自分のための商品レビュー~気になるAmazonアイテム~

家電、パソコン周辺機器、カメラ、マンガ、小説、お酒やコーヒーなど、個人的に好きなもの、新製品や気に入った商品の感想を書いたレビューブログです!
自分のための商品レビュー~気になるAmazonアイテム~ TOP  >  2016年04月
Since October 2015

自転車移動でもスマホのナビを利用!Giwox 自転車用スマホホルダー

-本記事はメーカー様より商品のご提供を受けて記載しています-

滅多に乗らないのですが、クロスバイクを持っています。

天気が良くて、気分が前向きであれば自転車に乗って出勤する事もありますし、カメラをブラ下げて外出することもあります。

普段通りなれた道でなく、行ったことのない場所へ向かう時にはスマホをカーナビ代わりにするのですが、信号待ちなんかで止まる都度、ポケットから出して、自分の進路があっているかどうか確認するのが面倒くさい。

今日、ご紹介する商品はそんな時に活躍してくれる品です!

Giwox 自転車ホルダー バイクスタンド スマホ・iPhone固定用マウントキット(自転車・バイク 用)


【取り付け簡単、工具不要!】
自転車への取り付け部にネジがついていて、コレを締めることで自転車の見やすい位置に固定するのですが、簡単に手で回せる構造になっており工具なんかは不要です。回しやすい形状なので、きちんと自転車に固定する事もできると思います。その他にスマホの装着部が回転するつくりになっていて、この部分にもネジがありますが、これも工具なんかは一切不要です。

【幅幅5㎝~10㎝のスマホに対応】
汎用性も高くて、僕のiphone6plusでも使用が可能です。ただ、ギリギリな感じではあったので、あんまりゴツいケースやカバーを使用されている方は、そのままでは装着できない可能性があります。普通の4.7インチのiphoneならケースのままでも装着できるんじゃないでしょうか。

【バンドでしっかり固定】
スマホは四隅をバンドで固定します。多少のデコボコ道くらいであればしっかりと固定しているのでハズれてしまいそうな不安はありません。その反面、頻繁につけ外しをされるのであれば、いちいち四隅を止めるのが面倒な感じもします。ただ、例えばちょっとコンビニに寄るような場面では、四隅のバンドを外さなくても台座ごと簡単に外せるようになっていますので安心です。

※可動の様子はこちらから!
【自分のための商品レビュー youtube版】



【ここがイマイチ】
お値段が安いので多少チープな印象を受けるのは否めません。しかし、決して機能がチープと言う訳ではなく、自転車への固定感やスマホのホールド感はしっかりしていると思います。あとは、耐久性の問題かと思うのですが、プラスチック部分が多いので、どこかが疲労してネジの力加減を間違えるとポキリ・・・と言う事もありそうです。

【まとめ】
最近はオシャレな自転車に乗っている方を見かける機会が増えました。僕の周りにも、ものすごい距離を自転車で走破する友人がいます。昔なら地図を見ながら目的地まで・・・と言うのが当たり前でしたが、今はスマホで何でもできちゃいます。地図アプリは無料で利用できるものも多いですから、せっかくならこうした製品を使って、自転車移動の時にもナビゲーションが利用できると便利ですね。

スポンサーサイト
[ 2016年04月30日 17:00 ] カテゴリ:PC周辺機器 | TB(0) | CM(0)

こんなホルダー見たことない!QDT-SZ スマホ車載ホルダー

-本記事はメーカー様より商品のご提供を受けて記載しています-

最近のスマホの地図アプリって凄いですよね。

もうカーナビとか買わなくて良いですもんね。

僕の車はカーナビも付いているんですが、アップデートしないと道路の情報なんかが古いままだったりなんかします。
その点、スマホの地図アプリだと、意識しなくても勝手に最新の情報になっているので便利この上ない。

そんなスマホをカーナビと同じように扱うために不可欠なアイテムが、今日ご紹介する車載ホルダーです。

QDT-SZ 全てスマホス/携帯電話/タブレット用 車載ホルダー シルバー


【他とはちょっと違う】
最近では、車載ホルダーを使ってスマホをカーナビ代わりにしている光景を見るのも珍しくなくなってきました。カー用品店に行けば同種の製品がたくさん売っていますし、そんなにお高い訳でもないですしね。しかし、本製品は一般的によく目にする挟み込むタイプの車載ホルダーとはちょっと違います。

【ゲル状シートに粘着】
本製品はスマホホルダーに挟み込む機構が一切なく非常にスッキリとした見た目なので、車に置いておいても必要以上に目立ってしまう事がないので助かります。では、スマホはどう固定するのかと言うと、付属してくるゲル状のシートにスマホを貼り付けてしまう事で固定します。このシートの粘着力がなかなかで、簡単に外れそうにはありません。

【ボールに磁力で貼り付け】
スタンド部分は球体になっており、この部分にスマホに貼り付けたゲル状シートのパーツを磁石で貼り付けることで車両と固定します。磁力はなかなか強力で車が走っている間に動いてしまって困る・・・と言う事もなさそうです。でも、所詮は磁石ですから、手で持って動かせば簡単に角度を変えることはできます。今までにない感じでカッコいいですね。

【シンプルゆえに貼り付け場所を選ぶ】
出来るだけRのない平らな部分で、表面がデコボコした素材ではない箇所に貼り付けるのは、今までのスマホホルダーと同じなんですが、シンプル故に気を付けなくてはならないのは直射日光。

※強力な磁石の様子はこちらから!
【自分のための商品レビュー youtube版】


車のフロントガラスを通した光はなかなかの高温ですが、本製品はスマホ本体をホールドするようなつくりになっていないので、スマホ本体に日光が直接当たります。高温はスマホの故障や、誤作動の要因になりますので、貼り付け箇所には注意が必要ではないでしょうか。

【ここがイマイチ】
アイデアは秀逸ですし、見たことがない機構のホルダーで面白いと思います。しかし、決定的なのはスマホにゲル状のシートを直接貼り付けなくてはならない点です。跡が残ったりはしないのかもしれませんが、これを嫌がる人は意外と多いのではないでしょうか。

加えて、このゲル状シート、簡単に外れると困るので、なかなか強力な粘着力です。このシートからスマホをはがすことが出来ないと日頃からホルダーのパーツごとスマホを持ち歩かなければならない事になります。そんなに重いものではありませんが、車に乗らない時にまでホルダーのパーツを付けて持ち歩くのは嫌ですよね。

【まとめ】
誤解のないように繰り返しますが、製品のアイデアとしては素晴らしいと思います。このような機構でスマホを固定するホルダーを少なくとも僕は初めて見ました。それにスマホを挟み込む必要がないので、ホルダーがゴテゴテとせずにスッキリしていて車に置くのにも抵抗はありません。

ただ、しつこいようですが、ゲル状シートをスマホに貼らなければいけない部分、そしてコレを簡単に剥がせない部分は好き嫌いが別れるでしょうね。
[ 2016年04月29日 17:00 ] カテゴリ:雑貨 | TB(0) | CM(0)

爆睡必至!アイシン精機のFINE REVO お昼寝ピロー 

近所で住宅関係の会社ばかりが集まって、お祭り的なことをする・・・と言う機会がありました。

子供を連れて遊びに行ったのですが、そこでやっていたクジにウチの子が参加して引き当てたのがこの品です。

アイシン精機のFINE REVO お昼寝ピロー グレー ストレスリリーサー付


当然、子供は小学校でこんなもの使って昼寝する訳もなく、僕のところに回ってきましたw

【バカにできませんよ】
正直、貰っても使い道あるかな~と思っていました。確かに会社の昼休みなんかには、うつ伏せで休んだりすることもあります。だけど、ガッチリ睡眠をとる訳でもなし、こんな枕まで・・・ねぇ。
しかし、実際に使ってみるとバカにできませんでした。良く分からないんですが素材が絶妙です。柔らかすぎず硬すぎず、画像のようにうつ伏せでも良し、横を向いても使用できます。

【手の痕が残らない】
うつぶせ寝の時はだいたいの方は手を枕替わりにすると思うんですが、たった5.6分でも手の痕が顔に残っちゃいますよね!?
時間が経てばキレイに消えますが、痕が残っている時に急な来客なんかがあると困っちゃいます。この枕は接触していた部分が多少赤くはなりますが、クッキリとした痕が残りにくいのも助かります。

【職場に置いておくにはちょうど良いサイズ感】
本格的な枕ほどの大きさもなく、顔がちょうど収まる程度の枕なのでデスクの中に入れておくこともできると思います。そもそも、あまりにも大きいと、なんていうか「そこまで本格的に昼寝しちゃう!?」って印象を周囲に与えちゃうけど、このくらいのこじんまりした品だと、そうした印象も与えにくいですよね。通勤カバンにはちょっと入らないと思いますが、重いものではないので別なカバンに入れて持ち歩くこともできそうです。

【高さは好み次第】
普通の枕もそうだろうと思うのですが、枕の高さについては人それぞれ好みも違うので、一言で良いっ!とは言えないですね。通常、うつ伏せで昼寝するときの両腕を重ねた高さよりも、少し高いと思っておくとたいていの方に当てはまると思います。

SnapCrab_NoName_2016-4-10_16-19-30_No-00.png

【ここがイマイチ】
ちょっと昼休みだけ休むつもりが、割と深く眠ってしまいますw
最近は念のため同僚に時間になったら声をかけてもらうようにお願いしてから休憩してます。

まぁ、それは置いておいて、イマイチな点ですが、まず枕そのものが洗濯できないので衛生的に長く使えるかどうかという不安があります。枕カバーなど使用して洗濯することで表面上は衛生的に使うことは可能でしょう。

それから、そもそも女性は厳しいですよね。うつぶせ寝w
会社にノーメイクで出勤される方や仕事側メイクの必要がない方は使えるでしょうが、バッチリメイクしてたらうつぶせ寝なんて不可能ですもんねw

そして何よりも高いw
商品としては非常に良くできていて、デスクでうつ伏せで休む用途には抜群です。有ると無いとでは安楽さが圧倒的に違いますし使った方が良いのはわかるのですが、今日現在の価格が5,000円。お昼休みの少しの時間に使うものに出すには僕としては痛い出費です。

【まとめ】
会社で睡眠をとる機会が多い方、短い時間の使用にこの金額を出せるというお財布事情の方はあった方が安楽で質の高い休憩ができると思うのでおすすめできます。ただ、価格と使用頻度を考えると、いくら効果的であっても僕は買えないですねぇ。
冒頭のように頂き物だから使っているという次第です。これに慣れちゃって、本製品がヘタって来たときに買いたくなっちゃう可能性はありますけどねw


[ 2016年04月28日 17:00 ] カテゴリ:その他 | TB(0) | CM(0)

雰囲気抜群!ゲーミングヘッドホン KOTION EACH G9000 レビュー

昔は狂ったようにゲームをしていたのですが、最近はさすがに昔ほど頻繁には遊ばなくなりました。

なかなか時間が取れなくてw

それでも、仕事が休みの前日なんかは夜遅くまでゲームに興じることもあります。

そんな時に問題になるのが音。

ゲームは大音量で楽しみたいけれど、家族の迷惑になっちゃいけないので気を使います。

今日ご紹介する製品は、そんな場面で活躍してくれる品です。

【日本正規品】KOTION EACH G9000 PS4(プレイステーション4)用 ゲーム用ヘッドセット 高音質 マイク付き ステレオ ゲーミング ヘッドホン LED照明 重低音 騒音隔離 音量調節機能付き PC/パソコン/タブレット/iphone/sony xperia/スマホ対応 (ブラック+ブルー)


【ゲーム用でも音質は十分】
音楽を聴くためのヘッドフォンとゲーム用のそれとでは用途が違うので音の広がりが違うなんて話を耳にしますが、僕の耳ではさほど違いを感じませんでした。ただ、ゲーム用の方が小気味よいというか、メリハリのある音だなとヘタレ耳なりに感じた次第ですw
値段の割に低音も頑張っていて、僕は個人的に好きなタイプの音でしたよ。

【挿すだけ簡単】
本製品は専用のドライバなどは不要で、3.5mmジャックに挿すだけで鳴らせます。USBケーブルも付属しているのですが、これはヘッドフォンに内蔵されているLEDを光らせるために使用するだけで、本製品はいわゆるUSBヘッドセットではありませんのでご注意ください。

【優しい装着感】
本製品を装着した時に頭頂部にあたる部分と両耳に当たる部分には柔らかいスポンジ状の素材が使われています。短時間の使用ではあってもなくても大差ないのかもしれませんが、ゲームに使うとなると、それなりの時間ぶっ続けで装着する事が想定されますので、そうした場合には威力を発揮するんじゃないでしょうか。

【自分のための商品レビュー youtube版】

※音質チェックもやってみました!

【なかなかの没入感】
完全に周囲の音をシャットアウトするかと言うと、そこまでではありませんが、耳元で聞こえる音をマイクが拾って無限ループ化しないように、イヤーパッド部は密閉性の高い作りになっています。これによってゲームや映画の時には深い没入感が得られやすいと感じました。

【LEDの光が雰囲気を演出】
本製品はUSBケーブルを付属していて、これを使用して給電する事によりヘッドフォンが青く光ります。ハッキリ言って、ヘッドフォン本来の音質や装着感には何の関係もないのですが、この光がゲーマーらしさを演出しているなぁと思うのは僕だけでしょうかw

【意外と頑丈】
動画を見てもらえるとわかりやすいと思うのですが、案外と頑丈にできていて、ちょっと位捩じっても壊れる気配はありませんでした。ヘッドフォンをあんなに捩じる人もいないと思いますが、安価なだけに耐久性は気になりますよね!

【ここがイマイチ】
僕が「ゲーム」「音楽鑑賞」「映画鑑賞」に使った感じでは価格と比較して文句をつけるところはありませんでした。しかし、Amazonには元値が20,000円以上とあります。もしもコレが2万円であればプラスチッキーてチープな印象を受けてしまいますね。

万一、20,000円の値付けが何かの誤りなのであれば、早急に正しい価格記載に修正すべきです。消費者は価格と品質を比較して製品の価値を図ります。このままでは逆にメーカーのイメージを低下させてしまうでしょう。

【まとめ】
これが今日現在の価格である3,500円が標準価格であると考えた場合、本製品は非常に良くできたヘッドフォンだと思います。

本製品はゴツいのでゲーム用途やSkypeなどでマイクを必要としない方は、他のヘッドフォンで音楽を楽しまれるのが無難かなと思いますが、ゲーミングヘッドセットをお探しの方であれば候補の一つとして良いのではないでしょうか。


[ 2016年04月27日 17:00 ] カテゴリ:music | TB(0) | CM(0)

もしかして凄いの!? Victor 映像用BD-R 50枚 BV-R130K50W レビュー

基本的にテレビっ子・・・じゃなくてテレビオヤジです。

ドラマや映画、バラエティ番組からアニメまで色々と楽しませてもらっていますが、ガンガンHDDに撮りためていくと、あっと言う間にいっぱいになってしまうので、後で見ようと思う番組はブルーレイに焼くことにしています。

Victor 映像用BD-R 保護コート仕様(ハードコート)1回録画用 4倍速 25GB ワイドホワイトプリンタブル 50枚 BV-R130K50W


ディスクのメーカーとかって、あんまりよくわからなくて、テキトーに選んで購入したのですが、先日50枚すべてを使用し終わったところ1枚のエラーもなかったことに気が付きました。

【当然じゃないみたい】
最初は、お金を出して購入したディスクにエラー製品がないなんて当たり前のことだと思っていたのですが、ネット上のレビューを見るとそうじゃないみたい。品物によっては50枚入りなのに10枚単位でエラーが出て使えなかった!ってお怒りになってらっしゃる方もいて驚きました。

そう考えると「もしかして、50枚すべてでエラーが出なかったことって凄いのか?」と思い直して今、ここに記載している訳ですw

【昔から比べると安くなりましたね】
若い方には解らないでしょうが、僕らの若いころはビデオテープが全盛でした。そのビデオテープもβとVHSと2種類あったりなんかしてねw
その当時はほんの1時間の録画をするためにも結構な金額を出してテープを購入したものです。それを擦り切れるまで何度も繰り返し使ってました。

そう考えると、本製品はコレ1枚に何時間~何十時間も録画できて、おまけに1枚あたりの値段は100円しないときたもんだ。便利な世の中になりましたね~。

【今では当たりまえのプリンタブル】
ディスクの表面はプリンターで印刷できるようになっています。テレビで録画した番組をCMカットしてディスクにそれっぽい画像をプリントすれば、売り物みたいにカッコ良く保存できちゃいますよ。

SnapCrab_NoName_2016-4-8_17-6-35_No-00.png

【相性はあるみたいです】
録画機器との相性については、ネット上にも色々書いてありました。どのメーカーがどれと相性が良いとかいうのはわかりませんし、僕が全部エラーなしだったからといって、あなたの機器でも絶対にエラーが出ませんと言い切れるものではありません。参考までにウチの録画機器はSONY製です。

【まとめ】
日本メーカー製品でも生産は海外と言う品もあるみたいで、単に日本メーカーだから安心と言うものでもなさそうです。ただ、確率的に多くの低評価を受けている品は、それだけエラーの頻度が高いと考えるのが無難でしょう。これからは、このページのようなネット上の噂やAmazonのレビュー記事を参考になるべく低評価の少ない品の中から選択しようと思います。


[ 2016年04月26日 17:00 ] カテゴリ:家電 | TB(0) | CM(0)
検索フォーム
Twitter on FC2
Twitterで更新情報などつぶやいてます! よろしければフォローを是非!!
-ad-
Blog ranking
色々な商品をレビューされているたくさんのブログがあります。ぜひご覧ください。
- 相互リンクについて -
 当ブログはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はメールフォームからご連絡いただけると助かります。また、当ブログで使用しているyoutube動画もリンクするなり埋め込むなり、お好きにジャンジャン使っていただいて構いませんが、公序良俗に反するサイトや悪意のある使い方はお断りさせていただきます。
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

商品の感想はできる限り正直に記載しておりますが、記事に問題があればご連絡ください。
当ブログにおける免責事項
  自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-(以下、当ブログ)は素人のおっさんが、自分で使った商品の感想を主観で記載しています。したがって、当ブログ内に記載されている商品の感想や情報によって被った、いかなる損害もこれを保障することはできません。当ブログ内に記載されている商品は、必ずご自身でもお調べになってから、ご自身の責任でご購入ください。
  当ブログ内には、特定の商品をメーカーや商品名を実名で記載し、画像もつけて紹介しておりますが、正直な感想を記載することをモットーとしているため、時に商品の販売において不利益となる感想を記載する場合があります。万一、当ブログの勘違いなどで不利益を被るような内容が記載されていれば修正・削除に応じますのでご連絡ください。ただし、真実が記載されているにも関わらず、商品の感想が芳しくないからといって削除する気は毛頭ありません。



自分のための商品レビュー -Reviews for the future of their own-は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。