INDEX    RSS    ADMIN

テレビで簡単ビデオ再生!新Chromecast レビュー

youtubeなど、スマホで動画を見る機会が割と多いです。

出先などで暇つぶしに・・・と言う方は意外といるかもしれませんが、僕の場合、どちらかと言うと自宅で暇つぶしに見る事の方が多いんです。

もしも、僕と同じようにユーチューブなどを自宅で見る機会が多いよ~と言う方には、こちらの商品はピッタリかもしれません。



Googleの新しいChromecastです。

実は旧型の方も持っていうのですが、何だか話題になっているのと、頑張れば購入できない金額じゃなかったのでポチってしまいましたw

【何に使うの?】
基本的なことですが、Google playはもちろん、Huluやdビデオなどを自宅のテレビで楽しむ事が出来ます。
利用するためにはHDMI端子付のテレビである事が必須ですが、今時のテレビは大抵あると思うので、そこは問題にならないでしょう。Huluなどは別に月額料金が必要になりますが、GYAO!の一部やyoutubeの動画など無料でも楽しめるコンテンツもあります。

そして、個人的に大歓迎なのがスマホとのミラーリング機能!スマホで撮影したものをテレビでストレスなく見られるのは嬉しいですよね!

【設定とか面倒くさいんじゃないの?】
商品パッケージには、本体と接続用の電源ケーブル/アダプタしか入っていなくて、なんと説明書らしきものも無い!
あるのは箱の蓋の裏に書かれた、説明らしいイラストだけw
これはちょっと・・・と思ったのですが、大丈夫です!本体をHDMIに挿す→画面に出る指示にしたがってWifi設定をする→アプリを起動する。これだけ。なるほど説明書がいらない訳だ。パソコンなんかに詳しくなくても、これなら設定できちゃいますね。

【イマイチなところ】
まず、旧型と比較してデカくなっちゃいました。何でも小型化が進んでいる昨今にしては珍しい。ただ、ビジュアル的には旧型のフラッシュメモリみたいな形よりもポップで、一般的な住宅には合ってそうな気がします。

旧型は本体をそのままHDMI端子に挿す形状だったのに、新型は本体から伸びたケーブルをHDMI端子に挿します。これはHDMI端子近くのスペースが狭い時には良いかもしれませんが、ウチの場合はプラ~ンとテレビの裏にブラ下がるような感じになってしまうのでマイナス点。

それと、これは旧型の時から思っていたのですが「ON/OFFスイッチが欲しい!」です。電源をOFFしようと思うと、電源ケーブルを引っこ抜くしかない。電気代が挿しっぱなしでどの程度かかるのかはわかりませんが、電気代以上に、旧型の場合は挿しっぱなしにすると、結構熱くなるので心配なんですよ~。かといって、いちいち抜き差しするのも面倒ですしね・・・。

【まとめ】
旧型と新型を比較して何が変わっているのか?と思っていたのですが、結論から言うと大きく変わりません。
ホームページを見ると、WIFIの5GHz帯に対応したことと、よりストレスなく動画再生ができるためのスペックアップが主な変更点のようです。つまり、そうしたスペックを気にしないのであれば旧型でも同じサービスが受けられるということ。
ただし、今日現在で旧型と新型の価格差は500円程度しかありませんので、これから購入を検討されている方は新型購入で良いんじゃないかなぁと思います。

最後に他のストリーミングサービス機器をお持ちの方、とりわけ、旧型のchromecastを所有している方が新型に乗り換えるべきかと言う点ですが、個人的には「必要ない」と思います。旧型の動きがもっさりしていて我慢ならない・・・なんて方がいらっしゃれば買い替える意味はあると思いますが、旧型で十分だと感じている方は、新型を購入する意味が薄いと思いますね。

とは言え、本当に便利で良い時代になったものです。映画を見るのにレンタルすらしに行かなくても良いんですから、僕のようなおっさんには衝撃の時代ですw

本日現在はこちらが最安値だと思います→



にほんブログ村 PC家電ブログへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント