自分のための商品レビュー ~気になるAmazonアイテム~

家電、パソコン周辺機器、カメラ、マンガ、小説、お酒やコーヒーなど、個人的に好きなもの、新製品や気に入った商品の感想を書いたレビューブログです!

初心者でも安心して使えます! Canon EOS Kiss X8i レビュー 

僕がミラーレス一眼の購入に悩んでいる中、嫁が Canon EOS Kiss X8i を購入しました。

僕のカメラ好きはもともとウチの嫁に影響されていて、僕よりもずっと写真歴は長いのですが、結婚してからはあまり撮っていなかったので、もう興味はないのかと思っていました。

【あす楽】 キヤノン EOS Kiss X8i ダブルズームキット



キッカケは友人の結婚式。

きちんとした写真はプロにお願いするけれど、そうじゃない、いわゆるオフショットを撮影して欲しいとの依頼があったのです。

友人としては、別に撮影機器にこだわる訳ではないのでしょうが、根がマジメな嫁なので、おかしな写真は撮れないと、今から気合が入っている次第ですw

自分用ではないので、頻繁には使っていないのですが、お願いして借りる事が出来ましたのでレビューしてみたいと思います!

【見ため】
こだわらない人も多いかもしれませんが、僕は何事もカッコから入る人間なんで、見た目はとても大切w
このカメラは一般的な一眼レフカメラと比較して、そう大きなビジュアル的特徴はないのですが、個人的には角が必要以上に丸みを帯びていて好きじゃない。もっと、こう、昔のカメラのような角ばった古臭い感じのほうがカッコいいですよね!?
とは言え、こればっかりは個人の好みの問題ですし、他人がどうこう言うもんじゃありませんね。

【重量】
一眼レフは大きくて重い印象でした。大きさはたしかに大きくて存在感はあるのですが、軽い!
思っていたよりも、ず~っと軽い!それもそのはず、なんと本体の重さは500gを少し超える程度。これなら長いこと持ち歩いても負担は軽そうです。僕の古い一眼レフと比較しても仕方がないかもしれませんが、一眼レフにしては相当軽いと思いますよ。

【コスパ】
最初はネットで注文するつもりだったのですが、某カメラ店がネットと同価格でダブルレンズキットを販売してくれた上に、カメラバッグや液晶保護シート、レンズプロテクターなどの必要物品もつけてくれたので、その場で即決!お値段はこれ全部で10万円を少し切る価格。後述しますが、初心者や、ある程度の経験があっても、しばらく撮影から離れていたような嫁のような人間にとっては助かる機能が満載なので、この価格であればコスパは非常に高いと思いました。

【AF機能】
オートフォーカスは測距点19点。僕のように、ずっと前の世代のフルサイズ一眼を使っている人間にとっては、AFの速さはちょっとしたショックです。
さらに便利なのが、タッチフォーカス機能。これは液晶画面を見ながら”コレを撮りたい”と思うものをタッチ、勝手にそこにピントが合ってシャッターが下りるという優れもの。これなら、腕に自信がなくても、ボケボケの写真ばっかりで困る~と言うような事は少なそうです!

【画質】
EOS Kiss X8i は2420万画素。しかし残念ながら僕の目では、普段自分が使っている1200万画素くらいの一眼レフとの違いは判りませんでした。ここまでくると、普通の撮影では、そうそう大差ないんでしょ・・・と思っていたら、撮影した画像をパソコンに取り込んでトリミングした時に違いがありました。
撮影した写真をそのまま保存するなら画素数にはこだわる必要はなさそうですが、使いたい部分を拡大して切り取る、みたいな使い方を想定しているのであれば重要なポイントかもしれませんね。



【液晶】
タッチパネルである事は、もはや今時当たり前になりつつありますが、このカメラの液晶画面は僕の大好きなバリアングルw
ファインダーで撮影する時にはモニターを裏返しておけるのが嬉しいです。
嫁曰く、ファインダーを覗いていると、液晶画面にファンデーションが付いちゃうことが多いから、裏返せるのは嬉しい!との事。
なるほど、女性って大変だな~。

【高速連写】
5コマ/秒の連写が可能。僕が今欲しいと思っているミラーレスの連写は11コマ/秒だから、驚きはしないんだけど、実際に動きのあるものを撮影してみると、11コマ/秒だと、1コマ1コマの間の動きはごく僅かで、通常は5コマもあれば足りそう。でも、まぁ、数撃ちゃ当たるじゃないけど、多い方が良い写真になる可能性が上がるかな!?

【撮影モード】
ポートレートや夜景など、多彩な撮影モードがあって、自動で適した設定を提供してくれる機能がついています。とはいえ、それ自体は、もう随分と古いモデルからついていた機能。ただ、このカメラには”料理モード”なんて言うピンポイントのオートモード機能もあって、より多彩なようです。それぞれのモード変更は上面についているスイッチを回すだけなので、瞬時に切り替える事が出来ます。ウチの嫁のような鈍い人間には大助かりみたいw

【動画撮影】
このカメラは動画撮影も可能。しかもフルハイビジョンでの撮影が可能だというから、ちょっとした場面ならビデオカメラを一緒に持参しなくても良いくらいですね。実際に撮影して、ウチのテレビで見てみましたが、大きな画面でもクッキリキレイな映像で、全く不満はありませんでした。我が家ではこの間、ビデオカメラを新調したばかりなのに、活躍の場面が減っちゃいそうw

【まとめ】
見た目は気に入らないのですが、中に詰まっている機能に文句のつけようはありません。見た目については、好みの問題で、ウチの嫁なんかは、この角のない丸っこい感じが好きだと言いますし、人それぞれですねw
費用対効果の面でも、購入しても全く損をした感じはありませんので、今すぐ購入しても良いとは思うのですが、カメラ屋さん情報によると、そろそろEOS Kiss X7の後継機であるEOS Kiss X8が発表になる時期との事でしたので、そちらのお値段とスペックを確認してからでも遅くないかと。
ただ、EOS Kiss X8i の後継、EOS Kiss X9i (仮)は当分先になると思いますので、EOS Kiss X8i そのものが気に入った方は今購入しても、少し経過してから購入しても価格などに大差はなさそうです。メーカーホームページにも書かれていましたが、運動会なんかの子供の行事を撮影するには、費用対効果において、これ以上の機種は今のところ、ちょっと無いんじゃないでしょうか。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment