INDEX    RSS    ADMIN

外出先から自宅を確認!DBPOWER PT100C ネットワークカメラ レビュー

我が家に犬がやってくる事になりました。

もともとの飼い主が訳あって手放す必要に迫られたのでウチで引き受ける事になったんです。

そんな事情もあって、必要な物品はほとんど一緒にいただけるんですが、一つだけ気になっている事が。
ウチ、昼間はほぼ毎日留守にするんですよね~。つまり、ワンちゃんひとりぼっち。

で、留守中のワンちゃんが心配なんで先日入手したDBPOWERのネットワークカメラで様子を見ようと思ったんですが致命的な点が。

それは、先日のカメラではアングルを変更できないので、決まった場所しか見ることができないってこと。だって、犬だもの~動き回るでしょ~?

そこで新たに使用してみることにしたのがコレ。同じDBPOWERのネットワークカメラですが、こちらはアングルをスマホ側から変えられる機能がついているんです!

DBPOWER PT100C ネットワークカメラ 720P 100万画素 WIFI対応 IR-CUT機能 動体検知 警報機能 マイク内蔵 暗視機能


【パンチルト機能付き】
本日現在の価格が7,000円程度と、この種のカメラとしては比較的安価にも関わらずパンチルト機能を装備しているのは嬉しいです。動画を見ていただけるとわかりやすいのですが、スマホ側から直感的にカメラの向きを操作できます。しかも、水平側に340度回転、垂直側に110度可動しますので、真後ろ以外はおおよそカバーしてくれます。

【使える暗視機能】
暗視機能も備えています。中にはとてもじゃないけど実用に耐えないような、とりあえず暗視できるようにしました・・・みたいな製品もありますが、本製品の暗視機能は映像もキレイで実用に十分耐えます。メーカー推奨の暗視範囲は8mなので、大規模なオフィスなんかでは使用できませんが、個人宅で使用するには十分です。

【無線、有線両対応】
僕はWi-Fi接続してiphoneで使用しているのですが、LANケーブルを接続して有線で使用する事も可能。また、iphoneだけでなくandroid端末でも使用できます。さらに本製品はWindows搭載のパソコンでも遠隔地からカメラの映像を確認することが出来るようです。

【microSDカードに録画も】
動体検知機能がついていますので、カメラの範囲内で動く物体を検知したところからの映像をmicroSDカードに録画しておく事が出来ます。ウチはペットの様子を見るのが目的なので不要ですが、防犯カメラとして使用する場合には四六時中スマホを見ている訳にもいきませんし、必要な機能ですよね!

さらに、僕は使用した事がないのですが、警報機能付きなので、メールで動体検知した事をリアルタイムで知らせてもらえる・・・なんて使い方もできるみたいです。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【双方向通話機能】
本製品は映像を見るだけじゃなく、カメラの向こう側へスマホを通して話しかける事が出来ます。一度試してみましたが、仕事中にカメラの前で遊ぶ子供に声をかけるとびっくりしていましたw
もちろん、向こう側からの音声も手元のスマホで拾うことが出来るので、ちょっとした会話なら電話する必要もないかもしれません。

【メーカーの姿勢は評価できます】
まだ若いメーカーのようですが、商品購入後のアフターサービスの姿勢は非常に評価できます。本製品も、届いたころにメーカーから「問題なく使えてます?」みたいなメールをいただきました。この姿勢だと仮に不良品をつかまされたとしても、返品や交換もスムーズなんだろうなぁと感じます。

【ここがイマイチ】
DBPOWERの製品はいつもそうなのですが「日本語の取説がわかりにくい」です。本製品はそう複雑な設定でもないですし、拙い日本語の取説でも十分使用できましたが、もう少し複雑な設定を要する製品だと、あの日本語表記では十分に理解できないでしょう。コスパの高い良い製品を売っているだけに、その点が残念でなりません。

しかし、それをメーカー側も理解していて「拙い日本語ですいません」という趣旨のメッセージがメールには添付されていました。そうした姿勢は好感が持てますね。もしも僕が英語や中国語を理解できたら、日本語訳をしてあげたいくらいw

とりあえず、上記の動画内でスマホ接続の際の簡単な設定説明をしているので必要な方はご覧くださいね。

【まとめ】
僕が好んで使うAnker製品は優秀な製品なのに安価で、コスパが非常に高いために選択しています。コスパ重視で選んでいくと最後にAnker製品が自然と残るんですよね。DBPOWERの製品にも同じ可能性を感じます。まだAnkerほどの知名度や安心感はないかもしれませんが、将来的にそのくらいのメーカーになるんじゃないかと思っています。

それもこれも、これから発売する製品の品質にかかっているのは当然ですが、本製品はその可能性を十分に感じさせる品質とコスパとなっていますので、ネットワークカメラをお探しの方はぜひご検討ください!



にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト

これで十分!SANWA SUPPLY KB-IPSP オーディオスプリッター レビュー

映画なんかは大音量で見たいほうなので、夜遅い時間に見ていると子供が起きてしまったりすることがあります。

家族の迷惑にならないように、遅い時間にはヘッドホンを使うことにしているのですが、困るのは嫁と二人で見ている時。

ヘッドホン端子は一つしかないから、接続できるヘッドホンも一つ。

だからヘッドホンを使って二人で見ることができない・・・。

ネットで検索するとマルチペアリングに対応しているヘッドホンやスピーカーなんかが売っていて、それを使えば解決するんだろうけど、いかんせんお高い^^;

そこで今回購入したのがこちら。

SANWA SUPPLY KB-IPSP オーディオスプリッター


単純にテレビのヘッドホン端子を二つにしてくれるだけのスプリッターです。

【なんと言っても安価】
マルチペアリングに対応したヘッドホンが数千円、数万円するのに比べて、本製品は購入時の価格が580円!これにそれぞれ手持ちのイヤホンやヘッドホンを接続してやれば二人で同じ音を共有できるので、当初の目的は果たせています。

【音質劣化は気にならない】
こうしたスプリッターを使用すると、総じて音質が劣化したり音量が小さくなってしまうと思うのですが、僕の環境では音量が若干低下した程度で、気になるほどの音質、音量の変化は感じませんでした。テレビに直接接続した時とそう大差なく映画を楽しめています。

【きちんとステレオ音質】
せっかく良いヘッドホンを使用していても、モノラル出力になってしまうスプリッターでは意味がありませんよね。本製品はきちんとステレオ音声で出力してくれるのでそうした心配はいりません。

【使い方はあなた次第】
僕はテレビの音を二人でヘッドホン越しに聞くために使っていますが、ネット上のレビューなどを見ると、一台のパソコンから二セットのスピーカーに出力する目的で使用したり、片方をスピーカー、片方をヘッドホンに接続することで、抜き差しの手間を省いて好きな方から出ている音を利用している・・・なんて方もいらっしゃいました。

単純で簡単な製品だけに、使い方は消費者のセンス次第といったところでしょうか。

【ここがイマイチ】
使用に全く問題はないものの、ジャックのメス側へのヘッドホンの抜き差しが若干硬いです。繰り返し使っているうちにこなれてくるのかもしれませんが、少なくとも届いた直後は少し力が必要でしたね。

画像のとおり、本製品自体のコード長は非常に短いです。ある程度接続機器から離れてご使用になる予定の方は、別に延長ケーブルを購入しなければならないと思います。むしろ、そうした使い方をする人の方が多いような気がするので、ケーブルの長さはもう少し欲しかったですね。

【まとめ】
きちんと目的を果たせていますしコストに見合った商品だと思います。そうそう多くの方が必要とするものではないのかもしれませんが、上にも書いた通り用途は我々次第といったところがあるので、必要ないと思っている方の中にも本当はあった方が便利なのに~って場合もあるかもしれませんね。

少なくとも二人で一つの音を共有する目的では購入をおすすめできます!



にほんブログ村 PC家電ブログへ

アイデア次第でいろんな使い方が!アマゾンオリジナル ETSUMI インナーボックス

カメラバッグは2つほど持っています。

でも、どっちも「いかにもカメラ持ってます」みたいなバッグなんです。

いや、カメラが入っている訳なんですけれどもw

ただ、ミラーレス一眼も持ち歩くけど、あくまでも「ついで」であって、メインじゃないのよ~みたいな時ってカメラバッグに入れて持ち出すまでもないですし、だからといって裸で持ち歩くのもちょっと・・・ね。

そこで購入したのがこちら。

【アマゾンオリジナル】 ETSUMI インナーボックス


このバッグは普段持ち歩いている、カメラバッグでも何でもないバッグの中に入れると、そのバッグがカメラバッグのように使えてしまうという優れものです。

【色々なサイズがあります】
異なった大きさのラインナップや、フラップ付のインナーボックスなど多彩な種類を販売していますので、ご自分が普段使っているバッグの大きさに合わせて選択する事ができますね。

【お手軽にカメラバッグ化】
わざわざカメラバッグを購入する事なく、これを普段のバッグに入れるだけでカメラバッグの出来上がりです。僕のようにカメラバッグをすでに所有している方でも、例えばスマホや他の持ち歩く品と一緒にカメラをバッグに放り込んでおいて傷ついちゃうのがイヤって方は、コレを使うとカメラを保護してくれますよ。

【カバンの中身整理にも一役買います】
これは購入した後で気づいたのですが、何もカメラしか入れちゃいけないって決まっている訳でもないので、普段からカバンの中に入れておけば、細かいものの整理が付きやすいです。特に僕が普段使っているバッグはポケットが少ないものですから、この仕切りで細かいスペースを2つ3つ作って使用すると、普段持ち歩く目薬や音楽プレイヤーなどの小さなものをゴソゴソ探さなくて済むので助かります。

SnapCrab_NoName_2016-3-22_16-58-56_No-00.png

【安いカバンの芯として】
先日1,500円でショルダーバッグを購入しました。デザインが気に入っての衝動買いだったのですが、コレがまた安価なだけに自立なんてしないし、油断するとすぐに形が崩れます。んで、本製品をその安価なバッグにいれて使用するようにしたところ、あら不思議、自立もしますし型崩れもしなくなりました。本製品自体も1,000円しませんでしたし、お得な買い物したなぁと思っています。

【ココがイマイチ】
安価な製品なので仕方がないのですが、作り(縫い合わせ)や素材感は安っぽいですね。ただ、バッグインバッグですから他人の目には触れにくいものですしそう大きな問題ではないですね。

【まとめ】
僕の知り合いで、コレをバッグの中に入れずに同じサイズのものをいくつか購入して本棚に引き出しのように入れて使用している人がいます。これはこれで柔らかく仕切りのある引き出しがたくさん出来上がりますし、カメラのような精密機器の取り扱いを趣味にしている人にはアリな使い方だなぁと思いました。

とにかく汎用性の高さは魅力的で、このように使い次第で本来のインナーバッグとしての使い方の他にも便利な使い方が色々ありそうです。僕はバッグに入れるボックスとして当たり前の使い方しかしていませんが、もちろんそれでも便利です。普段、きちんとした装備を持ってではなく、カメラだけ持ってフラフラっと外出するような方はカメラを守る意味でも一つ持っていると便利ですよ。

にほんブログ村 PC家電ブログへ

安価にモニターを入手!BenQ 24インチワイド スタンダードモニター GL2460HM レビュー

そんなに高い頻度で使う訳でもないのに、カッコだけつけたくて自宅のパソコン環境をデュアルモニター化する事にしましたw

とは言え、使いこなす自信もないので、できるだけ安価に整えたい。

でもデュアルモニター化するんだから、モニターは買わないとねw

BenQ 24インチワイド スタンダードモニター (Full HD/TNパネル/ブルーライト軽減) GL2460HM


【24インチは十分大きいよ】
メインのモニターは27インチの品を使っています。これも以前レビューしたのですが激安でした。大きなモニターはとても見やすくて良いのですが、最近はここまで大きなモニターじゃなくても良いかなぁとも思います。

そこで少しサイズを落として24インチにした訳なんですが、24インチは意外と大きいですよね。普段、仕事先では20インチを使っているから・・・って言うのもあるかもしれませんが、デスクの上で普通に使うのであれば十分な大きさだと思います。少なくともサブモニターとしては十分でしょう。

【コスパ良!】
購入時の価格が15,000円ちょっと。このお値段で24インチはあまり売っていないですし、コスパは高いと言えるでしょうね。これで使えない品だったらガッカリなんですが、そんなことはありません。

【HDMI装備】
近頃、当たり前に装備されているHDMI端子ですが、安価なモニターを探していると、今でもHDMIに対応していない品もチラホラと見かけます。本製品はきちんとHDMI端子もありますし、D-sub、DVIにも対応しています。

【安価でもスピーカー付】
安価なモニターにはスピーカーがついていない品も多いのですが、本製品はスピーカーも内蔵しています。決して良い音とは言えませんし音量も小さいんですが、そもそもパソコンの警告音くらいしか聞きませんし、音楽や動画を楽しむのであれば別にスピーカーを準備すれば良いのですから、あまり大きな問題ではないでしょう。

【画像の美しさは程ほど】
Full HD/TNパネル/ブルーライト軽減と商品説明には記載があります。僕はあまり画質にこだわるほうではないので、評価は甘めかもしれませんが、他のモニターと比較して劣るとは全く思いませんでした。ただ、Amazonのレビューには「画面が白っぽい」という記載もあり、好みは別れるのかもしれませんね。

同レビューには、その白っぽい画面をキレイに表示する方法も親切に記載されているので、もしも画像に不満があれば参考にされると良いでしょう。僕はそのまま使ってますけどねw

【VESA規格100mmx100mm適応】
あまり必要とする方はいないのかもしれませんが、僕のようにモニターアームを使う方には必須のねじ穴は10*10㎝できちんと装備しています。本体も5㎏以下ですし、たいていのモニターアームは使いまわせるんじゃないでしょうか。

【テレビゲーム使用でも大丈夫】
操作に対する表示の遅延などで、ゲームの使用に向かない品もあるようですが、本製品をPS3に接続してみたところ、FPSなんかも無難にこなせました。ものすごいシビアでハイレベルな対戦ゲームなんかだとどうかわかりませんが、普通にゲームで遊びたいという程度であればHDMIケーブルでゲーム機と接続すれば問題なく楽しめます。

【ここがイマイチ】
ネットで情報収集する限り、初期不良などに当たってしまった時のメーカーの評判があまり良くないようです。機器類は一定以上の確率で初期不良が当たる可能性はありますし、製造メーカーの姿勢が良くないと購入を躊躇う方も少なからずいらっしゃるのではないでしょか。

モニターの操作ボタンの位置が良くないですね。画質調整やON、OFFがしにくいです。ただ、パソコンのモニターとして使う分には、最初に画質なんかを決めてしまえば、そうそう頻繁にスイッチ類は触らないので特に問題はありません。逆に頻繁にスイッチ類を使用すると予想される方は裏面の操作しにくい箇所にスイッチがあるので、他の製品を検討した方が良いかもしれません。

【まとめ】
ネット上の評判がすべて正しいとは思いませんが、どうも初期不良に当たる確率が他メーカーよりも若干高い印象を受けますね。その上、メーカーのアフター体制がイマイチと言う評判もありますから、購入にあたってはある種のギャンブル性を感じます。

それでも、初期不良に当たらない確率のほうが圧倒的に高いのは間違いない訳ですから「もしかしたら不良品に当たるかも」と頭の隅に置いて購入するのはアリなんじゃないでしょうか。ちなみに今のところ僕はギャンブルに勝ったっぽいですw



にほんブログ村 PC家電ブログへ

灯りをちょい足し!ジェントス LEDランタン エクスプローラー EX-313CW レビュー

あまりアクティブな生活を送っていないのですが、食いしん坊なのでBBQなんかは大好きです。

暖かい季節には、自宅の前でよくBBQをするのですが、何となく「肉を喰うのは夕飯」っていうイメージがあって、昼間からBBQしないで夕方にすることが多いですw

となると、問題になってくるのが灯り。

玄関先の薄暗い照明だけでは到底足りません。

ジェントス LEDランタン エクスプローラー 【明るさ300ルーメン/連続点灯22時間】 EX-313CW


そこで大活躍してくれるのがコチラ。

ジェントスのLEDランタンです。

【明るさ十分な300ルーメン】
一番明るくすると300ルーメンもあるそうです。といってもピンとこない方もいらっしゃると思いますので、実際の明るさについては下の方にある動画をご覧ください。

僕も知らなかったのですが、1ルーメンは1メートル先からろうそく1本で手元を照らしたのと同程度の灯りなんだそうですね。300ルーメンってことは、ろうそく300本分ってことなんでしょうかね。

明るさは3段階で、一番薄暗くするとキャンプの時なんかに、真っ暗にしてしまうのが怖いので薄く灯りを点けておく・・・なんて用途にちょうど良さそうです。一番暗い灯りだと、なんと最長44時間も点灯しているそうなので、一晩くらい楽勝ですね。電源はそこらに売ってる単一電池3本ですから、簡単に入手できますよ。

【いざと言う時のSOS点滅モード搭載】
災害などに巻き込まれた際のSOSモードと言うのを搭載していて、ランタンの灯りが点滅を続けてくれます。使わないに越したことはないのですが、いざと言うときの備えとしてはうれしいですね。ただし、一番強い光で点滅しますので、お子さんや大人でも点滅に弱い方は注意が必要です。

【色々な設置形態】
本製品には、持ち歩くためのハンドルや吊るすためのフックが備わっていますので、あらゆる場面で使用することができそうです。カバー部分を外すこともできるので、その状態で吊るしておけば、普通に電球と同じですね。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【充電池の使用も可能】
容量の大きな充電池はお高いので、僕には買えないのですが、エネループなどの充電池にも対応しています。いつも不思議なんですが使い捨ての電池だと「電池が勿体ない」と思うのに充電池だと思わなくないですか!?なんでなんでしょうねw

【うれしい2,700円(本日現在)】
ジェントスはアウトドア、とりわけキャンプ用品では有名ですよね。そんなメーカーのランタンが3,000円以下で購入できるというのはありがたい。毎日のように使う訳でもないですし、ヘビーなアウトドア派でもないので、使用頻度は年数回。僕にとっては、できればあまりお金はかけたくない分野の商品なので尚更です。

【ここがイマイチ】
LEDのライトには共通した問題だと思いますが、白色だと必要以上に眩しさを感じます。本製品は円筒形なのでどの方向に向けても同じように眩しい。灯りの強さによる眩しさではなく、白色の色による眩しさ・・・とでも言えば良いのでしょうか。ただ、眩しさを抑えると暗い製品になってしまいますし悩ましいところです。

キャンプなどの場面では、本製品はテント外のバーベキューテーブルやコンロの付近で使用、テント内は暖色系のライトかオイルを使う品で・・・と使い分けると良いかもしれませんね。

それと、なかなかの重さがあります。単一電池を3本も使うのだから当然ですが、電池込みで800gを超えるそうです。手持ちで使う用途には向かないので置く、吊るす・・・という使い方が定番のようです。

【まとめ】
暖色系の灯りだけでなく、作業をする時の手元は白色で照らしてほしいです。ですから、上記のように灯りの種類の違うランタンを使い分けるのが一番良いでしょう。そうなると、少なくとも2個必要な訳ですから、比較的安価に購入できる本製品はありがたいということになりますね。

他にも釣りの時に使ったり、災害用の買い置きとして保管したりしている方もいらっしゃるようで、なるほどと思いました。



にほんブログ村 PC家電ブログへ