INDEX    RSS    ADMIN

最近、ムチャクチャ使ってます!Pilot フリクションボール & フリクションイレーザー

仕事の予定等は手帳に書き込むようにしています。

今時はスマホで予定を管理するのが主流なんでしょうけど、何のかんのと言ってスマホを取り出して、アプリを起動して、打ち込むと言う一連の動作にモタつくのが僕らの世代ですw

結局は手帳にササッと書きこんじゃう方が早いんですよね~。

で、手帳に書き込むのは良いのですが、今度は急いで書き込むものだから間違う事が多いのに困ってました。

今さら感はありますが、今日ご紹介するのはそんな場面で重宝するPilot フリクションボール & フリクションイレーザーです!



【消せるって素晴らしい】
予定等を書き込むにはボールペンを使用します。鉛筆だと字が薄くて見難いのでそうなるんですが、ボールペンで間違えると取り返しがつきませんよね。
本製品はペンの頭部分についているイレーザーを使用する事で、ペンの濃い文字をキレイさっぱりと消す事が出来るのが最大の魅力です。

【カラーも色々】
ボールペンほどの種類はありませんが、フリクションボールにも赤、青、緑など様々なカラーが用意されていますので用途に合わせて準備できます。ペン先の太さも0.5mm、0.7mmと複数用意されていますので、こちらも用途に合わせて選ぶと良いですね。

個人的にはビジネス手帳等に使用するのであれば、0.5mm以下をおススめします!

【専用イレーザー】
本製品で記入した文字を消すには専用のイレーザーが必要です。普通の消しゴムでも、ムチャクチャ頑張れば消せない事はないのですが、薄く跡が残りますし時間もかかります。専用のイレーザーだと、鉛筆の文字を消しゴムで消すよりも力も使わずに簡単に消す事が出来ます。



【注意も必要】
消せるボールペンと言う種類の製品が発売されたのは、もう随分と以前の話ですよね。その間に、公的な書類や証明する性格の書類などでの使用が禁止されたり、一部試験でも使用が禁止されたりもしているようで注意が必要です。

また、フリクションボールで記載した文字はイレーザーの「摩擦熱」で消される仕組みになっています。従って、文字を記入した紙に一定以上の熱を加えると文字が消えてしまう事になります。大切なメモ等だと取り返しがつきませんので注意が必要ですね。

【まとめ】
注意点もありますが、使う場面を間違えなければ非常に便利な製品である事に変わりはありません。僕のように個人的な手帳に使う分には間違いなく便利ですし、他にもアイデア次第で用途は広がりそうですね。
スポンサーサイト

なかなかのコスパ!有線イヤホンKingYou KM02 レビュー



【音質】
ややドンシャリ寄りの音は低音もきちんと出ていますので不満はありません。高音部分はシャリシャリ感がこれ以上強いと不快になるかも・・・という微妙なところでしたが、僕は嫌いな音ではありませんでした。ドンシャリが嫌いで、もっと柔らかい音が好きと言う方は他を検討した方が良いかもしれませんね。

【装着感】
一般的なカナル型イヤホンで、ハウジング部分が小型、軽量なのもあって装着感は上々です。多少の身体の動きでは外れたり、緩んだりする事もありませんでした。イヤーピースのサイズがS・M・Lの3種類同梱していて、これのサイズさえ合えば音漏れも少なく遮音性も高いと思います。ちなみに僕の場合はMサイズがピッタリでした。

【デザイン】
可もなく不可もなく・・・と言っては作ってくれた方に失礼かもしれませんが、装着していてもそんなに目立つような外観でもないので自然に使用できると思います。ただ、見た感じ華奢な印象なので、耐久性が不安にはなりました。実際に耐久性が高いのか低いのかは、まだ10日くらいしか使用していないので分からないです。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【ケーブルクリップ】
本製品にはケーブルクリップも同梱していますが、これを使用しなくても、普通に歩きながら使用する分にはタッチノイズ等は気になりませんでした。ケーブルクリップ自体は小さいので、もし使用するとしても目立つ感じではないと思います。

【専用ケース】
たまに見る丸いケースではなくて、小さなポーチのような形状をしたケースになります。ポーチの中に突っ込んで保管する事になるので、中でイヤホンがクシャっとなるのは避けられないです。取り出した時にケーブルが絡まりそうで嫌だなぁと思ったのですが、ケーブルの絡まりは今のところそんなに気になる程ではないようです。

【まとめ】
価格帯を考えると音質、質感ともに価格也のものは感じます。これが千円台であれば予備として購入したり、通勤時専用としてサブ的に購入するのはありだなと思いました。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。

見た目はまんまデスクライト!Beenwoon 無線カメラ レビュー



【画質】
スマホ側で画質も段階的に設定可能な仕様になっているようですが、一番キレイな画質だと防犯用途には十分すぎるほどの画質だと思いました。映っている映像の動きもスムースで、カメラ前で手を振ってみても、そんなにブレて映る事もなかったです。

【LEDライト】
本製品はデスクライトの形状をしているだけでなく、実際にデスクライトとして使用する事も可能です。土台部分が大きなクリップ形状になっていて、挟む力もなかなか強く、大人でも両手を使わないとクリップが開けないほどでした。

ライトの灯りは、正直なところ類似品と比較すると暗めかなと思います。ただ、デスク上を照らす程度であれば十分なので、デスクライトとして実用する事も可能だとは思います。

【Wi-Fi接続】
本体とスマホとをWi-Fi接続して、本製品が映している映像をリアルタイムで確認する事が可能です。また、指定のアプリ(iOS、android両対応)を使用すれば、動体検知やE-mailお知らせ設定も可能で、防犯用途にも使えると思います。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【隠しカメラ?】
商品説明には隠しカメラと記載がありますが、製品の上部にカードスロットやスイッチ類が集中していますので、遠くから見ればただのデスクライトですが、近くで見れば普通のデスクライトでないのは一目瞭然です。自然な感じで防犯カメラを仕掛けるのには適していると思いますが、それとバレないようにセットするのは難しいと思います。

【SDカード】
録画した映像をmicro-SDカードに保存する事も可能です。最大で64GBまで対応との事ですが、ループ録画にも対応していますし、動体検知機能と組み合わせて使用するのであれば、そんなに大きな容量のカードじゃなくても、十分防犯用途には使用できるような気がします。

【ここがイマイチ】
弱点は、LEDライトと同じ面にカメラがセットされていますので、デスク上を照らす感じで自然にライトをセットすると、デスク上の映像しか撮影できないと言う点でしょうか。

例えば、防犯目的で自宅の入り口付近を撮影し続けたいのであればライト面を入口に向けて設置する必要がありますので、やや不自然な感じになります。

【まとめ】
映像はキレイですし、防犯に必要な機能も一通り搭載していると思います。ライトとしての実用性もそこそこありますし良い製品だと思います。残念なのがカメラのレンズ位置で、ライト面じゃなく側面などにレンズがあれば自然な感じでセットできるので、仮に空き巣等が入ってもカメラだとバレる事なく映像が撮れるだろうになぁと思いました。バレちゃったらカメラごと持ち去る事も出来ちゃうので防犯用途としては、ちょっと不安がありますもんね。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。

丸みのある柔らかい音が特徴です!Bluetoothイヤホン OneOdio Y37 レビュー



【音質】
低音が強く、やや丸みのある柔らかい音がします。低音が気持ち良いジャンルの曲をよく聞く方や、元から低音をお好みの方には良いかもしれませんが、澄んだ高音を求める方は、そのような音質ではないので他を検討した方が良いのではないでしょうか。

【装着感】
サイズ別にイヤーチップが同梱されていますので、ご自分の耳に合ったサイズを選択して使用する事が出来ます。僕の場合はMサイズのイヤーチップを使用する事で耳穴をかなり塞ぐ感じの装着感で、外部の音もあまり気になるような事はありませんでした。

【バッテリーライフ】
満充電までに必要な時間は1~2時間程度、そこから4~6時間程度の連続再生が可能と言うのがメーカーの公称値です。表示されているバッテリーライフに開きがありますが、4時間だとちょっと不安かなと思いました。ただ、満充電に至るまでの時間も短いので、マメに充電できる環境にあれば問題ないのかなとも思います。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【デザイン】
ハウジング部分には軽金属が使用されていて、パッと見た感じは2千円やそこらのイヤホンには見えませんでした。ただ、手に取って、ゆっくり観察するとリモコン部分がプラスチック製だったりもして、そうお高いものじゃないとバレますw

【磁石】
左右のハウジング部分に磁石がついていて、イヤホンとして使用しない時にはネックレス上にまとめておく事が出来ます。ハウジングの背の部分が丸みを帯びた形状なので、きちんとくっつくのか不安だったのですが、磁力は思いのほか強く、簡単に外れる事もなさそうです。

【防水性】
IPX4相当の防水性を実現しているようなので、自身の汗やちょっとした雨くらいであれば、それが原因で壊れることはなさそうです。スポーツ時に使用することを想定しているようなので、少なくともこのくらいの防水性はないと困りますよね。

【まとめ】
本製品の音質は、好みがハッキリと別れるんじゃないかなと思います。お好きな方には値段以上の優れたイヤホンになると思いますが、嫌いな方はとことん嫌いで、結局別なイヤホンに買い替える・・・みたいな事もあるかもしれません。

言葉で伝えるのが難しいのですが、クラシック等の澄んだ高音が必要なジャンルをよく聴く方は回避した方が無難かなと思います。音が柔らかいので、長時間聴いていても疲れ難いのがメリットかなと思うので、長時間連続で使用する事を想定するのであれば購入対象としても良いかもしれませんね。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。

激安MP3プレイヤー!HUA HM3 レビュー



【音質】
音質はファイル側に依存するのは当然として、これだけ安いと他の機器ではキレイに聴く事が出来るのに、同じファイルでも本器では雑音が・・・なんて事も気になりました。
ただ、しばらく使用してみましたが今のところは僕程度の耳では、他のスマホ等で音楽を聴くのと明確な違いは感じませんでした。

【デザイン】
安価なだけあって、第一印象はチープな感じがしました。その反面、本体は見た目よりも軽量なので、持ち歩く事を考えれば悪くないかもしれません。見た目なんかどうでも良いから、とにかく安価に音楽を持ち歩きたいと言う方にはおすすめです。

【操作感】
電源スイッチやその他の操作スイッチの操作感もやはり安っぽい印象を受けます。実際に安価なので文句はありませんが、その辺にこだわる方は他を検討した方が良いでしょう。メニュー画面の上下を操作するスイッチが十字キーの左右だったりするなど、慣れるまでは戸惑うこともあるかもしれません。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【ストレージ】
本製品には、最初から8GBのmicro-SDカードが同梱されていますが、本体には内部ストレージはありません。最大で32GBのmicro-SDカードまで認識しますので、音楽ファイルだけを持ち歩くのであれば、そうそう不足感はないと思います。

ただ、本製品はAVI形式の動画も再生する事ができるため、動画ファイルも持ち歩くのであれば不足感がありますね。

【画質】
そのAVI形式の動画ファイルですが、再生時の画質は一昔前の携帯電話レベルと言うのが一番近いと思います(スマホじゃなくて携帯電話)
物凄いキレイな画質を期待するとガッカリする事になるかもしれません。本製品の動画機能はオマケで、メインは音楽を機器だと割り切った方が良いでしょう。

【バッテリーライフ】
満充電まで2~3時間が必要で、そこから約10時間程度の音楽再生が可能となっています。スマホ等と比較すると圧倒的にバッテリーは小さいですが、音楽を聴く事のみに使用するのであれば十分な電池量かなと思います。

【まとめ】
安価なMP3プレイヤーだと、メニュー画面が日本語じゃなかったりして苦労する事もありますが、本製品は日本語表記なので使用の際に迷うことも少なかったです。価格が安いので、見た目は価格也ですが、使ってみた感じは十分に音楽鑑賞に使用できますし、値段を考えると普段からガンガン使用する目的で一つ持っていても良いかもしれません。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。