INDEX    RSS    ADMIN

空撮カメラ内蔵!Holy Stone ミニドローン レビュー

最近、何かと話題のドローンですが、本格的な品を購入すると数万円~数十万円もしますし、業務に使用するような機体だと、それこそ数百~数千万円するようなものまであるそうです。

それでも、昔なら空飛ぶラジコンと言えばヘリや飛行機だけで、それらはちょっと僕らのような素人さんには敷居が高かった。

今日ご紹介する製品は、僕のような素人でも手を出しやすい上に空撮用のカメラまで内蔵したドローンです!



【空撮カメラ付】
画質は720Pなので、本格的な空撮映像を作るには不満かなと思いますが、遊びで自分の周辺を空から映す程度のことであれば十分楽しめるだけの画質です。個別にドローンに手持ちのカメラを固定したりすると、それなりの準備が必要ですが、内蔵型だとそれも必要ないのでお手軽です。

【簡単じゃない】
一度だけ他の製品を弄った事があったので知ってはいましたが、操作は簡単ではありません。簡単にできちゃう人も中にはいるのかもしれませんが、少なくとも僕はただ浮かせて制止させるだけの事に数日間の練習を要しましたw

【意外と頑丈】
練習に当たって、何度も何度も墜落させたり壁に激突させたりしましたが、コレを書いている今日現在も、多少の傷はついていますが元気に動いてくれています。割と激しく落下したりもしたのですが、作りは頑丈みたいですね。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【日本語説明書】
きちんと日本語で記載された説明書が同梱されてきました。僕は初心者中の初心者なので、それでも最初は上手く操作できませんでしたが、どのように操作したらドローンがどのように動くのか等もきちんと記載されています。

【ここがイマイチ】
製品自体に文句はありません。後は僕が自由に飛ばすだけの腕があればもっと楽しいんでしょうけど、先は長そうです。ラジコンヘリなんかと比較すると敷居は高くありませんが、ラジコンカーよりは高いかもw

【まとめ】
空を飛ばす事の出来るオモチャが1万円以下の価格で、しかもこれだけのクォリティーで購入できるのですから良い時代になったものです。しかし、しつこいようですが、楽しいと感じるほど操作できるようになるまでには多少の練習期間が必要な品なので、最初から「お手軽なオモチャ」とまでは言えないと思います。

多少の根気と練習時間が必要な事を理解した上で購入する分には楽しいおもちゃじゃないでしょうか。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
スポンサーサイト

クセのない音です!KOTION EACH G2100 レビュー

いわゆるゲーミングヘッドセットと言う類の品はいくつかご提供いただいてきました。

中には素晴らしい重低音で大迫力の品もあったのですが、贅沢にも一点だけずっと気に入らないなぁと思っていた部分があります。

それはテカテカの質感です。

製品としての質感はどれも悪くなかったと思うのですが、ハウジング部分のプラスチックがテカテカの黒で、いかにも「プラスチッキー」な感じだったんですよね。

今日ご紹介するヘッドセットはこの点が違います。

「優質版」KOTION EACH ヘッドホン led G2100 3.5mm + USB接続 プロゲームグヘッドホン ヘッドセット高集音性マイク 振動機能 バーチャルサラウンド 騒音抑制 LEDライクとマイク付きヘッドアーム調整可能 PS4 IOS システム、Android 、PCなどに対応 (ブラック&ブルー)


【マッドブラック】
リモコン部分などは、これまでと同じテカテカプラスチックなんですが、ハウジング部分がマッドな感じのブラックです。たったコレだけの事ですが、デザイン的にグッとカッコ良くなったなぁと思うのは僕だけじゃないはず!

【音質】
フラットな音質で長時間のゲーム使用でも耳が疲れにくいだろうなぁと言うのが第一印象でした。少し低音が強めかなと言う程度で、低・中・高音のどれが目立っていると言う訳でもなく素直な音質です。悪く言うと特徴のない音とも言えるかもしれませんね。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【ちょうど良いLED】
他の同種の製品と同じように、ハウジング部とマイクの先端にLEDライトが点灯するのですが、光量は中途半端です。にも関わらず、控えめな感じでかえってカッコ良く見えるのはマッドブラックの効果でしょうか。

【ここがイマイチ】
本製品そのものに文句はないのですが、G2200と比較した時に「ん?」と思ったのは、その価格差。この記事を書いている現在で2,000円程度の差しかないんですよね。G2200はUSB接続が可能で迫力の重低音、おまけに7.1chバーチャルサラウンド、ハウジング部には振動機能まで備えています。

【まとめ】
G2200と比較してしまう事自体が良くないんでしょうけど、でも消費者としては差額とメリットの大小はどうしても比較してしまいます。ものすごい価格差なら諦めますが、もし2,000円程度の差額が許せるのであれば、個人的には断然G2200推しですね。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。

コスパ抜群!値段より高音質!Bluetoothスピーカー VAVA Voom20 レビュー

ポータブルBluetoothスピーカーと言えばBOSEのsoundlinkが有名ですね。

近くの電器店で聴いてみたり、実際に購入してみたりもしましたが、小さな筐体なので重低音の効いた音は本当にスゴいなぁと素直に思っちゃいます。

でも、その分、価格もスゴくってSoundLink Miniでも3万円くらいしますよね。

ゆっくりと音楽鑑賞するのにも耐える音質の同製品ですが、出来ればもう少し安価で入手できれば気軽にデスク上なんかでも使えそうです。

今日ご紹介するスピーカーはBOSE製品よりは気軽に購入できる価格で、なかなかの音質を備えた品ですよ!

Bluetooth ポータブル スピーカー VAVA Voom20 2個8W ドライバー & 2パッシブサブウーファー ワイヤレス IPX5 防滴 防水 AptX搭載 USB充電ポート付 VAVA-SK002


【音質良好】
当然ですが、BOSEのSoundLink Miniには音質では総合的に劣ります。販売価格が3倍くらい違いますから、これは納得できるところです。しかし、下の価格帯はもちろん、同価格帯の中では間違いなく上位の部類だと思います。

僕の大嫌いな音のこもった感じは全く感じられず、重低音もこのサイズとしては十分なパワー感を感じました。ごくごく少し、ほんのすこ~しだけ高音部にシャカ付きを感じましたが全然許容範囲内でしたよ。

【落ち着いたデザイン】
この種のスピーカーとしては一般的なデザインだと思います。操作部などには艶消しの素材を使っており、安っぽい印象も受けませんでした。

【防水設計】
IPX5なので多少の水には耐えますね。水没させてしまうとダメですが、それさえ気を付ければ浴室とかプール、海などでの使用も可能だと思います。ただし、防塵設計ではないようなので海などでは砂にも注意が必要ですね。

あと、関係ないけど商品紹介の「スピーカーに水がかっても、あなたの楽しみには水はささない防水スピーカーです。」と言うコピーがなかなか秀逸だと思いましたw

【自分のための商品レビュー youtube版】


【2台接続可能】
本製品は2台の音楽再生機器と接続しておく事が出来ます。片方の機器とBluetoothが途切れるともう片方の機器で使用できるようになる仕様みたいです。自宅ではPCと接続するけど、持ち出した時はスマホに接続して使いますと言う方には便利な機能ですね。

【バッテリー】
本製品はフル充電の状態から連続再生はおよそ10時間可能。使用時のボリュームの大小によっても多少の差はあると思いますが、これだけの時間連続再生できるのであれば大抵のシーンで問題ないんじゃないでしょうか。

【ここがイマイチ】
既述の通り、ほんの少しだけ高音部にシャカ付きを感じる他はこれと言って不満はありません。長く壊れずに使用できれば良いなぁと思っています。

【まとめ】
3,000円台とか5,000円台で似たようなスピーカーはたくさん販売しています。それらと比較すると少し価格は上ですが、それでも1万円でお釣りがくる事を考えれば、コスパは抜群だと思います。音質の好みは人それぞれなので断言はできませんが、下の価格帯の製品を購入して音質にガッカリするくらいなら、少し頑張って本製品を購入した方が安全かもしれませんよ。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。

純正品の半値以下!初心者には十分です!K&F Concept KF590EX レビュー

「カメラが趣味です」

なんて胸を張って言うのが恥ずかしい程度の初心者ですが、それなりに撮影して楽しんでいます。

最近の愛機はCanon EOS 70Dで、動画も写真もコレを使うことが多いのですが、ちょっと前まではOlympus OM-D E-M5 Mark IIで撮影する事が多かったんですよね。

で、この2機種、サイズから何から全然違うカメラなんですが、OlympusのOM-D E-M5 Mark IIには外付けの小さいフラッシュが同梱されていたんですけど、Canon EOS 70Dの方には内蔵フラッシュがあるものだから、コレが同梱されていないんですよね。

でも、この小さいフラッシュを使って遊びながら撮影しているうちに、Canon EOS 70Dの方にも外付けのフラッシュが欲しくなってしまって・・・。

でも、純正品で購入したら4万円も5万円もするものだし、そもそも今まで無くても困らなかったものだしなぁと貧乏根性丸出しで悩んでたんですよね。

で、折衷案としては、もっとお安く楽しめるストロボを探すこと・・・となる訳なんですが、本日ご紹介する製品は、まさにこんな僕の強い味方になってくれる品でした!



【純正じゃなくても良いんじゃ?】
カメラ屋さんへ行って、純正品も触らせてもらいました。厳密に上級者に言わせると、もちろん純正品とサードパーティ製では違いはあるんでしょうけど、正直言って僕にはその厳密な違いが認識できるほどの知識も経験値もない。簡単に言うと、初心者では純正品と違いが解らないくらい良くできている製品だと言うことですね。

【頼もしいTTL】
本製品には自動フラッシュモードがあります。腕のある上級者はレンズやシャッタースピード、被写体の明るさから経験的にマニュアルでパパッと設定してしまうんでしょうけど、僕程度だと1回撮ってみては調整し、調整しては再び撮ってみる・・・と言うトライ&エラーがないと上手く設定できません。

もちろん、そうやって苦労して皆、理解できるようになっていくのでしょうが、どうしても1回しかチャンスがなくて、しかも失敗できない時ってないですか?

僕はゴツめのカメラを持っていると言うだけで、結婚式の撮影なんかを頼まれる事があります。本当は怖いから断りたい気持ちもあるんですが、今後の付き合いを考えるとなかなか・・・そんな場面で、トライ&エラーとか無理でしょ!?

TTLはそんな時の強い味方です。な~んにもしなくても最適な範囲、スピードで光をくれるので誰でもそこそこキレイな写真にはなりそうです。しかも、ゴツいフラッシュをカメラにつけていると、何か「メッチャ上手い写真撮る人」みたいに周囲から見えるオマケ付ですw

【自分のための商品レビュー youtube版】


【電力は乾電池】
本製品は単三乾電池4本が動力源です。特殊な電池やバッテリーだと困りますが、その辺のコンビニにも売っている普通の電池で光りますので、たくさん使いそうな時には乾電池を余分に持っていけば良いだけなのは助かりますね。

【ここがイマイチ】
製品自体は純正と比較しても遜色ないくらいに感じるので、全く不満はないのですが、日本語の説明書が同梱されていなかったのが何よりも辛かった。

ただでさえ初心者なので、ここはやっぱり日本語で丁寧な製品説明が欲しいところです。ある程度の操作を理解するには、パソコンで翻訳サイトに向かって四苦八苦する必要があるかもしれませんが、先述したTTLでしか使わないのであれば、全く説明書なんて読まなくても大丈夫なのは心強かったですw

【まとめ】
例えば、子供の成長を記録するためのスナップしか撮らないお父さんであっても、そのスナップは出来るだけキレイな方が良いですよね。写真の腕を上げるまでには相当の時間と練習が必要ですが、ストロボを取り付けるだけでキレイになるのなら、それは安い投資かもしれません。

コンデジで何となく残れば良いんだと言う方には全く不要な品ですが、一眼レフを所有しているのであればストロボを使わずに屋内撮影をするのは逆に勿体無いような気がします。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。

コスパ高し!小型でもパワーを感じる高音質ヘッドホン LASMEX C45 レビュー

メガネを掛けながら使用できるヘッドホンって、意外とありそうで無いです。何万円も出せばあるのかもしれませんが、そんなお金はありませんので、予算の範囲内で、かつ、メガネの上からでも使用できるヘッドホンが欲しいと常々思っていました。

今日ご紹介するヘッドホンは、僕の頭のサイズであればメガネをかけたままでも、「ツル」の部分への干渉が少なく、長時間の使用も可能でしたので、メガネとヘッドホンの両立でお悩みの方は検討されてみてはいかがでしょうか。

LASMEX 密閉型オンイヤーステレオヘッドホン 有線リモコン・マイク付き ガンメタリック C45


【装着感は上々】
イヤーパッドやヘッドパットについては、他の製品と比較して特別な点はありません。ただ、左右からの締め付け感が殆どないので、メガネをしていてもツルの部分が押し付けられて痛いと言う事がないんだろうと思います。

また、サイズ調整のためのスライド幅が比較的大きいので、頭の小さな方から大きな方まで広いサイズでお使いいただけそうですね。

【低音頑張ってます】
総じて、音質も満足できるレベルでした。安価な製品の中には低音が弱すぎて軽すぎる音の印象な品もありますが、本製品はこの小さな筐体でありながら低音もきちんと鳴らしてくれます。低音ばかりを強くしたいあまり、バランスを損ね、聞いていて疲れるヘッドホンもありますが、そのあたりについても本製品は問題なくて、比較的バランス良く鳴り、変なこもり感もなかったですね。

【メタリックな外観】
デザインは割とシンプルな方かなと思いますが、ハウジング部分などにアルミが使用されている事で、軽量ながら質感の高い印象を受けます。僕のようなおっさんになると、あんまり派手なロゴの入った品や派手なカラーの製品は気持ち的に使いにくいので助かりますw

【自分のための商品レビュー youtube版】


【2種類のケーブルが同梱】
本製品は有線接続ですが、本製品と音楽機器を接続するケーブルは双方とも脱着できるようになっています。このケーブルが2種類あって、片方はリモコン付、もう片方はリモコンなしのケーブルになります。

断線してしまった時の予備にもなりますので、ケーブルが2本同梱していると言うのはありがたいですね。

【軽量・コンパクト】
ハウジング部にアルミを使用していたりするにも関わらず、本製品はかなりの軽量です。折りたたむ事でコンパクトにもなりますし、本製品専用のセミハードケースも付属していて、持ち歩き用途にも適しています。

【ここがイマイチ】
数週間使用しましたが、今のところコレといった不満はありません。強いて言うなら、ヘッドホンの折り畳みが特殊な感じなので、うっかりすると壊しちゃいそうって事くらいですかねw

【まとめ】
本日現在の価格は5,000円程。この価格のヘッドホンとしては十分な音質に加え、デザインや素材も質感が高く、お値段以上の価値を感じます。この価格帯でヘッドホンをお探しになっている方は購入する際の選択肢にすべきではないかなと思いました。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。