INDEX    RSS    ADMIN

バックライトがカッコいい!iClever 折りたたみBluetoothキーボード レビュー

スマホやタブレットに長文を打ち込む必要がある時に、ソフトキーボードやフリック操作だと面倒ですよね。

操作が得意な方は良いですが、僕のようなおやじになると、もう指が攣りそうになりますw

今日ご紹介する製品は、そんな時の助けになるBluetoothキーボードです。

iClever 折りたたみキーボード Bluetooth USB 薄型 フルサイズ 無線 & 有線 デュアルモード接続対応IOS / Android / Windows に対応 ( ホワイト) IC-BK05


【バックライト付】
本製品にはバックライトが装備されています。このライトは強弱を選択して使う事が出来るのですが強い方でバックライトを点灯していると、真っ暗な中でもキーの判別が可能です。真っ暗な中で使用する人もいないかもしれませんけどねw

さらに、このバックライトはブルー、レッド、グリーンなど任意のカラーに点灯させて使う事も出来ます。

【アルミ合金使用】
キーの部分は普通にプラスチック製なのですが、折りたたみ時の可動部や畳んだ時に外側になる外装にはアルミ素材が使用されています。これのおかげで見た感じ安っぽい印象は受けませんでした。

【広いキーピッチ】
もう一つ同種の製品を所有しているのですが、そちらと比較してキーピッチが広いため使いやすいです。ただしキーピッチが広い分折りたたんだ時のサイズもこちらのほうがやや大きいので、携帯性と使いやすさのどちらを優先させるかと言う選択になると思います。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【打鍵感】
打鍵感は浅めで、やや硬めです。深くて柔らかい感触の好きな方は不満かもしれません。ただ、折り畳み式で同種のキーボードだと、本製品に限らず、だいたいが浅めのキータッチになってしまうと思います。

【オマケ付】
キーボードを収納するポーチが同梱されていました。タブレットやスマホとペアリングして使用する事が多いと思うので、キーボードの収納には困る可能性がありますね。そのような場合に裸で鞄に放り込むのは心配なので、こうしたポーチなどがあると助かります。本当に本製品にピッタリ(出し難いくらい)なサイズのポーチです。

【ここがイマイチ】
携帯目的のキーボードにそこまで求めてはいけないのかもしれませんが、キーボードそのものが真っ平な作りで角度がないので、普段角度をつけてキーボードを使用している方には多少使い難いかもしれません。僕も普段は角度のあるキーボードを使用しているので、慣れるまでは使い難かったです。

このあたりが次の製品ではクリアされていると嬉しいなと思います。

【まとめ】
バックライトがついている点が質感を高めているように思います。真っ暗な中で使用する事はなくとも、青や赤に光るキーボードは何だか気分を上げてくれます。バックライトの有る無しで大幅にお値段が違うようだと躊躇いますが、同程度の価格であればバックライト付の方が個人的に良いなと思います。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
スポンサーサイト

ベッドサイドに最適!TaoTronics LEDライト TT-DL08 レビュー

ウチには色々な電気スタンドがあります。それぞれに長所、短所があるのは当然なのですが、色々な製品を見ていると「この製品は本当に消費者の事を考えて作られているのか」と言うのが何となく理解できるようになってきます。

電気スタンド一つとっても、ただおざなりに灯りが点けば良いじゃんと言う製品もありますし、時には製品の「バリ」がきちんと処理されていなくて、指に怪我をしてしまった事もあります。こんなものは製品の性能以前の問題で、完全に「消費者目線」からはかけ離れていますよね。

今日ご紹介する電気スタンドは、随所に「消費者が便利な製品を」と言う意識を見てとれる製品ですよ!

LED デスクライト 電気スタンド スタンドライト タッチセンサー で三段階調光 TT-DL08


【シンプルな見た目】
人によりけりだと思いますが、とてもシンプルな外観で余計なものは極力排除したといった印象です。コレを寂しいと感じる人もいるのかもしれませんが、いわゆる機能美と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。個人的には「イケア」とかに売ってても良さそうな印象・・・とまで言うのは言い過ぎでしょうかw

【明るさは3段階+1】
ライトの明るさは3段階に調整が可能です。それぞれの明るさに明確な差があるので、使用場面に応じて使い分ける事が出来ます。さらにその白色3段階とは別に「ナイトライトモード」が選択可能。このモードは就寝に向いた暖色の灯りを枕元だけにギリギリ照らす程度の光量です。いちいち手動でちょうど良い明るさに調整しなくても、ワンタッチでちょうど良い灯りになるのは非常に便利ですよね。

【タイマー機能搭載】
デスクライトなんかではあまりタイマー機能搭載と言うのは聞かないですよね。本製品は幅広く時間を設定できるようなタイマーではありませんが、1時間したら自動で消灯すると言う機能がついていっます。デスクライトとして使用している時にはあまり必要としない機能ですが、既述した「ナイトライト」モードと組み合わせて使用すると、眠りにつくまでの間だけ枕元を照らしてくれて、眠ってしまった頃には勝手に消灯してくれると言う優れものです。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【畳むと数センチに】
本製品は、ライトの部分も柄の部分も前にペタリと折りたたむ事が出来るつくりになっているので、きちんとたたむと厚さが2~3㎝程度になります。僕は普段プロジェクターで壁に映画を映して楽しむのですが、実はライトの置き場所が投射時にジャマになる箇所なんですよね。

コレだとプロジェクターを使用する時に畳んでおけばジャマにならないので重宝していますよ。

【ここがイマイチ】
イマイチと言うがお願い・・・と言う意味合いが大きいのですが、まず1点目はぜひとも充電できるようにしてほしいと言う点です。充電が出来れば使用できる場所が広がりますもんね。

もう1点は給電をコンセントでなくUSBから可能にして欲しいと言う点。コンセントって結構貴重なんで出来れば口を塞ぎたくないのが正直なところです。

【まとめ】
ここ最近入手したデスクライトの中では抜群のコスパだと思いました。ビジュアルも個人的に好みですし、ありがたく使わせていただきたいと思います。触った感じでは、おそらくライトの付け根の可動部分と柄の付け根の可動部分が一番弱い箇所だと思うので、ここを触る時に丁寧に動かせば長持ちしてくれるんじゃないかなぁと思いますよ。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。
にほんブログ村 PC家電ブログへ

モバイルバッテリーがおいしそう!?Reacher 8000mAh クッキーサンド型 大容量モバイルバッテリー

最近はスマホやタブレットなど、電池の持ちに気を使わなければならない機器を持ち歩く機会が増えました。

外出先でスマホの電池が切れるのが怖いので、ちょっとした外出には小型軽量なモバイルバッテリー、長時間の外出になりそうな時には大きくても大容量のバッテリーを持ち歩く事にしているのです。

使わせて頂いているモバイルバッテリーの性能には何の文句もないのですが、どのモバイルバッテリーも同じような見た目で、見た感じでメーカー名が分かるような品ってあまりないですよね。

今日ご紹介するモバイルバッテリーは大容量でありながら、その特徴的な形状が目を引く珍しい製品です!

Reacher 8000mAh クッキーサンド型 大容量モバイルバッテリー ポータブル power bank クリーム色


【8000mAh の大容量】
この特徴的な見た目でありながら、電池の容量は8000mAhもあります。iphone6plusが満充電で3000mAh弱程度だったと思うので、実際はロスがあって8000mAhもないとしても十分iphone6plusを100%まで充電できると考えて良さそうです。

【おいしそうな見た目】
モバイルバッテリーにデザイン要素が必要かどうかと言う議論は置いておくとして、クリームサンドクッキーがおいしそうですw

ちなみにチョコクリームサンドもラインナップされていますよ。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【機能は備えてます】
見た目や容量だけでなく、例えばLEDゲージがバッテリー内の電池の残りを教えてくれたり、機能面でも必要な能力は備えています。素材感もややザラザラとした手触りで落とし難く出来ていたりもします。

【女性やお子さんに】
珍しい見た目で、モバイルバッテリーとしても良く出来ているとは思うのですが、どう考えても僕のようなおっさんが持ち歩いていると引かれると思うので残念ながら自分で使用するのは諦めています。本当は若い女性や子供に似あう品だと思うのですが、ウチの子はまだ小学生ですし、嫁に譲ろうと思います。嫁だって、もういいおばさんなんですけどねw

【ここがイマイチ】
製品自体に文句はありません。ただ同社のモバイルバッテリーは奇抜な見た目の品が多く、他にもパンダやウサギなんかのラインナップがありますが、どう考えても男性向けの製品が一つもないw

ぜひとも次の企画では、男性にも目を向けた品を開発して欲しいものですね。

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。

スマートウォッチ入門機!Lendoo タッチパネル液晶 スマートウォッチ レビュー

Apple watchを初めとしてスマートウォッチと呼ばれる種類の製品がたくさん売っていますね。興味がない訳ではないのですが、なかなかお高いのもあって、何となく手が出ないでいたんですよね。

そんな所へLendooさんより、スマートウォッチのレビュー依頼が・・・。

ありがたく受けさせて頂きましたw

Lendoo タッチパネル液晶 スマートウォッチ Bluetooth4.0 スマートブレスレット 心拍数モニター カロリー 座りがち注意 ランニング 歩数計 スポーツ腕時計 活動量計 ハートレートモニター リストバンド iPhone &Androidスマートフォン対応 IP55防水 (ブラック)


【タッチパネルの操作性】
タッチパネルの反応は上々です。Apple製品を触った事がないので比較できないのですが、時々モタツキはあるものの、そんなにストレスになるほどもっさりした動作性ではなかったですね。

【時計としてのデザイン】
まずアナログ時計好きには受け入れがたいデザインなのは間違いないでしょう。表示がデジタルと言うだけでなく、何となく全体的に未来的な雰囲気を感じるデザインです。

【スマホとの接続】
添付した動画の中で詳しく説明していますが、専用のアプリをダウンロードして、スマホ側から本製品の動きを制御するような形になります。Bluetoothで接続するのですが、接続までの操作に特に難しいところはなかったので大丈夫だと思います。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【電池の持ち】
Amazonの製品説明の中に7日程度可能と記載があります。使い方次第でしょうが、ただ時計として使用する分にはそのくらいは持つと思いますが、心拍数だの移動距離だの、SNSや電話の着信通知だのと使っていると、たちまち電池を消費しますので、基本的にスマホと同じように毎日~2.3日に1回は充電するものと考えたほうが良さそうです。

【ここがイマイチ】
何と言っても日本語の説明書が付属していなかった事が痛かった。こうした製品に詳しい方だと不要なのかもしれませんが、僕のように人生初スマートウォッチで説明書なしだとどうにもならないです。

時計としての使用くらいは簡単に設定できるのですが、そこから先は説明書が欲しかったですね。実際に、SNSや電話の着信をウォッチで知らせる設定が今日現在も出来ていませんので、宝の持ち腐れ状態です。

【まとめ】
質感も今日現在の価格と比べると悪くなく、時計としても実用できそうなレベルなのでその点で不満はありません。ただの時計として使っても良いのですが、せっかく様々な機能が付随しているのにそれを使わないのは勿体ないですよね。

その為には、僕は説明書が欲しい・・・と言うか日本語の説明書がないとスマートウォッチとしてのメリットを半分も享受できていない感じで残念です。

※本レビューはメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。

遠慮なくブっ叩いてスイッチON!Intsun LED タッチライト レビュー

これまで色々なライトを使用してきましたが、デスクライトはともかく、ベッドサイドに置くライトはタッチセンサー式が便利だなと思っています。

僕くらいのおっさんになると、夜中にトイレに起きることも度々あるんですが、目覚めた直後だと目が開かなくて、ライトのスイッチをきちんと確認するのが難しい。

その点、タッチセンサー式だと、何となくスイッチ近辺をブッ叩けばライトが点灯するので重宝します。

ただ、時々、検討を誤ってライトをベッド下に落としてしまったりスイッチとまるっきり関係ない部分をブッ叩いたりしちゃう事もあったんですよねw

今日ご紹介するライトは、そんな場面でも遠慮なく使用できちゃう製品ですよ!

Intsun 可愛いデザインLED キノコライト 達磨型 タッチセンサー  七色に光る 調光タイプ 癒しの灯り usbランプ インテリアライト  卓上スタンド 照明モード/明るさ2段階調整


【フニャフニャと柔らか】
きちんと確認していなかったので商品が届いて驚いたのですが、ライトの傘の部分が硬質ではなくフニャリと柔らかい素材で出来ています。さらに驚く事に、このフニャリと柔らかい部分をタッチする事でライトのON・OFFが可能な作りになっています。

【ダルマのように倒れない】
そこが緩やかな球体になっていて、少し押したくらいではライトは倒れません。ちょうど、ダルマを想像してもらえば分かり易いと思うのですが、この形状だと誤って落下させてしまうリスクが低いと思います。

【選べる3モード】
ライトの強さは強・弱の2段階。この点は他の製品も似たようなものですし、無段階調光や多段階の品もたくさんありますので珍しくもないのですが、本製品はさらに7色のモードを選択できます。動画をみていただくと解り易いと思うのですが、赤やら青やら色々な色に替わるので賑やかですね。

※お試しブっ叩き中!
【自分のための商品レビュー youtube版】


【熱の心配は不要】
ライトの傘の部分が柔らかい素材なので、電球の熱で破損したり融けたりしないか心配でした。そんな事になったらシャレになりませんもんね。そこで、商品が届いた日に一晩中、ライトをONにしておいたのですが、朝になっても傘の破損どころか、傘部分に熱さすら感じませんでしたので安全なようですね。

【ここがイマイチ】
「タッチセンサー」と商品を説明していますが、実際のところはタッチするだけで反応する仕様ではなく、傘の柔らか部分を叩くことで反応しますので、やさしく触っただけで反応すると誤解して購入されてしまう方もいるんじゃないでしょうか。僕の場合は、どちらにしてもブッ叩くので問題ありませんけどねw

それと、贅沢かもしれませんが、是非充電式も開発して欲しいと思います。その方が使い勝手が良いと思うので。それと、出来れば僕のようなおっさんでも使用し易い、大人しい見た目の品もラインナップしてくれると助かりますねw

【まとめ】
ライトが柔らかいと言う発想自体が全くありませんでした。ベッドサイドのライトはスイッチ操作のし易さが大切なので、柔らかい部分を叩くと反応すると言うのはかなり便利です。また、枕元に置くものですから、地震や誤って落下させてしまった時の事を考えると、硬い品よりも柔らかい品のほうが安心できますね。光量や色調もベッドサイドで使用するのにちょうど良い感じなので、おすすめできますが、このかわいらしい見た目だけが僕には似合わなくて残念ですw

※本記事はメーカー様より製品のご提供を受けて記載しております。