INDEX    RSS    ADMIN

モバイルバッテリーはこれで決まり! Anker PowerCore 10000 レビュー

モバイルバッテリーは色々な種類をたくさん持っています。

根っからの心配性で、外出先でスマホなどの電池が切れることを極端に恐れているものでw

そんな中、僕の中の常識を覆すモバイルバッテリーが発売されました。

Anker PowerCore 10000


またまたAnkerさんの製品です。

モバイルバッテリーはもうAnker 製って決めちゃおうかなw

【超小型モバイルバッテリー】
なんといっても驚きなのは、その小ささ。それでいて10000mAhの大容量!
僕なんか、モバイルバッテリーの仕組みがよくわかっていないので、大きい容量を求めれば本体だって大きく重くなるのは当たり前って素直に思っていました。

・・・が、その常識を思いっきり覆してくれましたね。

SnapCrab_NoName_2016-2-28_11-28-13_No-00.png

一般的なクレジットカードと大きさ比較してもこの通り。

厚さは2㎝ほどあるのでサイフには入りませんが、ジーンズのポケットなんかにはスルリと抵抗なく入ります。

【容量】
10000mAhと言われても僕なんかにはピンとこないのですが、iPhone 6に4回フル充電できるほどの容量があるとのことなので、持ち歩く電力としては必要十分!これだけの容量があればスマホだけでなく、ゲーム機やタブレットなど何にでも応用できそうですね。

【独自技術】
Ankerお得意のPowerIQはもちろん、このバッテリーにも搭載しています。PowerIQは充電対象の機器に最適な電流を勝手に判断してくれるという便利なシステム。つまり、1Aだの2.1Aだの、な~んにも考えないで接続したらOKってことですね。

他にもVoltageBoostというケーブルの抵抗を検知して出力する電圧を自動的に調整してくれる機能を搭載しているみたいで、僕にはよくわからないのですが、一つだけ言えるのは、とにかく「充電が早い」ってことw

SnapCrab_NoName_2016-2-28_11-28-59_No-00.png

【イマイチなところ】
機能的には何の文句もありません。さすがAnkerとしか言いようがない。無理やり文句をつけるとしたら、それは重さでしょうか。コレは180g程度なので十分軽いのですが、その小ささと比較すると重いと錯覚するのは僕だけでしょうかね?なんというか、小さいのにミッチリと詰まっている感・・・とでも言いましょうか。

贅沢かもしれませんが、この大きさで尚且つ軽量の製品が出てくればスゴいですね。

それからポートが1つしかないのも、場合によっては不便かも。小型化にあたって2ポートに出来なかったのは容易に想像がつきますが、もしもコレが2ポートだったら言うことなしって感じです。

【うれしいオマケ付き】
コレに限らず、Anker製品にはモバイルバッテリーを入れるメッシュのポーチがついてくることがあります。これがなかなかに便利で、本来はバッテリーを入れるものなんでしょうけど、僕はケーブル類やデスクの上に散らかりがちなメモリーカードなんかの小物類を無くさないようにまとめるのに使っています。

【まとめ】
Ankerに限らず、最近はすごい勢いで様々なモバイルバッテリーが発売されます。それでも、すでにモバイルバッテリーを所有しているのに、わざわざ買い増ししようと思うような製品はありませんでした。僕は用途に応じて、小さいバッテリー、中容量でそこそこ小型のバッテリー、大きく重くてもいいから大容量のバッテリーと使い分けています。

ところが、これが普段持ち歩くのに許容できる範囲の小型さである上に大容量ですから、たいていの場面がコレ一つで完結します。
お値段もお手頃ですし、今回コレを入手することにしたのはそういう理由からです。

用途に応じて使い分ければいいやって方は、わざわざ改めて買い替える必要はないと思いますが、場面に応じて使い分けるとか、そういうのが面倒な方は買いだと思います!


スポンサーサイト

男の所有欲を満たすカメラ!OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII レビュー

使う頻度は問題じゃないのです!

大切なのは「持っている」ということ・・・つまり所有欲!

今日はそんな所有欲を抜群に満たしてくれるカメラ、OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII のレビューです。

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII

もう、ずっと前から欲しかったのですが、アレコレと迷いまくった挙句、ようやく購入しました。

何がいいって、見た目がカッコいいでしょ!?

この古臭くて角ばった感じ・・・もう、使わないで飾っておきたいくらいw

でも、それじゃあ、あんまりもったいないので、今日はちょっと撮影してみた感想など記事にしたいと思います!

【アートフィルター機能】
盛りだくさんの機能満載なのですが、中でも僕が「遊べるなぁ」と思っているのはアートフィルター。

様々なフィルターをかけて撮影できるのですが、何がスゴいって、すべてのフィルターをかけた写真を一度に撮影できるんです。シャッターは1回きればよくて、後からその場面に一番適したフィルターの写真だけを選べばよいい。

これはどんなフィルターをかけようか迷わなくて済むから便利ですよね~。
使用できるフィルターの種類は下のほうにある動画を見てもらえると、実際に撮影した画像をアップしているのでわかり易いと思います。

【手振れ補正機能】
いろいろなカメラを使ってきましたが、コレの手振れ補正機能は秀逸!今回は150㎜のレンズキットを購入したのですが、最大にズームしても大きな手振れはせずに撮影できます。

そして、この手振れ補正は動画撮影時にも有効。ちょっとしたシーンならビデオカメラがいらないですね。ただし、連続撮影はファイルサイズ4GBまでの制限があるので、あまりに長い動画は撮影できません。

【バリアングルモニター】
カメラのレビューをするたびに、しつこくて恐縮なのですが、このカメラもバリアングルモニター搭載です。モニターが裏返せることの恩恵は大きく、自分撮りができることは勿論、収納時に裏返せばモニターを守ることにもなるし、なんといってもカメラの見た目が良い!

ファインダーで撮影する機会が多い方は、コレを裏返したままで撮影するとモニターの汚れが気にならないので、本当におすすめです。

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII 2



【専用フラッシュ】
このカメラはフラッシュが内蔵されていません。フラッシュを別に持ち歩かなければならないので不便です。しかし、購入時に付属している専用フラッシュが実に優秀。とても小さな製品なんですが、フラッシュ部が可動するためバウンス撮影までできてしまいます。チャチなフラッシュじゃ不便なだけだけど、このフラッシュが付属してくるなら全然OKです!

【瞳認識機能】
カメラが被写体の瞳を認識してAFしてくれます。動く人物を撮影するときに重宝しますね。その他にも人物の顔を認識してくれる機能(瞳認識があれば不要なんじゃ?)やAFとMFのハイブリッドモードなんかもあって便利です。ハイブリッドで使用すると、大まかなフォーカスはカメラ任せで、細かいピントは自分で調整する・・・なんて楽しみ方もできます。

【多彩なシーンモード】
最近のカメラにはシーンモードか必ずありますが、このカメラはその種類が多いです。ポートレートや風景、夜景なんていうおなじみのシーンに加えて、キャンドルや夕日なんていうピンポイントなシーンモードもあります。暗い場面ではレンズの性能によるところが大きいと思いますが、高価で明るいレンズがなくてもカメラがある程度撮影を助けてくれるという訳ですね。

【ハイレゾショット】
複数の画像を一気に撮影して、それらのいいとこ取りで高解像度画像を撮影します。ただ、複数の画像を撮るので三脚は必須で手持ちで撮影するときには使い物になりません。僕は手持ちで撮影することの方が圧倒的に多いので、正直あまり使う機会はなさそうですが、風景写真メインの方には心強い機能でしょう。

【動画撮影】
オリンパスのカメラは動画撮影機能が弱いことで有名ですが、このカメラはその評判を吹き飛ばしてくれます。実に自然できれいな映像を撮影可能です。手振れ補正機能もかなりの効果を発揮します。ただ、この手振れ補正機能、強力すぎるがゆえに、いわゆるコンニャク化現象が目立ちます。あまり補正の効いた映像を見ていると画面の端がウネウネとするので見ていて気持ち悪くなる方もいるかもしれません。

【自分のための商品レビュー youtube版】


【まとめ】
今回、14㎜~150㎜のレンズキットが約12万円。僕にとっては大きな買い物です。ただ、今日現在の時点ではそれだけの価値があったと満足しています。使い込むのはこれからですが、すでに2件の結婚式の撮影依頼を受けていて、そこでこのカメラを使いまくろうと思っています。

正直いって、カメラに全く興味のない人は、このカメラに12万円もの価値を見出すのは難しいので購入はしない方がよいでしょう。偉そうに書いて申し訳ないのですが、大きな金額ですので衝動買いなどで出費させてしまっては困ると思いあえて書きました。
このカメラをおすすめしたいのは
①これから写真を趣味にしようと考えている方。
②すでにフルサイズ一眼でガンガン撮影しているベテランさんのサブ機(メインカメラを喰っちゃう程の性能ですよ!)
③子供が生まれたばっかりのパパさん
です。

特に③については、強力におすすめです。

ウチにはもうすぐ8歳になる子供がいますが、彼のカワイイ瞬間の写真はほとんどがスマホです。フルサイズ一眼も持ってはいるのですが、ちょっとした場面で持ち出すには大きく仰々しくって面倒。必然的にスマホが多くなっちゃってました。
でも、やっぱり想い出はできるだけキレイに残したいし、そもそも印刷したときの美しさが違う。

このカメラだと、小型で取り回しやすい上に性能はフルサイズ一眼に引けを取らないので、それが可能です。

やり直せるのなら、生まれた直後から全部このカメラで撮り直したいくらいw

いずれにしても、カメラは高価な買い物です。僕のサイトだけでなく、もっと詳しい方のサイトやメーカーサイトなんかも参考の上で吟味してお買い上げくださいませ。

ちなみに、右の方にあるブログランキングをポチっとしてくれれば、詳しいレビュアーの方のサイトがたくさん見られる上に僕の順位が上がるというオマケ付きですw


8畳間で挑戦!自室をなるべく安くホームシアター化!

ホームシアターに憧れます。

休日に、ゆっくりコーヒーやお酒を傾けながら、薄暗い室内に響く大音量。

何度も見たような映画でも、一味違った時間が過ごせるかも・・・なんてw

DSCN0364.jpg


でも、自宅を改築するようなお金なんてもちろんないし、専門の業者さんにお願いして設備を揃えるのも莫大な出費になりそうなのでムリ・・・。

それどころか、それ用の部屋もないから、寝室兼ホームシアタールームにしなきゃならない。

それでも、何とかしたいなぁ。

自室のホームシアター化計画@低予算は僕のこんな悩みからスタートしました。

【最低限必要なもの】
いくらお金をかけたくないとは言っても、まさか泥棒してくる訳にもいかないから最低限必要なものは買わなければいけないですよね。
どうしても必要なのはプロジェクター。最近は十分な明るさのものが比較的安価で売っています。欲を言えばキリがないのですが、僕が購入したのはEPSONのプロジェクター。大画面テレビでもホームシアターにはなると思いますが、大きなテレビを買うよりはずっと安価です。

今回、自室をホームシアター化するために購入したものはコレだけ。あとは有りもので何とかしました。

【プロジェクターに必要な性能】
十分な広さがある贅沢なホームシアターであれば、描写能力や明るさ優先で商品を選べばいいんですが、僕のように狭い部屋に設置しようと思うと、もっと重要な能力があります。それは焦点距離!ここを間違えると、せっかくのホームシアターなのに、小さい画面でみなきゃならないことになっちゃいます。

メーカーのホームページなどには、焦点距離などが必ず記載されていますので、それを参考にどのくらいの距離で何インチの投射が可能なのかを必ず確認し、自分の部屋の環境と比較しましょう。

最近は短焦点のプロジェクターが売っていて、焦点距離が1mもあれば大画面になるような優秀なものもありますよ。

【どこに投射するか】
80インチスクリーン100インチスクリーンなんてものも売ってますが何万円もします。シーツでも壁に貼ったろかと思ってましたが、試しに壁に映してみたら、これで良さそう。冒頭の画像がその時の様子ですが、実はウチの壁は真っ白じゃなくて小さな模様が入っています。それでも、これだけ見えれば全然不満はなし。スクリーンにお金をかける必要はなさそうです。

【機器の設置場所】
意外と苦労したのが、購入したプロジェクターをどこに置くか。あまりに近すぎると大画面にならないし、変なところに置くと電気スタンドの影が写りこんじゃうし・・・。ようやく置き場所が決まっても、今度は高さ。あまり低いと他の家具が干渉して影ができちゃうし・・・。紆余曲折を経て、ようやくちょうど良い設置場所が決まったのですが、ちょうど良い高さにするために、今まで使っていた本棚の棚を切り貼りしましたw

DSCN0359.jpg

変なところに穴が開いちゃってみっともないけど・・ま、いっかw

100インチサイズで投射しようと思うと、横幅2mくらいの壁面が必要。狭い部屋でそれだけのスペースを確保するのは、思った以上に大変だったので、プロジェクター購入前にある程度考えておいた方がよいでしょうね。

僕には買えませんが、お金に余裕のある方はこんなものも売っているので検討してみてはいかがでしょう。

【再生機器】
DVDプレイヤーや録画機器など、HDMIケーブルであらゆる機器と接続できるのですが、お勧めはノートパソコン。もしも、自宅に古いノートパソコンが眠っているのであれば、それで十分!よほど不調な端末じゃなければDVDの再生くらいは問題ないですよね。
僕は、Chromebookを購入してから出番がほとんどなくなったVAIOが自宅に眠っていましたので、それと接続。

DSCN0357.jpg


パソコンと接続することで、DVDだけでなくAmazon ビデオやyoutubeの動画も大画面で楽しめるようになったので、我ながら良い選択をしたなぁと思っています。

【音を鳴らす】
プロジェクターそのものにもスピーカーはついているのですが、さすがに音がショボい。せっかく大画面で楽しもうと言うのに、音がコレじゃあ萎えてしまいますよね。手持ちのスピーカーを接続しようと思っていたのですが、ここでトラブル!
プロジェクターに音声出力端子がない・・・。つまりスピーカーを繋げることができない・・・。

「えぇぇぇ!?このショボい音しか出せないの~!?」

一瞬絶望したのですが、ここでも古いVAIOが役にたってくれました。手持ちのBluetoothスピーカーをパソコンと接続、パソコン音声の出力をBluetoothに切り替える・・・これで解決しました。最近のBluetoothスピーカーは音質の良いものも多いのですが、僕は普段から音楽を聴くときに使っているBose SoundLink Mini に接続。映画なんかでもなかなか迫力のある音を鳴らしてくれています。やっぱり、プロジェクターはPCと接続のほうが何かと便利かも。

DSCN0368.jpg


【まとめ】
ネット上のオシャレさんのお部屋のような、カッコいいホームシアターを想像されると困るのですが、最初の希望である大画面で迫力ある映像を自宅で楽しみたいと言う目的だけは達成できました。出費もプロジェクターの購入費用だけだったので、何とか許容範囲内。子供が喜んでくれるのが何よりも嬉しくて、一緒におやつを食べながら観る妖怪ウォッチはプライスレスw

かかった費用以上に価値のある時間を手にすることができていると思います。

設置場所さえ決めてしまえばそう難しいことではありませんし、ベッドを置いた状態の8畳間でも何とか100インチを達成できていますので、配置次第では6畳とか4.5畳間とかでもイケるんじゃないですかね!?

休日を無駄にしちゃうビーズクッション キューブチェアLサイズ レビュー

何っにもしないで、ただダラダラしていたい休日ってありますよね!?

逆に「なんだか今日はアクティブに過ごせそうな気分!」って日もあります。

このクッションは、アクティブな気分を一気に萎えさえ、一転してダラダラしていたい気分にさせる恐ろしいクッションですw

【多彩な用途】
僕はこのクッションをベッドの上に置いています。最初は、コレを椅子代わりにして座り、ベッドに足を放り投げる形で読書など始めるのですが、やがてその形が段々と崩れてクッションに寄りかかるようになり、時にはコレを枕替わりにスヤスヤとw
つまり、大きくて場所をとるクッションですが、椅子、背もたれ、枕・・・と多彩な役割を果たしてくれるんです。

【色々な場面で活躍】
主に、背もたれにして上半身を起し、テレビを見るのに使っています。たっぷりビーズの入ったクッションなので、背もたれにしても必要以上に身体が寝てしまうこともなく、ちょうど良い角度で使用できます。

携帯ゲーム機で遊ぶ時には、逆にうつ伏せになって、このクッションにゲーム機と両手を置くような形で使います。長くゲームをしていると手が疲れてくるのですが、こうしていると疲れにくくて良いですよ。

そもそもストレッチ素材で、身体に合わせて変形してくれるので、このほかにも色々な場面で活躍しそうです。




【豊富なカラバリ】
ブラウンの他にもネイビーやレッドといったカラバリがあるので、お部屋の雰囲気に合わせて選べますね。僕は無難にブラウンにしましたが、濃い色だからなのか、ちょっとクッションについたホコリが目立っちゃいます。

【アクティブな気持ちが吸収される】
今日はアレして、コレもして・・・と言う休日の朝には、このクッションに近づいてはいけません。まして寄りかかろうものなら、クッションに身体が沈み込み、本当に動くのが嫌になっちゃいます。大切な用事があれば気合で立ちますが、溜まった洗濯物をやっつけるとか、休日にまで持ち越しちゃった仕事を自宅で片づけるとか、むしろやりたくないような用事だと「ま、いっか」ってなっちゃいますよw

【パソコンスタンドとのヤバすぎるコラボ】
以前紹介した寝たまま使用できるパソコンスタンドと併用すると、クッションに楽な姿勢で寄りかかったままでパソコン作業が可能です。ただし、上にも書きましたがアクティブな気持ちは吸収されてしまうので、ネットを巡回する程度ならともかく、仕事なんかはできないと思いますよw

【ここがイマイチ】
まずは値段。実物を見た後だと、相当大きい上に中のビーズも十分に詰まっていますし、カバーも付属しているので、まぁこんなもんかなと思うのですが、最初はビーズクッションにこの値段は出せないな~と思いました。
それから、僕のように体重が80キロ近いと、長く使っている間に多少はヘタってきます。ただ、ヘタってきた時に中身のビーズを交換、或いは追加できるようにビーズだけ売っていますので、そこはありがたい!
素材の問題かもしれませんが、本当にホコリが付き易いので、素材の工夫は次世代のクッションに期待といったところでしょうか。

【まとめ】
思いのほかビーズがたっぷり目なのは良かったです。僕はベッド上で使っていますが、フローリングの上なんかで使っても問題ないと思います。ただし、椅子として使う場合には、クッションだけあってお尻がグイッと沈み込みます。普段座る時に硬めの椅子が好きな方には向かないでしょうね。すでに部屋の中で自分がくつろぐスペースが決まっていると言う方にはどうしても必要な品ではないと思いますが、居場所がどうにも決まらないとか、もっとくつろげる場所が欲しいという方は、コレ一つ置くだけで、くつろぎスペースが出来上がるかもしれませんよ。


HAKUBA ドライボックスNEO 5.5L スモーク KMC-39 レビュー

上手くはありませんが、カメラが好きで、一眼レフとコンデジ、ビデオカメラなんかを所有しています。

冬に入り、僕のような北国住まいでは暖房が欠かせない季節になると、逆に暖房機器による室内の乾燥がヒドいんですよね。

んで、適切な湿度を維持したくて加湿器なんかを使うのですが、コレが油断していると適湿を超えて蒸れ蒸れの室内になってしまう事が時々あります。

カメラに湿度は大敵だと聞いた事があるので、この蒸れ蒸れの室内に放置する事は避けたいのですが、ず~っと湿度計を見ている訳にもいきませんし、どうしたものか・・・。

と、思っていたら、やっぱり同じような悩みをお持ちの方っているんですね!

こんな便利な商品がありました。



普通の衣装ケースのように見えますが、蓋のところに除湿剤を入れるポケットが付いているのと、普通の衣装ケースよりは密閉性が高くできているみたい。

説明書によると、常時40%前後のカメラに適した湿度を維持してくれるとの事。

これがあれば、油断して室内の湿度を上げ過ぎてもカメラを守る事が出来るぞと思って購入したのですが、久しぶりに買い物ミスをしてしまいました・・・orz

機能的には良いのですが、サイズ違い・・・。

持ってるカメラが全部入らないという致命的なミスw

同じサイズを買い足すか、それとも大きなサイズを一つ買い直すか・・・あぁ、余計な出費をしてしまった・・・。

とは言っても、機能的には説明書通り。

いじわるな僕はわざわざ部屋の湿度を60%くらいまで上げてから、ケース内の湿度を測ってみたのですが、結果は42%。

う~んすばらしい。これならカメラに必要以上の湿気が襲い掛かる事はなさそう。

あとはサイズさえ間違えなかったらぁぁぁ!悔やまれます^^;

サイズは色々ありますので、皆様も僕のように無駄な出費をしないようにお気を付けくださいね。




にほんブログ村 PC家電ブログへ