INDEX    RSS    ADMIN

モバイルバッテリーはこれで決まり! Anker PowerCore 10000 レビュー

モバイルバッテリーは色々な種類をたくさん持っています。

根っからの心配性で、外出先でスマホなどの電池が切れることを極端に恐れているものでw

そんな中、僕の中の常識を覆すモバイルバッテリーが発売されました。

Anker PowerCore 10000


またまたAnkerさんの製品です。

モバイルバッテリーはもうAnker 製って決めちゃおうかなw

【超小型モバイルバッテリー】
なんといっても驚きなのは、その小ささ。それでいて10000mAhの大容量!
僕なんか、モバイルバッテリーの仕組みがよくわかっていないので、大きい容量を求めれば本体だって大きく重くなるのは当たり前って素直に思っていました。

・・・が、その常識を思いっきり覆してくれましたね。

SnapCrab_NoName_2016-2-28_11-28-13_No-00.png

一般的なクレジットカードと大きさ比較してもこの通り。

厚さは2㎝ほどあるのでサイフには入りませんが、ジーンズのポケットなんかにはスルリと抵抗なく入ります。

【容量】
10000mAhと言われても僕なんかにはピンとこないのですが、iPhone 6に4回フル充電できるほどの容量があるとのことなので、持ち歩く電力としては必要十分!これだけの容量があればスマホだけでなく、ゲーム機やタブレットなど何にでも応用できそうですね。

【独自技術】
Ankerお得意のPowerIQはもちろん、このバッテリーにも搭載しています。PowerIQは充電対象の機器に最適な電流を勝手に判断してくれるという便利なシステム。つまり、1Aだの2.1Aだの、な~んにも考えないで接続したらOKってことですね。

他にもVoltageBoostというケーブルの抵抗を検知して出力する電圧を自動的に調整してくれる機能を搭載しているみたいで、僕にはよくわからないのですが、一つだけ言えるのは、とにかく「充電が早い」ってことw

SnapCrab_NoName_2016-2-28_11-28-59_No-00.png

【イマイチなところ】
機能的には何の文句もありません。さすがAnkerとしか言いようがない。無理やり文句をつけるとしたら、それは重さでしょうか。コレは180g程度なので十分軽いのですが、その小ささと比較すると重いと錯覚するのは僕だけでしょうかね?なんというか、小さいのにミッチリと詰まっている感・・・とでも言いましょうか。

贅沢かもしれませんが、この大きさで尚且つ軽量の製品が出てくればスゴいですね。

それからポートが1つしかないのも、場合によっては不便かも。小型化にあたって2ポートに出来なかったのは容易に想像がつきますが、もしもコレが2ポートだったら言うことなしって感じです。

【うれしいオマケ付き】
コレに限らず、Anker製品にはモバイルバッテリーを入れるメッシュのポーチがついてくることがあります。これがなかなかに便利で、本来はバッテリーを入れるものなんでしょうけど、僕はケーブル類やデスクの上に散らかりがちなメモリーカードなんかの小物類を無くさないようにまとめるのに使っています。

【まとめ】
Ankerに限らず、最近はすごい勢いで様々なモバイルバッテリーが発売されます。それでも、すでにモバイルバッテリーを所有しているのに、わざわざ買い増ししようと思うような製品はありませんでした。僕は用途に応じて、小さいバッテリー、中容量でそこそこ小型のバッテリー、大きく重くてもいいから大容量のバッテリーと使い分けています。

ところが、これが普段持ち歩くのに許容できる範囲の小型さである上に大容量ですから、たいていの場面がコレ一つで完結します。
お値段もお手頃ですし、今回コレを入手することにしたのはそういう理由からです。

用途に応じて使い分ければいいやって方は、わざわざ改めて買い替える必要はないと思いますが、場面に応じて使い分けるとか、そういうのが面倒な方は買いだと思います!


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント