやのお役所で仕事中に関係ないサイトを巡回しまくったりした職員が処分されたってニュース。

さすがにお役所だけあって、きちんと職員がいつ、どんなサイトにアクセスしたか管理しているんですねぇ。
実はウチの会社もそうなんですw
大きな会社じゃないんで、常に監視している訳ではないのですが、どの端末がいつどこにアクセスしたかのログが残っていて、調べようと思えば調べられちゃう感じ。

じゃあ、職場のパソコンを使わないで自分のスマホでも見てれば良いじゃんって思うかもしれませんが、サボっている間ずっとスマホをいじっているのもあからさまに「僕、サボってまっせ」って感じでイヤ。

そういう訳で、サボるときは自分のスマホのテザリングを使って仕事用のパソコンと接続してログに残らないようにサボってやろうと思った訳ですが、ご丁寧に僕が貸与されているパソコンはWifi接続ができないんですねw

そこでこの製品の登場という訳。

【コスパが素晴らしい】
購入時の価格が900円弱。後述しますが、このお値段で親機、子機の両方の役割を果たしてくれるのだからコスパは文句なしに高いですね。

【子機として】
今回の目的である、スマホのテザリングを使用して仕事用のパソコンを職場のネットワーク以外の手段でインターネットにつなごうという目的はあっさりと達成。付属のソフトを起動すれば、すぐにスマホの電波を拾えるので、あとは普通にWi-Fiで接続するだけ。

【親機として】
うれしい誤算だったのが親機としての性能。なんと子機として動きつつ、同時に親機にもなってくれるので、逆に職場のネットワークに自分のスマホをWi-Fiで接続することが可能。僕はネットワーク管理者ではないので、親機として使うのは諦めていたのですが、そうした小難しい設定は全く不要なまま親機になってくれました。

つまり、職場の中に勝手にWi-Fi電波を飛ばせちゃうようになった訳ですね。

常に飛ばしておくとバレちゃうかもしれないから、昼休みとかに飛ばしてスマホをWi-Fi接続してゲームなんかをしてますw
そうして親機として動いている間も子機として同時に動いてくれるのがスゴいですよね~。

【まとめ】
今日の記事は大きな声では言えない内容で、ましてや職場の同僚や上司にバレたらエラいことになりますが、みなさんも毎日忙しく働いていて、たまには仕事するフリしてサボりたいことだってあるはず。

この商品は、こんなに安価なのにそれを可能にしてくれました。
ちなみに、仕事をサボることばっかり書きましたが、自宅に有線ネットワーク環境しかない方は、コレを使って自宅内にWi-Fiを飛ばすという本来の使い方ももちろんできますw

ただし、ネットワークの電波はごく近い範囲にしか飛びませんから、これ一つで自宅内すべてをカバーできるとは思わない方がよいです。せいぜい、同じ部屋内・・・くらいに考えておけば問題ないと思いますよ。

僕と同じようにサボっていて上司に叱られても責任は持てませんが、たまにはネットをボンヤリみながらサボるのも心の健康のためには必要ですよね!?



関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment